七尾城山インターチェンジ

七尾城山インターチェンジ
所属路線 E41 能越自動車道
七尾氷見道路
IC番号 9
本線標識の表記 七尾城山 【補助標識】和倉温泉
起点からの距離 54.3 km(小矢部砺波JCT起点)
七尾大泊IC (9.3 km)
(3.2 km) 七尾IC
供用開始日 2013年平成24年)3月24日[1][2]
通行台数 非公表
所在地 926-0014
石川県七尾市矢田町
北緯37度1分18.9秒 東経136度59分20.1秒 / 北緯37.021917度 東経136.988917度

七尾城山インターチェンジ(ななおじょうやまインターチェンジ)は、石川県七尾市矢田町にある能越自動車道七尾氷見道路)のインターチェンジである。

概要

元々設置の計画はなかったが、早期開通等を理由に工事用道路を転用して設置された富山方面のみ出入可能のハーフICである[3]。当ICを含む七尾氷見道路の高岡IC以北の全区間は暫定2車線となっている[4]

歴史

道路

接続道路

  • 七尾市道

周辺

E41 能越自動車道七尾氷見道路
(8)七尾大泊IC - (9)七尾城山IC - (10)七尾IC

脚注

  1. ^ a b c d 広報ななお 平成25(2013)年3月号” (PDF). 七尾市企画経営部広報広聴課. p. 24 (2013年3月5日). 2022年9月8日閲覧。
  2. ^ a b c 富山県道路公社設立50周年記念出版 道とともに歩み続けて” (PDF). 富山県道路公社. p. 17 (2021年5月). 2022年9月8日閲覧。
  3. ^ 〜早く・安く・より便利に〜 七尾氷見道路に、七尾東IC(仮称)の設置を決定! (PDF) 国土交通省 北陸地方整備局 金沢河川国道事務所
  4. ^ a b “能越道七尾氷見道路が全線開通”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2015年3月1日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000001136 2022年9月8日閲覧。
  5. ^ 能越自動車道のインターチェンジ名称が決定しました!” (PDF). 国土交通省北陸地方整備局 金沢河川国道事務所 (2012年8月31日). 2021年10月13日閲覧。
  6. ^ 国道470号 能越自動車道 七尾氷見道路七尾城山IC〜七尾大泊IC間 平成25年3月24日(日)に開通 〜 七尾氷見道路の石川県内区間で初の開通!! 〜” (PDF). 国土交通省北陸地方整備局 金沢河川国道事務所 (2013年2月27日). 2013年2月28日閲覧。
  7. ^ a b 北國新聞で見る平成いしかわの30年』北國新聞社、2019年8月5日、421頁。
  8. ^ 国道470号 能越自動車道 七尾氷見道路 2月28日(土)いよいよ全線開通 〜北陸新幹線との相乗効果で能登が近くなります!〜” (PDF). 国土交通省北陸地方整備局 富山河川国道事務所・金沢河川国道事務所 (2015年1月13日). 2021年10月13日閲覧。

関連項目