伊勢佳世

伊勢 佳世(いせ かよ、1981年5月30日 - )は、日本舞台女優身長164cm。神奈川県出身。

吉住モータース所属。[1]

祖父は伊勢長之助、父は伊勢真一[2]

人物

法政大学人間環境学部卒業。在学中に劇団俳優座養成所に入所する。 前川知大主催イキウメの全作品に参加している。[1]

出演

舞台

  • 見よ飛行機の高く飛べるを(世田谷パブリックシアター/作:永井愛 演出:アントワーヌ・コーベ)- 2004年
  • ソウル市民(世田谷パブリックシアター/作:平田オリザ 演出:フレデリック・フェイスバック)- 2005年
  • 湖の秋(作:長谷川孝治 演出:高岸未朝)- 2005年
  • 喝采(地人会/作:クリフォード・オデッツ 演出:木村光一)- 2005年
  • 野火(原作:大岡昇平 脚本・演出:鐘下辰男)- 2006年
  • 美しきものの伝説(作:宮本研 演出:入谷俊一)- 2006年
  • 風薫る日に(作:ふたくちつよし 演出:亀井光子)- 2006年
  • ソウル市民(ランス・アヴィニョン演劇祭/作:平田オリザ 演出:フレデリック・フェイスバック)- 2006年
  • 審判・失踪者(世田谷パブリックシアター/原作:フランツ・カフカ 演出:松本修)- 2007年
  • 死のバリエーション(世田谷パブリックシアター/作:ヨン・フォッセ 演出:アントワーヌ・コーベ)- 2007年
  • イキウメ試演会Ⅱ 煙の先(イキウメ/作:前川知大 演出:イキウメ俳優部)- 2008年
  • 図書館的人生vol.2 盾と矛(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2008年
  • 奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話~(世田谷パブリックシアター/作・演出:前川知大)- 2009年
  • イキウメ短篇集(NHKシアターコレクション’09/作・演出:前川知大)- 2009年
  • 見えざるモノの生き残り(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2009年
  • 二人の高利貸しの21世紀(イキウメふたり会/作:岡田利規 脚色:前川知大)- 2010年
  • プランクトンの踊り場(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2010年
  • 図書館的人生Vol.3 食べもの連鎖(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2010年
  • 芸人交換日記(脚本・演出:鈴木おさむ)- 2011年
  • 散歩する侵略者(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2011年
  • 太陽(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2011年
  • 素晴らしい一日(原作:平安寿子 脚本:ブラジリィー・アン・山田 演出:瀧川英次)- 2012年
  • ミッション(イキウメ/作:前川知大 演出:小川絵梨子)- 2012年
  • 暗いところからやってくる(KAATキッズプログラム2012/作:前川知大 演出:小川絵梨子)- 2012年
  • The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2012年
  • 芸人交換日記〜リーディングシアター〜(脚本:鈴木おさむ 演出:村上大樹)- 2013年
  • テレビのなみだ(作・演出:鈴木おさむ)- 2013年
  • 獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2013年
  • OPUS /作品(新国立劇場/作:マイケル・ホリンガー 演出:小川絵梨子)- 2013年
  • 片鱗(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2013年
  • 関数ドミノ(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2014年
  • 暗いところからやってくる(KAATキッズプログラム2014/作:前川知大 演出:小川絵梨子)- 2014年
  • 新しい祝日(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2015年
  • 聖地X(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2015年
  • マンザナ、わが町(こまつ座/作:井上ひさし 演出:鵜山仁)- 2015年
  • 紙屋町さくらホテル(こまつ座/作:井上ひさし 演出:鵜山仁)- 2016年
  • 太陽(イキウメ/作・演出:前川知大)- 2016年
  • 令嬢ジュリー(シス・カンパニー/作:A・ストリンドベリ 演出:小川絵梨子)- 2017年
  • マリアの首-幻に長崎を想う曲-(かさなる視点-日本戯曲の力-VOL.3/作:田中千禾夫 演出:小川絵梨子)- 2017年
  • CRIMES OF THE HEART -心の罪-(作:ベス・ヘンリー 演出:小川絵梨子)- 2017年
  • アンチゴーヌ(パルコ・プロデュース/作:ジャン・アヌイ 演出:栗山民也)- 2018年
  • 父と暮せば(こまつ座/作:井上ひさし 演出:鵜山仁)- 2018年
  • マンザナ、わが町(こまつ座/作:井上ひさし 演出:鵜山仁)- 2018年
  • かもめ(作:アントン・チェーホフ 演出:鈴木裕美)- 2019年
  • Q:A Night At The Kabuki(NODA・MAP 第23回公演/作・演出:野田秀樹)- 2019年
  • ミセス・クライン(風姿花伝プロデュース/作:ニコラス・ライト 演出:上村聡史)- 2020年
  • ぼくの名前はズッキーニ(原作:ジル・パリス 脚本・演出:ノゾエ征爾)- 2021年
  • 父と暮せば(こまつ座/作:井上ひさし 演出:鵜山仁)- 2021年
  • Le Fils 息子(作:フロリアン・ゼレール 演出:ラディスラス・ショラー)- 2021年
  • ダウト 〜疑いについての寓話(風姿花伝プロデュース/作:ジョン・パトリック・シャンリィ 翻訳・演出:小川絵梨子)- 2021年
  • 腹黒弁天町(パルコ・プロデュース/作:鈴木聡 演出:松村武)- 2022年
  • Q:A Night At The Kabuki(NODA・MAP 第25回公演/作・演出:野田秀樹)- 2022年[3]

映画

テレビドラマ

脚注

  1. ^ a b 伊勢 佳世 プロフィール|吉住モータース”. www.y-motors.net. 2022年5月27日閲覧。
  2. ^ 映画『いまはむかし 父・ジャワ・幻のフィルム』”. 2023年10月28日閲覧。
  3. ^ Q:A Night at the Kabuki | NODA・MAP 第25回公演”. Q:A Night at the Kabuki | NODA・MAP 第25回公演. 2022年5月27日閲覧。
  4. ^ “[https://www.tvlife.jp/drama/545388 シソンヌ・じろうが怨霊に問診する“心霊内科医”役でドラマ初主演『心霊内科医 稲生知性』4夜連続放送 共演に中村鶴松ら 美しい彼2 (2023年2月8日〜3月1日、MBS)-パン姐さん 役]”. TV LIFE web. 2023年3月31日閲覧。
  5. ^ シソンヌ・じろうが事件の“謎”を解決する 心霊ミステリードラマのセカンドシーズンが放送決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年12月8日). 2023年12月8日閲覧。

外部リンク