ワールド・ベースボール・クラシック

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
前回大会:
2023 ワールド・ベースボール・クラシック
競技 野球
開始年 2006年
主催 ワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)
MLBMLB選手会
チーム数 20カ国・地域(本選)チーム
前回優勝  日本(3回目)
最多優勝  日本(3回)
公式サイト
公式ウェブサイト

ワールド・ベースボール・クラシック: World Baseball Classic、略称:WBC)は、メジャーリーグベースボール(MLB)機構とMLB選手会により立ち上げられたワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)が主催する、野球の国・地域別対抗戦である。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の世界一決定戦

概要

開催経緯

1990年代後半頃からメジャーリーグベースボール(MLB)では、東アジア中米カリブ海諸国の選手を中心にMLBの国際化が進み、彼らの様なアメリカ合衆国以外の国籍を持つMLB選手による活躍が著しくなった。また、2000年代初頭から日本メキシコ等のアメリカ合衆国外でMLB開幕戦を開催するなどして、本格的なMLBの世界進出(グローバル化戦略)によるMLB拡大と野球マーケットの拡大、それに伴う収益の拡大を目指していたMLB機構のバド・セリグコミッショナーは「野球の世界一決定戦」の開催を提唱。関係各所で国際野球連盟(IBAF)主催の大会に出場していないメジャーリーグ選手を中心とした各国のプロアマ野球リーグ選手による国別世界一を決める国際大会の開催へ向けて協議がなされてきた。

2005年5月にMLB機構が翌年3月に野球の世界大会を開催する事を発表[2]7月12日MLBオールスターゲーム開催地のデトロイトで、参加が確定していなかった日本キューバを除く14カ国の代表が出席して、開催発表記者会見が行われ、大会の正式名称が“World Baseball Classic”と発表された[3]。記者会見にはセリグ・コミッショナーの他、各国の選手代表としてドントレル・ウィリスアメリカ合衆国)、カルロス・ベルトランプエルトリコ)、カルロス・リーパナマ)、アンドリュー・ジョーンズオランダ)、崔熙涉韓国)、ミゲル・テハダドミニカ共和国)、ジェイソン・ベイカナダ)、ジャスティン・ヒューバーオーストラリア)が出席した[4]。WBC開催を記念して、同年のオールスターゲームでは前日に行われる恒例のホームランダービーが異例の国別対抗形式となった。

当初、日本(NPB)はMLB側の一方的な開催通告やMLB中心の利益配分に反発し、参加を保留[5]日本プロ野球選手会も開催時期の問題から参加に反対し[6]、2005年7月22日の選手会総会で不参加を決議した。しかし、MLB機構は参加を保留するNPBに対し、改めて参加を要求し、もし日本の不参加によりWBCが失敗に終わった場合、日本に経済的補償を要求することを通達。更に、WBCへの不参加は「日本の国際的な孤立を招くだろう」と警告した[7]。これを受けて、日本プロ野球選手会は不参加の方針を撤回。最終的に同年9月16日に選手会の古田敦也会長がNPB機構に参加の意向を伝え、日本の参加が決まった。

その結果、2006年3月にMLB機構が選抜した16か国・地域が参加する第1回大会が開催された。なお、MLB機構はこの大会を夏季オリンピック野球競技に代わる国際大会として育てたい意向である[3]

年表

  • 2005年5月 - ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1回大会を2006年3月に開催することをMLB機構が発表。
  • 2006年3月 - 16カ国招待による第1回大会を開催。
  • 2009年3月 - 第2回大会を開催。これ以降は4年ごとの開催が基本となった。
  • 2011年6月 - 第3回大会から参加国・地域の数を28カ国に増やし、新たに予選を導入することが発表された[8][9]
  • 2011年12月 - 国際野球連盟(IBAF)のリカルド・フラッカーリ会長がWBC主催者と話しあった結果、第3回大会から予選を行う条件で、IBAFがWBCを世界一決定戦として公認することになったと発表された[10]
  • 2012年9月・11月 - 初の予選大会を開催。
  • 2013年3月 - 第3回大会を開催。
  • 2015年11月 - IBAFに代わる新たな野球・ソフトボールの国際組織である世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催の新しい国際大会「WBSCプレミア12」を開催。WBSCプレミア12は4年に1度、WBCの中間年(=夏季オリンピックパラリンピック前年)に開催される。
  • 2016年2月・3月・11月 - 第4回大会予選を開催。
  • 2017年3月 - 第4回大会を開催。
  • 2020年1月 - 第5回大会より本選出場枠が20カ国に拡大されることが発表された。全体の招待国数に変更は無いため、予選枠は12カ国に縮小された[11]
  • 2020年2月 - 第5回大会の本選出場枠拡大による大会フォーマットの変更が発表された。これまでの3ラウンド制(第1ラウンド、第2ラウンド、決勝トーナメント)から2ラウンド制(第1ラウンド、決勝トーナメント)となる[12]
  • 2020年3月 - 第5回大会予選新型コロナウイルス感染症の流行の影響で開催延期[13]
  • 2020年8月 - 第5回大会は新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、2023年まで開催されない見込みであることが報道される[14]
  • 2022年3月 - 新たに締結されたMLB労使協定より、WBCは2023年2026年に開催予定であることが明らかとなった[15]
  • 2022年9月 - 第5回大会予選を開催。
  • 2023年3月 - 第5回大会を開催。

試合形式

2006年3月13日、第1回WBC第2ラウンド、アメリカ合衆国対韓国戦(エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム)。投手はドントレル・ウィリス
2009年3月24日、第2回WBC決勝戦、日本対韓国戦(ドジャー・スタジアム)。投手はダルビッシュ有、捕手は城島健司。優勝を決め喜ぶ日本ナイン。

大会規定は毎回異なり、大会実績を反映させて毎回改良されている。

第1回大会(2006年)
第1回大会では第1ラウンド・第2ラウンドでリーグ戦方式が採用された。第1ラウンドでは、16の参加国・地域を4チームずつ4組に分け、別々の開催地でそれぞれの組内で総当りリーグ戦を行う。各組の上位2チーム・合計8チームがアメリカで行われる第2次ラウンドに進出し、4チームずつの2組に分かれて第1次ラウンド同様に戦う。各組の上位2チーム・合計4チームが決勝トーナメントに進出し、その4チームでトーナメント方式の準決勝と決勝を行い優勝を決める。シーズン前の投手の故障防止のため、投球数制限が設けられた。その他細かいルールについては2006 ワールド・ベースボール・クラシックを参照のこと。
第2回大会(2009年)
第2回大会では第1ラウンド・第2ラウンドでダブルイリミネーション方式が採用され、各組上位2チームが次のラウンドに進む。第2ラウンドを勝ち抜けた4チームが、決勝トーナメントに進み、準決勝と決勝を行い優勝を決める。延長13回からタイブレーク制度が採用された。その他細かいルールについては2009 ワールド・ベースボール・クラシックを参照のこと。
第3回大会(2013年)
第3回大会では新たに予選が設定され、本選と予選で計28チームが参加した。予選では、第2回大会での下位4チームと野球新興国の12チームの計16チームが4組に分かれてダブルイリミネーション方式で戦い、各組の1位が本選への出場権を得る。そして、予選を1位で通過した4チームと第2回大会の上位12チームの合わせて16チームで本選を行う。本選第1ラウンドは第1回大会と同様のリーグ方式、本選第2ラウンドは第2回大会と同様のダブルイリミネーション方式で行われた。この方式は、第1・第2ラウンド共にダブルイリミネーション方式を採用した第2回大会で、日韓対戦が5回にも及んだことを是正し、上位チームの試合数が過大になる可能性を排除するために導入された[注 1]。また、本選第1ラウンドのリーグ戦で同一勝敗数だった場合の勝ちぬけ基準が第1回大会から変更されている。投球数制限等にも変更が加えられている。その他細かいルールについては2013 ワールド・ベースボール・クラシックを参照のこと。
第4回大会(2017年)
第4回大会では第1回大会の方式に戻り、第1ラウンド・第2ラウンドでリーグ戦方式が採用された。これに加えてリーグ戦において3チームの勝敗が並んだ場合に「ボーナス“プレーオフ”ゲーム」としてワンゲームプレーオフが採用された(勝敗が並んだ3チームのうち、順位決定ルールにより1位チームもしくは4位チームを確定した後に、残りの2チームが2位通過を賭けて対戦する)。他に新ルールとして「予備投手枠」の創設、またMLBで2014年からビデオ判定の適用拡大とチャレンジ制度の導入もあって、WBCにおいても一部制限はあったものの適用拡大されたビデオ判定が導入された。詳細は2017 ワールド・ベースボール・クラシックを参照のこと。
第5回大会(2023年)
第5回大会では本選出場枠が20チームに拡大されることになり、第1ラウンドは各組5チームによるリーグ戦方式が採用された。これまで行われてきた第2ラウンドは廃止され、第1ラウンド後から各組上位2チーム・計8チームによる決勝トーナメントが行われる方式へと変更された。なお大会全体の招待国数に変更はないため、予選は12チームに縮小された。予選は12チームが2組に分かれてダブルイリミネーション方式で対戦し、各組の1位と敗者復活1位が本選の出場権を得る。詳細については2023 ワールド・ベースボール・クラシックを参照のこと。

出場資格

どの国に属するかはオリンピック憲章のように明確には決められておらず、アレックス・ロドリゲスや日系ブラジル人の佐藤二朗など、複数国で代表資格を持つ選手が多い。

選手は下記のいずれかに該当する場合、各代表チームへの出場資格を持つ。

出場資格(2020年現在)
1 当該国の国籍を持っている
2 当該国の永住資格を持っている
3 当該国で出生している
4 のどちらかが当該国の国籍を持っている
5 親のどちらかが当該国で出生している
6 当該国の国籍またはパスポートの取得資格がある
7 過去のWBCで当該国の最終ロースターに登録されたことがある

ドミニカ共和国出身選手は米国市民権を得るためにドミニカ国籍を放棄しなければならず、オリンピック憲章をそのまま適用すれば、ドミニカ代表でプレーできないドミニカ出身選手もいる。また、イタリア代表にはイタリア系アメリカ人が多く選ばれているが、これはイタリアがイタリア系の外国人に容易に市民権を与えるためにそれを利用した結果である。

第3回大会予選へと出場したイスラエルもイタリアと同様にユダヤ系の外国人に容易に市民権を与えるため、イタリア代表と同様、イスラエル代表チームも主にイスラエル系アメリカ人により構成された。しかし第4回大会ではイスラエル代表27人中イスラエル国籍の選手は1人だけであったため、あるゴシップ系の書籍では「ユダヤ教に改宗すれば世界中の誰でもイスラエル代表になれる」などという書き立て方がされていた[16]

第3回WBC登録選手のうち
同国出身選手の数
[17]
出場国・地域 人数
日本韓国チャイニーズタイペイ米国
キューバドミニカ共和国ベネズエラ
28
カナダ中国 26
オーストラリアオランダ 25
プエルトリコブラジル 24
メキシコ 19
イタリア 8
スペイン 1

薬物規定

国際野球連盟(IBAF)によれば、WBCでドーピング検査を実施するのは世界アンチ・ドーピング機構(WADA)で、メジャーリーグの規定よりも禁止薬物の範囲が広い国際ルールが適用されるはずであった。しかし、実際にはWADAが正式な意見書を提出するほどにWBCでの禁止薬物規定は少なかった。検査はWBC開催前と開催中に実施され、開催中は任意の試合で各チーム2選手を選び出し、試合後に検査を行う。メジャーリーグの組織に属する選手には合計108回の検査が行われる予定で、リーグ機構と同選手会はこれに同意している(2006年の大会ではIBAFの発表によると全出場選手の 22.5% が検査を受ける事になるという)。アテネ五輪予選では1度目の違反で即刻出場取り消し、さらに2年間の出場停止が科されたが、WBCでも同様の罰則が科される。この場合、2回目の違反で国際試合から永久追放となる。ただし、メジャーリーガーがWBCの検査で陽性の判定を受けても、メジャーリーグにおける薬物規定の罰則は適用されない。

利益分配

WBCでは、各国から得られたスポンサー料や放映権料、ロイヤルティーなどの大会収益は一括にWBCの大会運営会社に集められてから各チームへ再分配する。

主催者側は公式に発表していないが、2006年大会では、収益が出た場合、その 47% が賞金に、53% が各組織に分配され、大会収益が出ない場合はMLBが赤字分を負担することになっていたという。なお、賞金の内訳は、優勝チームが 10%、準優勝チームが 7%、準決勝敗退の2チームが 5%、2次リーグ敗退の4チームが 3%、1次リーグ敗退の8チームが 1% である。また、各組織の内訳は、大リーグ機構(MLB)が 17.5%、大リーグ選手会が 17.5%、日本野球機構(NPB)が 7%、韓国野球委員会国際野球連盟が 5%、その他が 1% という順とされている[18]。2009年も主催者からの公式発表はないが、MLBと大リーグ選手会が 66%、NPBが 13% だったという[19]

第2回大会の賞金内訳は優勝が270万USドル、準優勝は170万USドル、準決勝敗退は120万USドル、2次ラウンド敗退は70万USドル、1次ラウンド敗退で30万USドルとなっている。この他にも、各会場の1次ラウンド1位通過には30万USドル、各会場の2次ラウンド1位通過には40万USドルの賞与が支給された。また、国際野球連盟(IBAF)には野球振興の目的で100万USドルが寄付された[20]。なお、第2回大会の賞金総額は1400万USドルで、この額は780万USドルだった前回大会の約2倍である[21]

第4回大会までの各代表チームのユニフォームは、WBCIから無償提供されるか、チームが独自にメーカーと契約して用意するかの二択であったが、第5回大会からは初めて各代表チームがユニフォームのデザイン・製造を担当し、またWBCIを通じて一般向けに販売したレプリカの売上収益の一部を得ることができるようになった[22]

開催年 総収益 賞金
総額 優勝
1 2006年 1280万USドル[23] 780万USドル[24] 78万USドル
2 2009年 3200万USドル[23] 1400万USドル[24] 270万USドル
3 2013年 未公表 1400万[22] - 1500万USドル[25] 340万USドル
4 2017年 未公表(推定1億1000万USドル[26] 1400万USドル[22] 未公表
5 2023年 1440万USドル[27] 100万USドル

大会ロゴ

中央に地球儀野球のボールを組み合わせたボールを配置し、その周りを4枚のスクリューの羽根状のものが包み込む意匠で、「グローバルベースボール」と名づけられた。4枚の羽根状のものは、青色(右上)、黄色(左上)、赤色(左下)、緑色(右下)の4色が塗られている。黄色の羽根の外側に「(開催の西暦年)WORLD」、青色の羽根の外側に「BASEBALL」、緑色の羽根の外側に「CLASSIC」という文字が記されている。また強豪国の多いスペイン語圏のカリブ海などの国に配慮し、スペイン語のロゴも用意されている(上段から順に「(開催の西暦年)CLASICO」「MUNDIAL」「DE BEISBOL」)。

2023年第5回大会より大会ロゴがリニューアルされた。4枚の羽根状のフォルムはそのままに、中央にあった地球儀と野球ボールを組み合わせたボールはなくなり、羽根の配色が4色からよりカラフルにデザインされている。文字の色も青色から濃緑色に変更されている。

優勝杯・メダル

優勝杯

ワールド・ベースボール・クラシックの優勝トロフィーは、ティファニー社の職人が200時間以上の時間をかけて制作した。銀細工の老舗のティファニーらしく、材質は銀(スターリングシルバー)である。

デザインのモチーフは、WBCのロゴの「グローバルベースボール」であり、台座・4枚の板・ボールから構成される。4段にカットされている台座は、4ラウンドのトーナメント(1次リーグ、2次リーグ、準決勝、決勝)を表し、台座から上方に向けて斜めに広がる4枚の板と、さらに上部中央に向かう羽状の板は、16か国で構成される4つのリーグ(1次リーグ)を表している(その意匠は日本の四つ巴紋に似ている)。また、4枚の板によって支えられた中央の野球ボールは、地球(グローバル)を象徴している。

2006年2月22日、プエルトリコサンフアンで行われた初公開の披露式には、WBCの親善大使を務めるトミー・ラソーダ(元ドジャース監督)らが参加した。

メダル

優勝チームには金メダル、準優勝チームには銀メダルが選手・監督・コーチの全員に授与される。

歴代の開催地

開催地は大会創設以来、特定の1か国・地域での開催は無く、開催を希望する国・地域による複数国での共同開催という形をとっており、日本アメリカ合衆国プエルトリコの3か国は第3回まで連続して共催国として登録されてきた。プエルトリコは第4回の開催では共催国から外れたため、第1回からの連続開催は日本とアメリカ合衆国の2か国のみとなった。

また決勝戦についても、第1回から第5回まで全てアメリカ合衆国内で行われており、アメリカ合衆国以外での決勝戦の開催はこれまでなされていない。東京ドームは全5大会すべてで本選開催実績を持つ唯一の球場であり、開催試合数は第5回大会準々決勝ラウンドまでで計42試合に及ぶ。

第5回では初の試みとして、マイアミ会場は第1ラウンド、準々決勝ラウンド、決勝ラウンドの3ラウンドを通して開催される。

開催地ごとの開催実績

都市 球場 2006 2009 2013 2017 2023 開催
回数
日本の旗 東京 東京ドーム A組 A組 1組 B組E組 B組QF 5
アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ ペトコ・パーク SF・F 1組 F組 3
アメリカ合衆国の旗 マイアミ ローンデポ・パーク 2組 C組 D組QF・SF・F 3
プエルトリコの旗 サンフアン ヒラム・ビソーン・スタジアム C組2組 D組 C組 3
アメリカ合衆国の旗 フェニックス チェイス・フィールド B組 D組 C組 3
アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ドジャー・スタジアム SF・F SF・F 2
中華民国の旗 台中 台中インターコンチネンタル野球場 B組 A組 2
アメリカ合衆国の旗 スコッツデール スコッツデール・スタジアム B組 1
アメリカ合衆国の旗 オーランド クラッカー・ジャック・スタジアム D組 1
アメリカ合衆国の旗 アナハイム エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム 1組 1
メキシコの旗 メキシコシティ フォロ・ソル B組 1
カナダの旗 トロント ロジャーズ・センター C組 1
アメリカ合衆国の旗 マイアミガーデンズ ドルフィン・スタジアム 2組 1
日本の旗 福岡 福岡 ヤフオク!ドーム A組 1
アメリカ合衆国の旗 スコッツデール ソルト・リバー・フィールズ D組 1
アメリカ合衆国の旗 サンフランシスコ AT&Tパーク SF・F 1
大韓民国の旗 ソウル 高尺スカイドーム A組 1
メキシコの旗 ハリスコ エスタディオ・デ・ベイスボル D組 1

決勝戦会場

結果

開催年 本選開催国 決勝戦 ベスト4 出場国数
優勝 結果 準優勝 3位 4位 本選 予選 全体
1 2006年 アメリカ合衆国の旗/日本の旗/プエルトリコの旗  日本 10–6  キューバ  韓国  ドミニカ共和国 16 - 16
2 2009年 アメリカ合衆国の旗/日本の旗/プエルトリコの旗/メキシコの旗/カナダの旗  日本 5–3  韓国  ベネズエラ  アメリカ合衆国 16 - 16
3 2013年 アメリカ合衆国の旗/日本の旗/プエルトリコの旗/中華民国の旗  ドミニカ共和国 3–0  プエルトリコ  日本  オランダ 16 16 28
4 2017年 アメリカ合衆国の旗/日本の旗/大韓民国の旗/メキシコの旗  アメリカ合衆国 8–0  プエルトリコ  日本  オランダ 16 16 28
5 2023年 アメリカ合衆国の旗/日本の旗/中華民国の旗  日本 3–2  アメリカ合衆国  メキシコ  キューバ 20 12 28
6 2026年 不明の旗 不明の旗 不明の旗 不明の旗 不明の旗
  • 3位と4位は大会を通じた勝敗数によって決定される。

代表別通算成績

国・地域
1  日本 5 3 0 2 38 30 8 .789
2  アメリカ合衆国 5 1 1 1 35 21 14 .600
3  ドミニカ共和国 5 1 0 1 28 20 8 .714
4  プエルトリコ 5 0 2 0 34 23 11 .676
5  キューバ 5 0 1 1 32 18 14 .563
6  韓国 5 0 1 1 26 17 9 .654
7  オランダ 5 0 0 2 28 13 15 .464
8  ベネズエラ 5 0 0 1 29 16 13 .552
9  メキシコ 5 0 0 1 24 11 13 .458
10  イタリア 5 0 0 0 20 7 13 .350
11  チャイニーズタイペイ 5 0 0 0 17 5 12 .294
11  オーストラリア 5 0 0 0 17 5 12 .294
13  カナダ 5 0 0 0 15 5 10 .333
14  イスラエル 2 0 0 0 10 5 5 .500
15  中華人民共和国 5 0 0 0 16 2 14 .125
16  パナマ 3 0 0 0 9 2 7 .222
17  コロンビア 2 0 0 0 7 2 5 .286
18  チェコ 1 0 0 0 4 1 3 .250
18  イギリス 1 0 0 0 4 1 3 .250
20  南アフリカ共和国 2 0 0 0 5 0 5 .000
20  ニカラグア 1 0 0 0 4 0 4 .000
20  ブラジル 1 0 0 0 3 0 3 .000
20  スペイン 1 0 0 0 3 0 3 .000
  • データは2023年大会終了時。
  • 太字の国・地域名は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録。
  • 順位は優勝回数が多い順に並べている。優勝回数が同数の場合は準優勝回数が多い方を、準優勝回数も同数の場合はベスト4回数が多い方を、ベスト4回数も同数の場合は勝利数の多い方を、勝利数も同数の場合は試合数の多い方を上に並べることとする。

大会最優秀選手

大会 選出選手 所属球団
2006 日本の旗 松坂大輔 日本の旗 西武ライオンズ
2009 日本の旗 松坂大輔 アメリカ合衆国の旗 ボストン・レッドソックス
2013 ドミニカ共和国の旗 ロビンソン・カノ アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・ヤンキース
2017 アメリカ合衆国の旗 マーカス・ストローマン カナダの旗 トロント・ブルージェイズ
2023 日本の旗 大谷翔平 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・エンゼルス

通算個人記録

2023年大会終了時[28]

今後の課題

大会の認知

日本においては大々的に報じられテレビ中継は連日高視聴率をマークし、MLBコミッショナーのバド・セリグも満足感を示した[29]。しかし、開催国アメリカ合衆国のように関心が比較的薄い国もある。アメリカのスポーツメディアは、野球に関する報道はスプリングトレーニングやオープン戦に大部分を割き、WBCはその影に隠れる形であった[30]。アメリカ合衆国では2次ラウンドの会場で空席が目立ち[注 2]、視聴率も最高2%台に留まった[注 3]

第2回大会にアメリカ合衆国代表として出場したジミー・ロリンズが「(他の国とは違い、)アメリカではバスケットボールとかアメリカンフットボールとか、他のスポーツもあるから、その時々のシーズンのスポーツに関心が散らばるんだ」と語っているように[31]、3月には全米規模の注目を集めるNCAA男子バスケットボールトーナメントが行われており、また NBANHLのレギュラーシーズンも佳境であるため、本来「ベースボールシーズン」ではない3月にアメリカ国民の目を野球に向けるのは非常に難しいと言われる。アメリカ国民のWBCに対する関心の低さは、「ワールドシリーズという名の通り、MLBでの優勝チームこそが世界一だ」という認識が強く、世界的スポーツのサッカー[注 4]よりも国内完結型のアメリカンフットボールやNASCARを好むアメリカ独特の価値観が原因であると考えられている[33]

その一方で、2023年大会は世界で最も視聴率の高い野球イベントの一つとなり[34][35][36]、特に、準決勝のメキシコ日本戦は、1980年のワールドシリーズを上回る6100万人以上の視聴者を記録し、世界で最も視聴者の多い野球中継の一つとなった[注 5][37][38]

同大会ではラテンアメリカ東アジアで注目が集まり、プエルトリコでは、プエルトリコドミニカ共和国戦が視聴率62%を記録した[39]。また、日本では当日の録画中継を含めると、述べ1億人程が決勝をテレビ観戦した[40]

アメリカ合衆国では、全米4大ネットワークの一つであるフォックス放送によって放送され、地上波放送も実現した。決勝は全米で520万人の視聴者を獲得し[41]、9回表の大谷翔平マイク・トラウトの対戦時には650万人の視聴者を記録した[42]

野球新興国でも中継され、中国ではインターネットサービスの新浪微博が中継し[43]中国日本戦は最大42万2000人が視聴[44]チェコでも史上初めて野球がテレビ中継され、国内で84万人がチェコ対日本戦を視聴するなど[45]、様々な国で多くの人が視聴する結果となり、2023年大会は163の地域で63のメディアパートナーを通じ、全世界13ヶ国語で放送されたことから[46][47]、世界的には大会の認知度は徐々に高まっていると言える。

大会の運営

大会の勝ちあがり方法については、第1回大会では、第1ラウンド、第2ラウンドで4チームによるリーグ戦を実施したが、2次リーグA組で日本アメリカ合衆国メキシコが1勝2敗で並び、失点率で日本が2位となり、準決勝に進出した。得失点を含めて順位を決定するのは他のスポーツでも行われることであるが、野球の場合はコールドゲームがあったり、延長戦やサヨナラがあったり、後攻めがリードの場合には9回裏がないなど得失点の機会に不均衡が生じるため、単純な得失点数で順位を決するには都合が悪い。そこで第1回大会では順位決定に失点率が採用されたが、この大会の2次リーグA組でメキシコが準決勝に進むためには、最後のアメリカ戦で「延長13回または14回までアメリカを0点に抑えかつ自らも延長13回または14回まで無得点で進行しいずれかの当該回においてサヨナラ3ランホームランかサヨナラ満塁ホームランで勝利(2次リーグは延長14回まで、またメキシコはこの試合で後攻)」という非現実的な条件が必要となった。第2回大会では、第1回大会の反省から、ダブルイリミネーション方式を採用した。そのため、展開によっては大会を通じて同一カードが最大5度もある可能性があり、実際に日本対韓国の対戦は5試合行われた。その他のカードでも複数回の対戦が目立ち、対戦カードに新鮮味がないと指摘された。松坂大輔のように、出場した選手側からも組み合わせを批判する声が上がった[48]

運営組織については、オリンピックのIOC(国際オリンピック委員会)、サッカーW杯のFIFA(国際サッカー連盟)のように、国際大会は世界を束ねる中立的な立場の組織が主催することが多いが、WBCの場合は一国のプロリーグであるMLBの機構・選手会が共同出資して作った運営会社が開催しているため[49]、中立的な運営がなされていないのではないかとの意見がある[50]。このこともあり、開催国もほかの世界選手権競技のような開催国・大陸持ち回りではなく、アメリカが中心の複数国共催となっている(後述)。

大会参加国については、過去2回の大会は予選なしで招待された16か国が争う形式であるが、南アフリカ共和国中華人民共和国のように、本国での野球の認知度が低く、参加国間のレベルの差が指摘されている。第3回大会では、参加国を28か国に増やし、1次ラウンドの前に予選を行ったが、国内に野球の本格的なプロリーグが存在する国は既に全て参加してしまっているため、新規参加国はセミプロないしアマチュアレベルの国が中心となり、新参加国とアメリカ、日本などの強豪国との大きなレベルの差が指摘されている。

開催地については、第1回・第2回の大会では、第2ラウンド以降を、第3回では決勝ラウンドをすべてアメリカ合衆国で開催してきたが、前述のようにアメリカよりWBCに対する関心が高い日本韓国で開催すべきだという意見がある。しかし、第2回の時点では大会運営部は「(第2次ラウンド以降の)日本開催の可能性は常にある」としながらも、集客力の観点から現時点での開催地変更には否定的である[51]。第3回では第2ラウンドの一部を日本で行った。

収益は大会運営会社のWBCインクに一括して集められるが、集地域別の一番の大口スポンサーは日本であり、収入の半分以上はテレビの放映権料・冠スポンサー料といった「ジャパンマネー」だとされている[52]。大会収益の分配について公式的に明らかにされていないが、2009年大会の場合、優勝を争った日本と韓国はそれぞれ 13%、9% に過ぎない一方で、アメリカだけで 66%(MLB機構とMLB選手会が3分の1ずつ)を占有したと報じられている[53][54][55]。これについて二宮清純は、「WBCはメジャーリーグのマーケットを拡大し、新しい収入源を獲得するための大会。『真の世界一を決める大会』とのうたい文句はタテマエに過ぎない」などと指摘している[56] が、大会の収支が赤字だった場合には主催者が全額補填することとなっている上、MLBが利益を得る仕組みが無ければメジャーリーガーの参加は期待できず、大会を開催する意味がないとされる[57]。他競技ではバスケットボール世界選手権NBAも参画してWBCを模した運営方式となる事が計画されている[58]

代表チームにつくスポンサーからの収入と、代表グッズのライセンシング料がそのまま参加国に入るよう、WBCインクにスポンサー権とライセンシング権の譲渡を求めている日本プロ野球選手会は、2011年7月22日、名古屋市で臨時大会を開き、交渉の結果次第では第3回大会に出場しないことを全会一致で決議した。NPBは、選手の出場給や傷害保険料、合宿費用などの支出が大きく採算が取れない状況で、選手会は「現状では優勝してもリーグや球団に利益はなく、選手派遣のリスクを負うだけだ」と説明しており、12球団のオーナーも同調した[59]ところ、MLB側は回答期限を9月30日までと設定したが、日本参加による収益を望むMLBは回答期限以降も参加を受け付けている。その後、当初は選手会と協調していたNPB12球団のオーナーは、別に収益を確保する構想をまとめた事により、同年11月にWBCへの参加を表明した[60]。しかし、2023年になって、各代表チームがユニフォームのデザイン・製造を初めて担当することとなり、WBCIを通じて一般向けに販売したレプリカの売上収益の一部を得ることができるようになり、収益構造の見直しが進んでいる[22]

各国のプロリーグの開幕が迫っている状況を考慮し、選手達が可能な限り早く所属球団に戻ってシーズンの準備ができるように3位決定戦は行われない[61]

大会の時期

大会が開催される3月はシーズン開幕前の調整途中の時期であるため、シーズン中に開催するのがいいのではないかという意見がある[33]。日本は強化試合など大会への準備を行ったが、アメリカ代表が集合したのは大会一次ラウンドのわずか5日前であった。長いシーズンを戦う下地を作るこの時期に、所属チームを離れられないという現実がある[62]

また選手の怪我が懸念され、メジャーリーグ各球団の全面的な協力を得ることが難しい。さらに選手の契約上の問題もあり実際にアメリカ、ドミニカなど有力メジャーリーガーを抱える国では選手の出場辞退が相次いだ[63] 。日本プロ野球でも出場辞退者が多数存在し、日本やチャイニーズタイペイの代表選考に影響を与えている。WBCに出場した選手の中にも、ロイ・オズワルトブライアン・マッキャンなどのように、3月という開催時期に苦言を呈している選手もいる[64]

第2回大会で参加を辞退した CC・サバシアは、「非常に興味深い大会だと思うが、緊張感ある試合を行うには時期が早すぎるために参加できなかった。開催時期の問題を除けば、素晴らしい大会だと思う」[65]と語っており、候補選手の相次ぐ辞退を防ぐには、開催時期の変更が不可欠とも言われている。しかし、アメリカの野球ファンがシーズンの中断を望んでいないことや、先述のように、アメリカではほぼ年中何らかのスポーツイベントに国民の関心が向けられていることなどにより、3月以外にこれといった開催時期は見当たらないのが現状である。バド・セリグMLBコミッショナーも、「タイミングが悪いと言われていることは理解している。(3月は)大会を開催できる本当に唯一の時期」だとしており、第3回大会もこれまでと同様に3月に開催し、MLBのシーズンを中断することや、ワールドシリーズ後の11月に開催することは考慮していないと話している[66]

シーズン終了後の開催案は、肉体的疲労やオフの短縮により歓迎されていない。アメリカのメディアでは、第2ラウンドまでは開幕前に済ませ、決勝ラウンドのみオールスター期間中に行おうという意見があるが、この案では予選と決勝ラウンドの間隔が開きすぎて盛り上がりに水をさしかねないという懸念がある。また、日本や韓国が決勝に進出した場合は本国でのシーズン真っ只中に渡米しなければならない。これに関しては、ESPN解説者のジェイソン・スタークが「彼らはオリンピックでも同じことをしているから問題ない」と主張している[33]

監督人事

監督人事は毎回難航し、関係者からは「火中の栗」と称され人材難とされている[67]。代表監督は、プロ野球監督と比べ、過酷であり、重圧もある。国民的な英雄だが、手のひら返しで、バッシングを浴びるというプレッシャーも多い。監督の適正年齢が脂が乗った50~60代前半だとすると、「選手として実績があり」「監督経験もある」の条件の監督候補は、いずれも現役監督としてバリバリやっている世代。第一回の王、第二回の原は現役監督であったが、同時での監督業務は非常に負担が多いと不満を上がった。第4回の小久保はプロ野球監督経験なし選出されたが、選出に不安視する意見も多かった[68]

また報酬が野球選手の監督としては異様に少ないことも指摘される。2013年大会を例にとれば、監督・コーチの出場手当は一律150万円である[69]

シーズンへの影響

第1回大会にアメリカ代表のエースとして参加したドントレル・ウィリスがWBCを境に長期スランプに陥ったことから、WBCがシーズンにもたらす悪影響が指摘されるようになった。そのため、第2回大会では第1回大会以上にメジャーリーガーの辞退が相次いだ。2009年の第2回大会開催前には、ニューヨーク・ヤンキースが運営するケーブルTV局YESネットワークの公式ファンフォーラムで、ヤンキースの投手が誰一人として WBCに参加しないことを歓迎する意見が寄せられた[70]

ボストン・レッドソックスは、第2回大会の開催中にダスティン・ペドロイアケビン・ユーキリスに軽度の故障が発生すると、即座に代表を離脱させた。このように、高額年俸を支払っている選手に、シーズン以外の場で故障されたくないという姿勢の球団が多かった[33]

第2回大会後は、イチロー松坂大輔ホアキム・ソリアエディンソン・ボルケス[71] らがWBCの影響で故障者リスト入りしたと報じられた。更に、全球団中最多の15人がWBCに出場したニューヨーク・メッツでWBC出場選手に故障が続出したことから、ニューヨークのメディアがWBCの悪影響を指摘した[72]。その他の不振に陥った選手についても、その原因をWBCに結びつける報道がなされた[73]。このような状況から一部アメリカメディアでは、WBCの開催自体に批判的な報道もなされており[74][75]、次回大会以降への影響が懸念されている。

脚注

注釈

  1. ^ 第2回大会のように第1・2ラウンド共にダブルイリミネーション方式を採用すると、両ラウンドで敗北した後に優勝したチームは最大で10試合行う可能性があった。なお、両ラウンドでリーグ方式を採用した第1回大会は優勝チームの最大試合数は8試合、第2ラウンドのみダブルイリミネーション方式を採用した第3回大会では最大9試合である。
  2. ^ アメリカ合衆国代表が登場した試合でも、8試合中5試合が観客1万人台であった。
  3. ^ 同年のMLBではワールドシリーズが視聴率10%前後で、レギュラーシーズンの各チームの平均視聴率が2%程度である。
  4. ^ ただ、第3回大会の翌年のワールドカップアメリカ合衆国ポルトガル戦中継の全米の視聴者数が前年のワールドシリーズの全6戦の平均数を上回る[32]など、アメリカでもサッカー人気が高まりつつあると言われている。
  5. ^ メキシコではImagenが530万人の視聴者を記録し、日本ではTBSテレビが視聴者数5570万人を記録した。

出典

  1. ^ スポーツナビ WBCとは”. 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月22日閲覧。 共同通信ニュース特集 ワールド・ベースボール・クラシック アーカイブ 2010年1月24日 - ウェイバックマシン 右欄「WBCとは」参照。WBCを世界一決戦と公認 国際野球連盟総会 アーカイブ 2011年12月7日 - ウェイバックマシン - スポーツナビ
  2. ^ Alan Schwarz、World Cup announcement made、ESPN(英語)、2005/05/10
  3. ^ a b MLB ALL-STAR GAME、ASAP Sports(英語)、2005/07/12
  4. ^ Sixteen Nations Participate In Inaugural World Baseball Classic アーカイブ 2011年7月8日 - ウェイバックマシン、The Epoch Times(英語)、2005/07/14
  5. ^ シャノン ヒギンス、夢の「野球ワールドカップ」がついに実現! アーカイブ 2011年7月14日 - ウェイバックマシンnikkei BPnet(2005/06/23)
  6. ^ WBC 日本参加は条件付き アーカイブ 2010年10月7日 - ウェイバックマシン読売新聞(2005/07/12)
  7. ^ Archived 2005年12月4日, at the Wayback Machine.
  8. ^ “WBC参加チーム「28」に…新たに予選導入へ” (日本語). 読売新聞. (2010年10月6日). オリジナルの2010年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101008054128/http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/news/20101006-OYT1T00647.htm 2010年10月6日閲覧。 
  9. ^ WBC:次大会は28チーム参加 予選ラウンドも実施へ 毎日新聞 2011年6月2日付
  10. ^ “WBCを世界一決戦と公認 15年から4年に1度開催” (日本語). Sponichi Annex. (2011年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/12/04/kiji/K20111204002169290.html 2011年12月4日閲覧。 
  11. ^ “Qualifying Round brackets set for '21 Classic”. MLB.com. (2020年1月29日). https://www.mlb.com/news/world-baseball-classic-qualifying-round-brackets?t=world-baseball-classic 2020年1月28日閲覧。 
  12. ^ “2021 World Baseball Classic venues revealed”. MLB.com. (2020年2月25日). https://www.mlb.com/news/world-baseball-classic-venues?t=world-baseball-classic 2020年1月26日閲覧。 
  13. ^ “Major League Baseball to delay 2020 Opening Day by at least two weeks”. MLB.com. (2020年3月12日). https://www.mlb.com/press-release/press-release-major-league-baseball-to-delay-2020-opening-day-by-at-least-two-we 2020年3月13日閲覧。 
  14. ^ “World Baseball Classic Moved By MLB and Union To 2023 With 20-Team Field”. Sportico The Business of Sports. (2020年8月12日). https://www.sportico.com/leagues/baseball/2020/world-baseball-classic-2023-1234610824/ 2020年8月13日閲覧。 
  15. ^ “Memo indicates home run derby could decide All-Star Game winner instead of extra innings”. ESPN. (2022年3月11日). https://www.espn.com/mlb/story/_/id/33479323/memo-indictates-home-run-derby-decide-all-star-game-winner-extra-innings 2022年3月12日閲覧。 
  16. ^ 「噂の真相」を究明する会『決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX』(2017年5月8日、宝島社)pp.242-245
  17. ^ What Spain Lacks: Spaniards The Wall Street Journal
  18. ^ 「WBC優勝の報酬はいくら? 決勝進出の王ジャパン」 共同通信 2006年3月20日配信。이모저모” (韓国語). 東亜日報 (2006年3月6日). 2011年10月13日閲覧。 Japanese Players in Major League Baseball: An Econometric Analysis of Labor Discrimination” (2009年5月). 2011年10月13日閲覧。
  19. ^ WBC不参加も辞さず!選手会 条件改善求める”. スポーツニッポン (2010年7月23日). 2011年10月13日閲覧。
  20. ^ 「本気になるぞ!WBCの賞金総額は前回の2倍」 2009年3月4日 スポニチ
  21. ^ 「WBC優勝賞金倍増!完全Vなら3億円」 2009年3月5日 イザ”. 2009年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月31日閲覧。
  22. ^ a b c d “Clásico Mundial de Béisbol repartirá bolsa de $6 millones de dólares de entrada a países participantes” (スペイン語). ESPN DEPORTES. (2022年9月10日). https://espndeportes.espn.com/beisbol/nota/_/id/10904652/clasico-mundial-de-beisbol-repartira-bolsa-de-6-millones-de-dolares-de-entrada-a-paises-participantes 2022年9月10日閲覧。 
  23. ^ a b 「グローバル化」に成功したWBC、サッカーW杯並みになるには…”. 中央日報日本語版 (2013年3月21日). 2015年10月28日閲覧。
  24. ^ a b WBC優勝賞金は2億4300万円”. 日刊スポーツ (2009年3月4日). 2015年10月28日閲覧。
  25. ^ WBC侍ジャパンに賞金1・5億円”. 日刊スポーツ (2013年3月21日). 2015年10月28日閲覧。
  26. ^ WBC revenue set to push past $100 million”. SPORTS BUSINESS JOURNAL (2017年2月27日). 2020年6月14日閲覧。
  27. ^ “【WBC】賞金が判明 総額18億7000万円、優勝は最大3億9000万円 米CBS報じる”. (2023年2月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202302220000663.html 2023年2月23日閲覧。 
  28. ^ Stats | World Baseball Classic
  29. ^ 「もっと大きな大会になる」=セリグ・コミッショナー【WBC】 時事ドットコム(2009/03/22)
  30. ^ WBC、米国内での寂しい現実(2009年3月21日時点のアーカイブ
  31. ^ 木村愛 「2009WBC総集編 U.S.A. The Loss of Prestige 失墜した威信」『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-6、53頁。
  32. ^ W杯がNBA、大リーグ上回る米国のテレビ視聴者数中日新聞、2014年6月29日
  33. ^ a b c d 出野哲也 「2009WBC総集編 WE CAN MAKE IT BETTER WBC改革試案」 『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-6、56頁
  34. ^ USA-Japan WBC Title Game Could Be the Most-Watched Baseball Game in History”. nbcboston.com (2023年3月21日). 2023年4月19日閲覧。
  35. ^ How World Baseball Classic may have helped MLB, Cubs grow”. allchgo.com (2023年3月22日). 2023年4月19日閲覧。
  36. ^ When is the World Baseball Classic final? Date, start time, and TV listings”. www.sportskeeda.com (2023年3月20日). 2023年4月19日閲覧。
  37. ^ WBC日本戦全7試合 全国で推計9446.2万人が視聴”. oricon.co.jp (2023年3月23日). 2023年4月19日閲覧。
  38. ^ Clásico Mundial: Semifinal México vs Japón tuvo un rating brutal”. septimaentrada.com (2023年3月22日). 2023年4月19日閲覧。
  39. ^ World Baseball Classic championship ratings make massive jump from 2017”. 2023年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月25日閲覧。
  40. ^ 平日WBC決勝の視聴者数は延べ約1億人 生中継テレ朝系5463万9000人、録画TBS系4183万8000人”. ENCOUNT. 2023年4月19日閲覧。
  41. ^ World Baseball Classic championship ratings make massive jump from 2017”. 2023年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月25日閲覧。
  42. ^ 2023年WBCは大成功、各国で視聴率・観客数・グッズ販売が過去最高 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)”. forbesjapan.com. 2023年4月19日閲覧。
  43. ^ “Where to Watch the 2023 World Baseball Classic”. (2023年3月5日). https://www.mlb.com/world-baseball-classic/where-to-watch 
  44. ^ Weibo MLB美职棒大联盟
  45. ^ 母国84万人が勇姿に夢中! チェコ“史上初の野球中継”の視聴者数が話題に。世界大会での躍動に話題は尽きず【WBC】”. THE DIGEST. 2023年4月19日閲覧。
  46. ^ Where to Watch | World Baseball Classic” (英語). MLB.com. 2023年4月19日閲覧。
  47. ^ 2023 World Baseball Classic reaches 163 territories”. broadcastnow.co.uk (2023年3月24日). 2023年4月19日閲覧。
  48. ^ 有力選手辞退、未熟な大会運営松坂がWBC組み合わせ批判”. 2009年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月30日閲覧。
  49. ^ WBCで露呈した野球超大国アメリカの品格<前編>
  50. ^ Fidel Castro: Events Have Proven Me Right
  51. ^ WBC:MLB副会長「第2R日本開催も」 毎日新聞(2009/02/16)
  52. ^ MLBを利するだけのWBCは止めたほうがいい
  53. ^ WBC不参加も辞さず!選手会 条件改善求める”. スポーツニッポン (2010年7月23日). 2011年10月13日閲覧。
  54. ^ “WBC収益配分ベスト4止まりの米国が66%”. リアルライブ. (2009年3月25日). https://npn.co.jp/article/detail/57305667/ 2011年1月20日閲覧。 
  55. ^ 円高コワイ WBC賞金はドル建てでこれから振込み”. 2010年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月27日閲覧。
  56. ^ 日本球界を陥れるWBCの罠
  57. ^ 古内義明 『メジャーリーグのWBC世界戦略』PHP新書 31〜35頁 ISBN 9784569707945
  58. ^ 五輪23歳ルール適用による波紋広がる”. 2012年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月5日閲覧。
  59. ^ WBC不参加も辞さず!選手会 条件改善求める”. スポーツニッポン (2010年7月23日). 2011年10月13日閲覧。
  60. ^ 1日のオーナー会議でWBC参加表明へ”. スポーツ報知 (2011年11月30日). 2011年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月4日閲覧。
  61. ^ 鈴木健一 (2023年3月19日). “【野球】なぜ3位決定戦はないのか 侍Jが優勝を狙うWBC 主催者に聞いてみた”. デイリー. 2023年6月7日閲覧。
  62. ^ WBC熱 米に温度差 大リーガーはシーズン第一
  63. ^ メジャーリーガーのWBC辞退続出 補償がネックに
  64. ^ フジテレビWorld Baseballエンタテイメント たまッチ!』2009年6月29日(月)放送
  65. ^ 杉浦大介 「CC・サバシア[ヤンキース]ニューヨークに舞い降りた怪物」『月刊スラッガー』2009年7月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-7、13頁。
  66. ^ MLBコミッショナー第3回WBCをより大規模で素晴らしいものに
  67. ^ 小久保裕紀が侍ジャパンの監督である理由”. 2023年7月23日閲覧。
  68. ^ 実は、人材難のプロ野球界 侍ジャパンはまた監督未経験者 3月のWBC4位の総括もまだしてないのに”. 2023年7月23日閲覧。
  69. ^ 重圧に見合う? 退任する侍J小久保監督の報酬は月40万円”. 2023年7月23日閲覧。
  70. ^ Joseph Pawlikowski、Thankful that no Yanks pitchers headed to WBC、River Avenue Blues(英語)、2009/02/23
  71. ^ Surgery shelves Reds' Volquez for year アーカイブ 2010年7月22日 - ウェイバックマシン、JournalNews(英語)、2009/08/04
  72. ^ 渡辺史敏、メッツの負傷者続出はWBCのせい?、nikkansports.com(2009/07/02)
  73. ^ Quit using the WBC as an excuse アーカイブ 2009年4月20日 - ウェイバックマシン FOX Sports(英語)
  74. ^ World Baseball Classic Is Hurting The Game アーカイブ 2009年4月20日 - ウェイバックマシン The Hartford Courant(英語)
  75. ^ The World Baseball Classic Weighs Heavily on Pitchers、MLB Daily Dish(英語)、2009/06/27

関連項目

外部リンク