コシノジュンコ

コシノ ジュンコ
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
原語名 コシノ ジュンコ
生誕 小篠 順子
(こしの じゅんこ)

1939年8月25日(82歳)
日本の旗 大阪府岸和田市
国籍 日本の旗 日本
出身校 文化服装学院
デザイン科卒業
著名な実績 デザイン
配偶者 鈴木弘之(
小篠綾子
受賞 装苑賞(1960年)
公式サイト JUNKO KOSHINO
民族 大和民族
活動期間 1960年 -
影響を受けた
芸術家
小池千枝
影響を与えた
芸術家
山本寛斎

コシノ ジュンコ1939年8月25日 - )は、日本デザイナー。JUNKO KOSHINO株式会社所属、BiS終身名誉メンバー、文化功労者本名は鈴木 順子(すずき じゅんこ)。旧姓は小篠(こしの)。

概要

大阪府岸和田市出身のデザイナーである。京都美術工芸大学客員教授を兼任し、アイドルグループBiS」の終身名誉メンバーでもある[1]。母の小篠綾子[2][3][4]のほか、姉コシノヒロコ(小篠弘子)と妹コシノミチコ(小篠美智子)も同じくファッションデザイナーであり、「コシノ三姉妹」として知られる[5]。姪の小篠ゆま(ヒロコの娘)も同じくファッションデザイナーである。夫の鈴木弘之は写真家であり、「JUNKO KOSHINO株式会社」の代表取締役も務める。

来歴

生い立ち

大阪府立岸和田高等学校から文化服装学院という姉のヒロコと同じ進路で[6]、2年の基礎コースを1年で終え、飛び級で小池千枝の担当するデザイン科へ進む。同級の9期生には、高田賢三松田光弘金子功、北原明子ら、後のファッション界をリードする人材が揃っており、「花の9期生」と呼ばれた。デザイン科在学中の1960年、新人デザイナーの登龍門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞[7][8]。以後ファッションデザイナーとして活躍。

デザイナーとして

「銀座小松ストアー(現・ギンザコマツ)」への出店を皮切りに、1966年(昭和41年)、東京青山にブティック「COLETTE」を開店。1978年(昭和53年)にパリ・コレクションに初参加[7]1985年(昭和60年)、北京中国最大のファッションショーを開催[7]1990年(平成2年)には日本人初のショーをベトナムで、また1996年(平成8年)にはキューバ[7]外国人デザイナーとしては世界初のショーを開催して話題となった。2009年(平成21年)8月22日にはミャンマーで著名外国人デザイナーによる初めてのファッションショーを開催し、翌23日には講演を行い、現地繊維産業界から日系企業、地元経済界の関係者から一般観衆までおよそ800人が参加した[9]

フジテレビお笑いバラエティ番組オレたちひょうきん族』のタケちゃんマンの敵として1983年(昭和58年)に登場した「アミダばばあ」の衣装デザインを担当した[10]明石家さんまが演じるキャラクターとして唯一、デザイナーが製作した衣装でもあり[11]、さんまは「タケちゃんマンの敵史上、最も高額な衣装だった」と語っている。

2011年より、花園大学客員教授に就任[12]

2019年、12年ぶりに東京でコレクションを発表。デヴィ夫人萬田久子ドン小西神田うのらが来場した[13]

2021年5月、服飾分野における卓越した業績と世界のファッション界に対する貢献、日本とフランスを結ぶ芸術と友好の絆を深めた功績からフランス政府レジオンドヌール勲章シュヴァリエを受章[14]

芸能活動

2013年、アイドルグループ・BiSの新メンバーオーディションに極秘潜入の末合格し、同年10月29日にメンバーとして加入。直後の11月5日に終身名誉メンバーに就任[1]

2017年文化功労者2025年国際博覧会誘致特使[15]

主なデザイン作品

メディア出演

CM出演

著書

  • 北京 : Junko Koshino in China コシノジュンコ デザイン コシノジュンコデザインオフィス 1988
  • コレクション コシノジュンコ 著 ゴマブックス 1999
  • 失敗はチャンスだ! : コシノジュンコ流生き方 コシノジュンコ 著 ポプラ社 1999(自分探しの旅シリーズ ; 14)
  • 人生をデザインする48の方法 コシノジュンコ, 中谷彰宏 著 PHP研究所 2001
  • コシノジュンコの女の服装術 : 「知識、感覚、経験、判断」で服を着る : トップデザイナーが教える自己演出の魔法 コシノジュンコ 著 はまの出版 2001
  • コシノジュンコ流おもてなし : いちいち、わざわざ コシノジュンコ 著 PHP研究所 2008
  • 人生、これからや! : うちのお母ちゃん、小篠綾子のだんじり魂 コシノジュンコ 著 PHP研究所 2011
  • お母ちゃんからもろた日本一の言葉 コシノジュンコ 著,小篠綾子 言葉 イースト・プレス 2011

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c 74歳のコシノジュンコがアイドルグループ「BiS」に正式加入 - Fashionsnap.com”. 株式会社レコオーランド. 2013年12月29日閲覧。
  2. ^ 『NPO法人設立記念講演会:コシノジュンコさんお母ちゃんを語る』健生会、2012年11月20日http://maekita.7.pro.tok2.com/kyoyo/koshino_20121121.pdf 
  3. ^ コシノ三姉妹の母・小篠綾子さん死去”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞 (2006年3月26日). 2006年3月26日閲覧。
  4. ^ コシノ3姉妹の母、小篠綾子さんが死去”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2006年3月26日). 2006年3月26日閲覧。
  5. ^ コシノ三姉妹、生家に食堂オープン「岸和田観光のパワーになれば」”. ORICON NEWS. 2019年5月4日閲覧。
  6. ^ 安部美香子 (2011年9月5日). “[コシノhttps://web.archive.org/web/20110906100025/http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY201109040121.html コシノ3姉妹、三者三様の作風]”. asahi.com. 2011年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月3日閲覧。
  7. ^ a b c d asahi.com 2011.
  8. ^ 過去の装苑賞—1960年第7回 装苑賞 小篠順子”. 装苑賞. 2019年5月3日閲覧。
  9. ^ 日メコン交流年行事 ミャンマーにおけるコシノ・ジュンコ氏ファッション・イベント”. 在ミャンマー日本大使館 (2009年8月). 2019年5月3日閲覧。
  10. ^ コシノジュンコ、“アミダばばあ”衣装手がけていた「隠していたわけではない」”. ORICON NEWS (2018年2月9日). 2018年2月9日閲覧。
  11. ^ ザ・タケちゃんマンの悪役 - 超バラ研”. 超級バラエティ研究所 (2010年11月1日). 2010年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月4日閲覧。
  12. ^ 日比野実教授 研究実績—日本書芸院講演会(講師:コシノジュンコ)2013年. 花園大学. (2014年9月1日) 
  13. ^ https://www.fashionsnap.com/article/2019-03-19/junko-koshino-2019fw/ デヴィ夫人や萬田久子らセレブがフロントロウに集結、コシノジュンコが12年ぶりに東京でコレクション発表』fashiosnap.com
  14. ^ コシノジュンコ氏がレジオン・ドヌール勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2021年5月19日). 2021年5月30日閲覧。
  15. ^ 「2025年国際博覧会誘致特使」(万博誘致特使)が任命されました。」”. 2025日本万国博覧会誘致委員会. 2018年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月5日閲覧。
  16. ^ a b オペラを楽しむ:私とオペラ(コシノ・ジュンコ)”. 東京二期会オペラ (2007年). 2019年5月4日閲覧。
  17. ^ クールジャパンのロゴ、JOCエンブレムとそっくり!? - MSN産経ニュース、2011年9月18日
  18. ^ JOCロゴを巡り佐藤可士和氏とコシノジュンコ氏に騒動あった女性セブン』 2015年9月25日号
  19. ^ ’99GP出場選手ユニフォーム
  20. ^ ’00GP出場選手ユニフォーム
  21. ^ 陸上自衛隊の「特別儀仗隊」制服、52年ぶりに変更 ”. zakzak(夕刊フジ) (2017年4月2日). 2017年4月4日閲覧。
  22. ^ コシノジュンコ×中野善壽”. NHK (2021年1月16日). 2021年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月7日閲覧。
  23. ^ ブルゾンちえみ 綾野剛&コシノジュンコとの豪華3ショット公開「かっこよすぎ」と話題 Abema TIMES 2017.07.28

関連項目

外部リンク

#