テロ、ライブ

テロ、ライブ
더 테러 라이브
監督 キム・ビョンウ
脚本 キム・ビョンウ
製作 イ・チュニョン
音楽 イ・ジュノ
撮影 ピョン・ボンソン
編集 キム・チャンジュ
製作会社 CINE2000
配給 大韓民国の旗 ロッテエンタテインメント
日本の旗 ミッドシップ=ツイン
公開 大韓民国の旗 2013年7月31日
日本の旗 2014年8月30日
上映時間 98分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テロ、ライブ
各種表記
ハングル 더 테러 라이브
発音 ト テロ ライブ
日本語読み: てろ らいぶ
題: The Terror, Live

テロ、ライブ』(原題:더 테러 라이브)は、2013年公開の韓国映画。DVDのパッケージその他では『テロ,ライブ』という表記も使用されている。脚本監督はキム・ビョンウ、主演はハ・ジョンウラジオアナウンサーテロの脅迫電話を受けてからその様子を生中継し、事件が解決するまでをほぼリアルタイムで描いている。

ストーリー

韓国のテレビ局SNCからラジオ局に左遷された元国民的アナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)は、朝の生放送のニュース番組中に「パク・ノギュ」と名乗る人物から漢江にかかる麻浦大橋を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずら電話と決めつけて電話を切ったヨンファだったが、その直後麻浦大橋が爆破される。テロ事件だと確信したヨンファは犯人の通話を独占生中継する約束を取り付け、スクープを入手したことでテレビ局への返り咲きを上層部に約束させる。犯人は建設作業員を名乗っており、麻浦大橋の工事で亡くなった3人の同僚に対する大統領の謝罪を求める。上層部や対テロセンター主任から要求は飲めないと指示を受けるヨンファだったが、犯人からヨンファの耳のイヤフォンに爆弾が仕掛けられていることを告げられる。

キャスト

  • ユン・ヨンファ:ハ・ジョンウ
  • チャ・デウン報道局長:イ・ギョンヨン
  • パク・ジョンミン主任:チョン・ヘジン
  • パク・シヌ:イ・ダウィキム・デミョン
  • イ・ジス記者:キム・ソジン
  • ジュ・ジンチョル長官:キム・ホンパ
  • ノ・ヒョンジン:キム・ヘイン

受賞

  • 第34回青龍映画賞:新人監督賞(キム・ビョンウ)[3]
  • 第34回黄金撮影賞:大賞(ハ・ジョンウ[4]
  • 第34回黄金撮影賞:新人監督賞(キム・ビョンウ)[4]
  • 第33回韓国映画評論家協会賞:映画評論家協会10選[5]

脚注

外部リンク