プレミア・ボクシング・チャンピオンズ

Premier Boxing Champions
ジャンル スポーツ/ボクシング
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
放送
放送チャンネル Showtime
放送期間 2015年3月7日 - 現在放送中
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年1月10日 -
登録者数 152万人
総再生回数 約7億回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年4月4日時点。

プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(Premier Boxing Champions、PBCと略される)は、アメリカ合衆国のボクシングマネージャー兼アドバイザーのアル・ヘイモンが手がけるボクシング興行及び、ボクシング中継番組。TGB・プロモーションズ、ウォリアーズ・ボクシング、サンプソン・ボクシング、ディベイラ・エンターテインメントの試合を放送している。日本ではWOWOWエキサイトマッチ」とU-NEXT世界プロボクシング」が試合映像を放送している(前者は後日録画、後者は生配信)。

ボクシング興行

プレミア・ボクシング・チャンピオンズ開始当初は、選手の入場曲をかけず、WWE風の派手な入場ステージや円盤型巨大スコアボードを設営、リングアナウンサーはリング上に登場せず声のみのコール、リングガールの廃止、アシスタントトレーナーやカットマンはリング内に入れずコーナーポストを定位置にしリング内に入れる選手の関係者をセコンドの1名のみに限定など、これまでのボクシングの演出を一新した。

しかし開始当初こそ順調な滑り出しだったが、その後はテレビの視聴率が下落し続け、テレビ放送を打ち切る放送局や放送回数を減らす放送局が続出した[1]。また選手への高額なファイトマネーや番組制作費などの経費で赤字運営になったため、入場ゲートや巨大スコアボードの廃止や著名アナウンサーの解雇、そしてPBCシリーズに出ていた高額ファイトマネーの選手をShowtimeチャンピオンシップ・ボクシングへ転出させ、経費削減に努めた[2][3][4]

2018年9月5日、FOXと4年契約をした。詳細の発表はなかったが1年あたりの放映権料は5000万ドル(約56億円)から6000万ドル(約68億円)と報じられた。これまでプレミア・ボクシング・チャンピオンズはNBC、CBS、ESPNなど全てのテレビ局にお金を払って放送枠を買っていたため、この契約が初めて放映権料を得られる契約となった[5][6]

2023年12月7日、下述のShowtimeのボクシング中継終了に伴い、2024年より新たなプラットフォームとしてAmazon Prime Videoと複数年契約を発表した[7]。最初のイベントは2024年3月に行われる予定[8][9]

ドーピング検査

プレミア・ボクシング・チャンピオンズの設立会見で、プレミア・ボクシング・チャンピオンズの興行に出場する全選手に対して米国反ドーピング機関(USADA)によるドーピング検査を実施すると発表していた。しかし2015年3月7日のエイドリアン・ブローナーvsジョン・モリーナ・ジュニアの試合でモリーナ・ジュニアが禁止薬物の利尿薬の陽性反応が検出され失格となるが、ドーピング検査を実施していたのはネバダ州アスレチック・コミッションのみで、米国反ドーピング機関によるドーピング検査は一切行われていなかったことが発覚した[10]。同様に2015年8月14日のスティーブ・カニンガムvsアントニオ・ターバーの試合においても、ターバーが以前にドーピング違反で失格したことがあるため、カニンガムはより厳格な米国反ドーピング機関によるドーピング検査の実施を要求したが、米国反ドーピング機関によるドーピング検査は実施されなかった[11]

ボクシング中継番組

現在の放送局

Showtime

主にチャンピオンシップ・ボクシングで放送し、PBCシリーズ開始当初はごく稀の放送になっていたが2018年2月17日、ミケロブ・ウルトラ・アリーナで行われたダニー・ガルシアvsブランドン・リオス戦から本格的にプレミア・ボクシング・チャンピオンズのラインナップに加入した[12][13]。ブライアン・ケニーが進行役、マウロ・ラナーロが実況、アル・バーンスタインが解説者、アブネル・マレス(不在の場合はラウル・マルケス)がアナリスト、ジム・グレイがリポーターを担当している。チャンピオンシップ・ボクシングでの重量級から軽量級及び中量級を満遍なく放送する傾向を踏襲しペイ・パー・ビューや通常のチャンピオンシップ・ボクシングの放送を増やした。2018年6月9日に行われたレオ・サンタ・クルスvsアブネル・マレス第2戦を放送し多くの年間最高試合候補の試合を放送している [14][15]

2022年8月20日、ハード・ロック・ライブで行われたオマール・フィゲロアセルゲイ・リピネッツの前座でルーシー・ウォーレンがフランシスコ・ポルティロに敗れた試合の放送が無かった事を受けて同年10月8日のセバスチャン・フンドラ対カルロス・オカンポの試合を放送する前に下述でのFoxでのペイ・パー・ビュー放送を前にPBC on FOX公式Youtubeチャンネルでの配信に倣ってShowtime Sports公式Youtubeチャンネルで「Showtimeカウントダウン」と題して前座試合の配信を開始した[16]

2023年4月22日に行われたジャーボンテイ・デービス 対 ライアン・ガルシア戦のペイ・パー・ビュー放送前に行われた「Showtimeカウントダウン」最初に配信されたWBAアメリカ大陸スーパーウェルター級王者ヴィト・ミエルニキ・ジュニア対ホセ・チャールズの試合がミエルニキが保持する王座の初防衛として行われ前座試合の配信を開始して初めてのタイトルマッチを配信した(配信前に行われたフロイド・スコフィールド対ヘスス・バレンティン・レオンのWBAインターナショナルライト級王座決定戦は配信されなかった)[17]

2023年10月17日、Showtimeの親会社であるパラマウント・グローバルがスポーツ中継の撤退を発表し、2023年限りでShowtimeがボクシング中継の終了を発表した[18]。PBCも2024年からは他のプラットフォームでの中継に変更される事を発表した[19][20]。最終回は同年12月9日にMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われるエリスランディ・ララ対ダニー・ガルシアとのペイ・パー・ビューでの中継が最後の予定となっていた[21][22]が、12月16日にミネソタ州ミネアポリスのミネアポリス・アーモリーで行われるデビッド・モレル対セナ・アグべコに変更された[23]

中継を終了した放送局

NBC・NBCSN

2015年3月7日にキース・サーマンvsロバート・ゲレーロの試合でNBC初放送。土曜日のプライムタイムか夕方に放送されていた。NBCがボクシングをプライムタイムに放送するのは1985年のラリー・ホームズカール・ウィリアムス以来30年ぶりだった[24][25]。サーマンvsゲレーロの平均視聴者数は340万人だった(瞬間最高視聴者数は420万人)[26]

マーヴ・アルバートが実況アナウンサー、シュガー・レイ・レナードが解説者(降板)、ダニエル・ジェイコブスBJ・フローレスがアナリスト、アル・マイケルズが司会者を担当していた[27][28]

NBCとNBCSNは2016年いっぱいでPBCと契約延長をしない意向を示し[29]、2016年8月21日の夕方に放送したエロール・スペンス・ジュニアvsレオナルド・ブンドゥの試合を最後に放送を終了したが、この試合はリオデジャネイロオリンピックのバスケットボールの決勝戦、アメリカ合衆国vsセルビア(平均視聴者数1170万人)[30]の直後に放送されたため、全てのPBCの中継の中で最多視聴者数となる平均視聴者数480万人を記録した(瞬間最高視聴者数は634万人)[31][32]

ESPN

2015年7月11日にキース・サーマンvsルイス・コラーゾの試合でESPN初放送。定期的に月に一回、土曜日の夜か稀に水曜日の夜に放送されていた。放送開始に伴い、ESPN2で17年間放送されてきたフライデー・ナイト・ファイトは同年5月22日で番組終了となった。ジョー・テシトレが実況アナウンサー、テディ・アトラスが解説、マリソル・カストロ(女性)が司会者、トッド・グリシャムとバーナードー・オオスナがリポーターを担当していた[33][34]

2015年8月29日に放送されたレオ・サンタ・クルスvsアブネル・マレスは、ESPNで放送されたボクシング中継では1998年2月以来最高となる121万7000人の平均視聴者数を記録した(瞬間最高視聴者数は164万1000人)[35]

上記のNBCと同じように2016年8月12日のミゲル・フローレスvsライアン・キェルツェウルスキーの試合を最後に放送を終了した[36]

Spike

2015年3月13日にアンドレ・ベルトvsホセシート・ロペスの試合でSpike初放送[37]フライデー・ナイト・ライツ・アウトとして金曜日か土曜日の夜に放送されていた。スコット・ハンソンが実況アナウンサー、アントニオ・ターバーとジミー・スミス(同局の総合格闘技解説者で元選手)が解説者、デーナ・ジェーコブソン(女性)が司会者を担当していた[38]

2016年4月1日にワシントンD.C.DCアーモリーで行われたエイドリアン・ブローナーvsアシュリー・テオフェンはSpikeで放送されたPBCの中継では最多となる87万3000人の平均視聴者数を記録した[39]

2017年4月12日、Spikeが「PBCの提供カードの質が低かった」ことを要因の一つとして挙げ、放送の打ち切りを決定。最後の放送は同年1月13日に放送されていたエリスランディ・ララvsユーリ・フォアマンの試合となった[40]

CBS

2015年4月4日にアドニス・ステベンソンvsサキオ・ビカの試合でCBS初放送。この試合はプライムタイムでの放送ではなかったが、CBSがボクシングを定期放送するのは1997年のバーナード・ホプキンスグレンコフ・ジョンソン以来18年ぶりだった[41]

2016年6月25日にはキース・サーマンvsショーン・ポーターでプライムタイムに進出し、CBSがボクシングをプライムタイムに放送するのは1978年のモハメド・アリレオン・スピンクスに敗れた試合以来38年ぶりの放送だった。ただし純粋なPBCの中継とは異なり、PBCが試合を提供し、Showtimeの「チャンピオンシップ・ボクシング」が番組制作を担当、CBSが放送するという3社のジョイント形式の中継で、通常はリングアナウンサーを置かないPBCのリングでジミー・レノン・ジュニアが初めてのリングアナウンスを行い、実況やリポーター陣がチャンピオンシップ・ボクシングの顔ぶれというPBC色の薄まった構成だった[42]。サーマンvsポーターの平均視聴者数は240万人だった[43]

ケビン・ハーランが実況アナウンサー、ポール・マリナッジ(チャンピオンシップ・ボクシングのアナリストも兼任)とバージル・ハンターが解説者、ブレント・ストーバーが司会者を担当していた[44]

CBS最後の放送となった2017年3月4日に行われたキース・サーマンvsダニー・ガルシアはCBSで放送されたPBCの中継では最多となる平均視聴者数は310万人を記録した(瞬間最高視聴者数は510万人)[45][46][47]

Bounce TV

2015年8月2日にファン・カルロス・パヤノvsルーシー・ウォーレンの試合でBounce TV初放送[48]。不定期の金曜日にPBC:ザ・ネクスト・ラウンドとして若手選手の試合を中心に放送していた[49]。フラン・チャールズが進行役、フレッド・ヒックマンが実況アナウンサー、オースティン・トラウトデオンテイ・ワイルダーがアナリスト、トレーナーのケヴィン・カニンガムが解説者を担当していた[50]

2017年2月10日、オハイオ州トレドのハンティントン・センターで行われたロバート・イースター・ジュニアvsルイス・クルスはBounce TVで放送されたPBCの中継では最多となる平均視聴者数50万1000人が視聴した[51]

2018年8月3日、ラディリウス・ミラーvsデニス・ガルザの試合を最後に放送を終了した[52]

FOX

2016年1月23日、ダニー・ガルシアvsロバート・ゲレーロの試合でFOX初放送[53]PBC on FOXとして土曜日のプライムタイムに放送されていた。FOXがボクシングをプライムタイムに放送するのは約20年ぶりだったが、ガルシアvsゲレーロの平均視聴者数は250万人だった(最高視聴者数は350万人)[54]。ガス・ジョンソンが実況アナウンサー、レノックス・ルイスが解説者、トレーナーのジョー・グーセンがアナリスト、ヘイディー・アンドロルがレポーター、ブライアン・ケニー(チャンピオンシップ・ボクシング進行役も兼任)が司会者を担当していた[55]

2019年3月16日、エロール・スペンス・ジュニアvsミゲル・アンヘル・ガルシアの試合でペイ・パー・ビューに初進出した[56]。ペイ・パー・ビューの前に前座の試合を、通常のFOXかFOX Sports 1、またはPBC on FOX公式YouTubeチャンネルで放送していた。ペイ・パー・ビューの販売価格は通常75ドル程度だったが、2022年1月1日に放送したルイス・オルティスvsチャールズ・マーティンをメインイベントにしたヘビー級5試合のペイ・パー・ビューでは40ドルの低価格で販売したが[57]、カードの質が低かったため売り上げは低調に終わり、ペイ・パー・ビューの販売件数が2万5千件と歴代最低記録となった[58](その後、歴代最低記録は2022年11月26日のレジス・プログレイス対ホセ・セペダ戦で2万件に更新[59])。

2021年12月25日にニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センターで「PBC・クリスマス・ファイト・ナイト」として行われた、メインイベントに若手のヴィト・ミエルニキ・ジュニアvsニコラス・デロムバを据えて、FOXでメインカードを、FOX Sports 1で前座カードを放送した中継では[60]、高視聴率番組であるNFLクリーブランド・ブラウンズvsグリーンベイ・パッカーズ(平均視聴者数2858万8000人)の直後に放送されたことで、FOXで放送されたPBCの中継では最多となる平均視聴者数272万6000人(瞬間最高視聴者数590万4000人)が視聴し、2017年7月にESPNで放送されたトップランク社の興行であるマニー・パッキャオvsジェフ・ホーン(平均視聴者数281万2000人、瞬間最高視聴者数440万人)以来の高視聴者数を記録した[61]

2022年10月15日にニューヨークバークレイズ・センターで行われたデオンテイ・ワイルダー 対 ロバート・ヘレニウス戦でのペイ・パー・ビューを最後に放送を終了した[62]

FOX Sports 1

2015年9月8日にオースティン・トラウトvsジョエル・エルナンデスの試合でFOX Sports 1初放送。これに伴い同局は2013年8月から続いていたゴールデンボーイ・プロモーションズの若手選手の登竜門的ボクシング中継番組「ゴールデンボーイ・ライブ」の放送を打ち切っている[63][64]。レイ・フローレスが進行役とリングアナウンサーを兼任、ガス・ジョンソンが実況、ショーン・ポーターが解説者、ジョルダン・プラントがリポーターを担当していた。放送開始当時は「トォ・トウー・トォ・チューズデイズ」として若手選手が出場する小規模興行を毎週火曜日に放送していた[65]

2019年1月13日に行われたホセ・ウスカテギvsカレブ・プラントはFOX Sports 1で放送されたPBCの中継では最多となる平均視聴者数76万1000人が視聴した(瞬間最高視聴者数は98万6000人)[66]

2022年10月15日に上述のFOXが放送したデオンテイ・ワイルダー 対 ロバート・ヘレニウス戦のペイ・パー・ビューの前座として、ヴィト・ミエルニキ・ジュニア対リムバース・ポンセをメインとした3試合の中継を最後に放送を終了した[62]

日本人選手が放送された試合

日付 試合 テレビ局 視聴者数 参考
2017年3月14日 ジャモンティ・クラーク vs. 高橋岳 FOX Sports 1 セルゲイ・デレフヤンチェンコvsカーメル・ラッセルの前座
2015年10月12日 小原佳太 vs. ウォルター・カスティージョ NBCSN ケビン・ビザーvsフレデリック・ロウゾンの前座
2015年10月12日 河野公平 vs. 亀田興毅 Spike 31万5千人[67] アンドルー・フォンファラvsネイサン・クレバリーの前座
当時の亀田はJBC管轄外
2015年9月6日 ジェームス・マクドネル vs. 亀田和毅 CBS アンソニー・ディレルvsマルコ・アントニオ・ルビオの前座
当時の亀田はJBC管轄外
2015年5月9日 ジェームス・マクドネル vs. 亀田和毅 CBS オマール・フィゲロアvsリッキー・バーンズの前座
当時の亀田はJBC管轄外

脚注

  1. ^ PBC on NBC viewership continues to fall”. ESPN.com (2015年10月1日). 2015年10月12日閲覧。
  2. ^ PBC第2弾は視聴件数減、坂井祥記がモンテレー登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月14日
  3. ^ THE HAUSER REPORT: Haymon Boxing at Barclays Center”. The SweetScience.com (2015年4月13日). 2015年10月12日閲覧。
  4. ^ 米ボクシングが地上波テレビに復帰、壮大なミステリーの始まり”. 杉浦大介 (2015年3月11日). 2015年10月12日閲覧。
  5. ^ Fox Signs Four-Year Deal With Premier Boxing Champions – Report”. Deadline (2018年9月4日). 2018年10月8日閲覧。
  6. ^ Fox, Premier Boxing Champions announce four-year deal”. ESPN.com (2018年9月6日). 2018年10月8日閲覧。
  7. ^ Premier Boxing Champions, Amazon Prime Announce Multi-Year Rights Agreement”. BoxingScene.com (2023年12月7日). 2023年12月7日閲覧。
  8. ^ PRIME VIDEO AND PBC ANNOUNCE NEW MULTIYEAR RIGHTS AGREEMENT”. Premier Boxing Champions (2023年12月8日). 2023年12月8日閲覧。
  9. ^ PBCがAmazonプライムビデオと複数年契約 来年3月からアメリカでライブ配信”. Boxing News(ボクシングニュース) (2023年12月8日). 2023年12月8日閲覧。
  10. ^ Note: USADA Did NOT Test”. The Sweet Science (2015年4月27日). 2015年6月22日閲覧。
  11. ^ Tarver vs. Cunningham: No USADA Random Testing”. Boxing Scene.com (2015年8月11日). 2015年8月13日閲覧。
  12. ^ Garcia TKOs Rios in ninth Fightnews.com 2018年2月18日
  13. ^ ガルシア一撃TKO、ベナビデスはガブリエル返り討ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月18日
  14. ^ Leo Santa Cruz wins rematch with Abner Mares by unanimous decision ESPN.com 2018年6月10日
  15. ^ サンタクルスがマレスを返り討ち チャーロ弟はV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月10日
  16. ^ Sebastian Fundora-Carlos Ocampo: Weigh-In Results From Los Angeles”. BoxingScene.com. 2022年10月7日閲覧。
  17. ^ Davis vs Garcia: Live streaming results, round by round, how to watch, start time, full card info”. BadLeftHook.com. 2023年4月22日閲覧。
  18. ^ Paramount Global To Shut Down Showtime Sports; Network Will No Longer Broadcast Boxing”. Boxing Scene.com (2023年10月17日). 2023年10月18日閲覧。
  19. ^ “米大手ケーブルテレビ局 ショータイムが年内でボクシング中継終了 37年の歴史に幕”. BOXING NEWS(ボクシング・ニュース). (2023年10月18日). https://boxingnews.jp/news/103737/
  20. ^ “米人気ボクシング中継ショータイムが年内で終了 15年にメイウェザーVSパッキャオなど放送”. 日刊スポーツ. (2023年10月18日). https://www.nikkansports.com/battle/news/202310180000291.html
  21. ^ Erislandy Lara-Danny Garcia Likely To Be Part Of Showtime PPV Card 12/9 At MGM Grand”. Boxing Scene.com (2023年10月19日). 2023年10月22日閲覧。
  22. ^ 年内で終わるショータイム中継 12.9大トリはWBAミドル級王者ララvs.D・ガルシア有力”. Boxing News(ボクシングニュース). 2023年10月20日閲覧。
  23. ^ “https://www.startribune.com/boxing-armory-showtime-david-morrell-cfl-grey-cup-patrick-reusse/600322323/”. StarTribune. (2023年11月25日). https://www.startribune.com/boxing-armory-showtime-david-morrell-cfl-grey-cup-patrick-reusse/600322323/ 2023年11月26日閲覧。
  24. ^ CBS Laces Up Live ‘Premier Boxing Champions’ Series”. DeadLine.com (2015年2月17日). 2015年2月19日閲覧。
  25. ^ NBC enters fight game with Haymon”. ESPN.com (2015年1月16日). 2015年2月19日閲覧。
  26. ^ PBC numbers are in; they look good”. ESPN.com (2015年3月9日). 2015年3月10日閲覧。
  27. ^ Marv Albert Joins NBC’s ‘Premier Boxing Champions’”. DeadLine.com (2015年2月9日). 2015年2月21日閲覧。
  28. ^ NBCテレビ第1弾はゲレロvsサーマン Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月15日
  29. ^ ボクシングマガジン10月号PBC巨大プロジェクトの行方より
  30. ^ USA Blowout in Men’s Hoops Final Down From 2012”. Sports Media Watch (2016年8月). 2023年4月2日閲覧。
  31. ^ Enormous audience for Spence-Bundu good for boxing”. ESPN.com (2016年8月23日). 2023年4月2日閲覧。
  32. ^ “Spence-Bundu Bout Draws PBC Network-Record 6 Million Viewers”. boxingscene.com. https://www.boxingscene.com/spence-bundu-bout-draws-pbc-network-record-6-million-viewers--107996 2016年8月22日閲覧。
  33. ^ PBC on ESPN to debut July 11”. ESPN.com (2015年3月19日). 2015年3月22日閲覧。
  34. ^ PBC on ESPN broadcast crew set”. ESPN.com (2015年7月1日). 2015年7月6日閲覧。
  35. ^ Leo Santa Cruz-Abner Mares delivers strong viewership for ESPN”. ESPN.com (2015年9月1日). 2015年10月5日閲覧。
  36. ^ Miguel Flores Gains Solid Win Over Ryan Kielczweski in Verona”. BoxingScene.com. 2015年8月12日閲覧。
  37. ^ Spike TV unveils Al Haymon series”. ESPN.com (2015年1月26日). 2015年2月19日閲覧。
  38. ^ Tarver, Smith join Spike TV's crew”. ESPN.com (2015年2月19日). 2015年2月21日閲覧。
  39. ^ Broner's Return Generates Record High Rating For PBC on Spike”. BoxingScene.com. 2018年4月4日閲覧。
  40. ^ Spike TV deal with Premier Boxing Champions has reached conclusion”. ESPN.com (2017年4月13日). 2017年6月16日閲覧。
  41. ^ CBS picks up Al Haymon's series”. ESPN.com (2015年2月18日). 2015年2月19日閲覧。
  42. ^ Abner Mares, Fernando Montiel to meet in March featherweight fight”. ESPN.com (2016年2月3日). 2016年2月12日閲覧。
  43. ^ サーマンvsポーターは高視聴件数、龍斗対決は中止 Boxing NewsNews(ボクシングニュース) 2016年6月27日
  44. ^ CBS announces broadcast team for PBC”. ESPN.com (2015年3月31日). 2015年4月3日閲覧。
  45. ^ “Keith Thurman-Danny Garcia peaks at 5.1 million viewers on CBS - The Ring”. The Ring. (2017年3月8日). http://www.ringtv.com/488194-keith-thurman-danny-garcia-peaks-5-1-million-viewers/ 2017年3月9日閲覧。
  46. ^ Keith Thurman's title win over Danny Garcia reaches 5.1 million viewers on CBS”. Boxingjunkie (2017年3月8日). 2017年3月9日閲覧。
  47. ^ Thurman-Garcia Fight Peaked at 5.1M Viewers; Averaged 3.74M - Boxing News”. www.boxingscene.com. 2017年3月9日閲覧。
  48. ^ PBC cards also coming to Bounce TV”. ESPN.com (2015年3月3日). 2015年3月4日閲覧。
  49. ^ Bounce TV Unveils 2015-16 Upfront Programming Slate” (2015年5月7日). 2015年8月3日閲覧。
  50. ^ Crose. “Bounce TV Gets A Surprise(And Huge) Ratings Win With It’s PBC Broadcast”. Boxing Insider. 2017年2月16日閲覧。
  51. ^ Easter vs. Cruz - PBC on Bounce TV Does Solid Ratings”. BoxingScene.com. 2017年2月14日閲覧。
  52. ^ Ladarius Miller vs. Dennis Galarza Tops PBC on Bounce, 8/3”. BoxingScene.com. 2018年7月11日閲覧。
  53. ^ ガルシアvsゲレロ決定、PBCが4大ネットワーク制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月25日
  54. ^ PBC, FOX Over The Moon With Ratings For Garcia-Guerrero”. Boxing Scene.com (2016年1月28日). 2023年4月2日閲覧。
  55. ^ Danny Garcia-Robert Guerrero bout kicks off PBC on Fox slate”. ESPN.com (2015年11月25日). 2015年11月26日閲覧。
  56. ^ Errol Spence Jr. vs. Mikey Garcia live stream, watch online, start time, card, date, PPV cost”. CBS Sports (2019年3月16日). 2019年7月15日閲覧。
  57. ^ Luis Ortiz vs Charles Martin: Live streaming results, round by round, start time, how to watch, PPV price, full card info”. Bad Left Hook (2022年1月1日). 2022年1月2日閲覧。
  58. ^ Rick Glaser Exclusive Interview Says Louis Ortiz vs Martin Sold Less Than 25,000 PPV Buys!”. NEW MEDIA TODAY USA BOXING (2022年1月12日). 2022年6月15日閲覧。
  59. ^ Regis Prograis set to receive full $1.2 million payment after fight check bounced”. Yahoo.Sports (2022年12月1日). 2022年12月4日閲覧。
  60. ^ COMPLETED BOXING EVENT PBC Christmas Fight Night: Mielnicki Jr. vs. DeLomba”. Tapology. 2021年12月25日閲覧。
  61. ^ “Mielnicki-DeLomba December 25 PBC on Fox Main Event Averaged 1,865,000 Viewers”. boxingscene.com. https://www.boxingscene.com/mielnicki-delomba-december-25-pbc-on-fox-main-event-averaged-1865000-viewers--163119 2021年12月29日閲覧。
  62. ^ a b “Full undercard for Deontay Wilder vs. Robert Helenius heavyweight fight”. DKnation.com. https://dknation.draftkings.com/2022/10/15/23401361/deontay-wilder-vs-robert-helenius-full-card-main-event-news-start-time-caleb-plant-anthony-dirrell 2022年10月15日閲覧。
  63. ^ PBC coming to Fox Sports 1”. ESPN.com (2015年6月17日). 2015年6月23日閲覧。
  64. ^ Premier Boxing Champions finalizes deal with Fox Sports 1”. ESPN.com (2015年8月5日). 2015年8月13日閲覧。
  65. ^ FS1 UNVEILS BROADCAST TEAM FOR DEBUT OF NEW PREMIER BOXING CHAMPIONS SERIES TOE-TO-TOE TUESDAYS”. Foxsports.com. 2015年9月4日閲覧。
  66. ^ PREMIER BOXING CHAMPIONS ON FS1 DELIVERS NETWORK’S MOST-WATCHED BOXING TELECAST”. Foxsports.com. 2019年1月15日閲覧。
  67. ^ PBC ratings: ESPN, Spike, FS1 numbers are in for October 13-16 shows”. Bad Left Hook (2015年10月19日). 2015年10月24日閲覧。

関連項目

外部リンク