エスタディオ・アクロン

エスタディオ・アクロン
Estadio Akron
施設情報
所在地 メキシコ ハリスコ州グアダラハラ
位置 北緯20度40分54秒 西経103度27分46秒 / 北緯20.68167度 西経103.46278度
起工 2004年2月
開場 2010年7月30日
所有者 Jorge Vergara
ピッチサイズ 105 x 70 m
建設費 35億ペソ
設計者 VFO
(formerly HOK México)
Concept designers
Jean Marie Massaud
Daniel Pouzet
旧称
エスタディオ・オムニライフ (2010-2016)
エスタディオ・チーバス (2016-2017)
使用チーム、大会
CDグアダラハラ
収容人員
49,850

エスタディオ・アクロン西: Estadio Akron)は、メキシコハリスコ州グアダラハラのJVCコンプレックス内にある球技場。

概要

老朽化されたエスタディオ・ハリスコに代わって建設。命名権はオーナーが所有するオムニライフが取得した。こけら落としはマンチェスター・ユナイテッド戦で、3対2でグアダラハラが勝利した。2010年に開催されたコパ・リベルタドーレス決勝第1戦のインテルナシオナル戦でも使用された。

2011年開催のU-17W杯でも使用された。また2011年パンアメリカン競技大会の主会場として使用された。

2017年12月、アクロン社と10年の命名権契約を結び名称がエスタディオ・アクロンとなった[1]

2026年に開催される2026 FIFAワールドカップの会場として使用される予定である。

また、JVCセンターが建設される予定である。

脚注

外部リンク