アンヌールモスク新潟

アンヌールモスクの外観(2011年4月3日撮影)

アンヌールモスク新潟(アンヌールモスクにいがた、アラビア語: مسجد النور — نيجاتا‎、英語: Annur Mosque in Niigata)は、日本新潟県新潟市西区にあるモスク

なお、2015年現在、新潟市内にはこのほかに2002年に北区に設立された新潟モスクがある[2]

沿革

新潟在住ムスリムのグループ「アンヌール」のロゴ

1995年、バングラデシュ出身の留学生によって結成された、「アンヌール」というムスリムグループがその母体である[3]。当時は新潟大学近くに借りた一室で礼拝をおこなっていた[3]

学生や一般のムスリムが増加したことから、2006年に専用の建物を持つことが決められ、ムスリムなどからの寄付により、2009年にモスクが完成した[2][3]。2011年に宗教法人の認定を受けている[2]

参拝者

出身国ではマレーシア、バングラデシュの順で、留学生や研究者が多いとされる[2]

脚注

  1. ^ アラビア語は、看板に記載されている表記に基く。「新潟」に相当する نيجاتاエジプト式の転写だが、他に نييغاتانيغاتا などとも表記し得る。
  2. ^ a b c d NIAレター Vol.5 (PDF) - 新潟県国際交流協会(2015年9月)
  3. ^ a b c モスクの歴史 - アンヌールモスク新潟

外部リンク

#