伊勢原駅

伊勢原駅
IseharaSTN Minami.JPG
南口(2009年6月27日)
いせはら
Isehara
(大山ケーブルカー下車駅)
OH 35 愛甲石田 (3.7 km)
(3.7 km) 鶴巻温泉 OH 37
所在地 神奈川県伊勢原市桜台一丁目1-7
北緯35度23分45.5秒 東経139度18分48.5秒 / 北緯35.395972度 東経139.313472度
駅番号 OH36
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 52.2 km(新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
36,216人/日
-2020年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日

伊勢原駅(いせはらえき)は、神奈川県伊勢原市桜台一丁目にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号はOH 36

歴史

駅構造

島式ホーム2面4線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。トイレ改札を入って左側にあり、オストメイト対応。改札外トイレは、北口階段を降りて正面すぐに公衆トイレが1か所、南口を出て左を曲がり、「いせはらcoma」に併設した形で1か所ある。

エスカレーターは、2008年4月20日より南口・北口両方に整備された。エレベーターは、ホーム - 改札間と改札 - 出入口間をそれぞれ連絡するものが別個に存在し、南口・北口両方に整備された。改札を出て左に生そば箱根がある。

2003年から2004年にかけて改札内のバリアフリー化工事が行われ、多機能トイレやエレベーターが設置され、2008年10月には上りホームに待合室も設置され、2012年にはそれまで3両半 - 6両編成分しかなかったホーム上の屋根が10両編成分まで延長された。しかし、階段や改札口が狭い、駅舎やホームの構造上エスカレーターを設置することが難しい、などの問題点がある。

駅舎は手狭な上、老朽化しているため、市税と国のまちづくり交付金を使って南北自由通路の拡幅やエスカレーターの設置といった改札外のバリアフリー化工事が2009年3月に整備された。この工事の関連で南口ビルに入居していたOdakyu OX伊勢原店を2006年6月より閉店し改築工事を行っていたが、2009年4月17日に小田急マルシェ伊勢原として再オープンした。

なお、小田急電鉄も工事関連資金を拠出するが、駅舎内にある店舗の工事期間における休業補償分であり、改札内や階段の改良工事は白紙である。

1984年1月に貨物の取扱が廃止されるまでは、1番ホームの外側にさらに一本の線路があり、貨物列車の発着に使用されていた。取扱品目はおもに裸麦、精麦等で、有蓋車が使用された。足柄駅とともに小田急電鉄に1980年代まで残った貨物取扱駅であった[3]

かつては、特急ロマンスカーは通常は一切停車しなかったが、毎年12月31日から1月1日にかけて運行される「ニューイヤーエクスプレス」や、大山で行われる祭事・催事、毎年秋に開催される道灌まつりのため、臨時停車することが年数回あった。その後2015年8月28日に、2016年3月から海老名駅と同じく一部のロマンスカーの停車駅となることが発表され[1]、同年3月26日より停車開始した。

のりば


伊勢原駅
配線図
愛甲石田駅
4 3 2 1


STRg STRf
KRWgl KRWg+r
KRW+l KRWgr KRWgl KRW+r
STR+BSl STR+BSr STR KRWgl KRW+r
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR
KRWl KRWg+r STR+BSl STR+BSr ENDE@F
STR KRWg+l KRWr
STRg STRf

鶴巻温泉駅

ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 OH 小田原線 下り 小田原箱根湯本方面
3・4 上り 相模大野新宿Logo of Tokyo Metro Chiyoda Line.svg 千代田線方面 当駅始発は1番ホーム
  • 内側2線(2・3番ホーム)が主本線、外側2線(1・4番ホーム)が待避線である。一部の快速急行・急行・各駅停車は当駅で特急ロマンスカーの通過待ちを行う。
  • 1・2番ホームは新宿方にも出発信号機があり、渡り線(下り本線→上り本線)とともに当駅折り返し電車に使用される。
  • 本厚木駅止まりの列車が当駅まで回送され、1番ホームで折り返す場合もある。(逆に回送として海老名駅方向から回送されて当駅1番ホームで折り返し、本厚木駅に向けて回送してから定期列車へ入るパターンもある。)
  • 2018年3月17日ダイヤ改正より、千代田線からの直通運転区間が本厚木駅から当駅まで延長されたが、この時点では本厚木駅 - 当駅間は平日夜下りのみ運行であり、上りの千代田線直通電車は設定されていなかった。2019年3月16日改正より、平日朝に当駅始発の千代田線直通電車(通勤準急)が設定された。
  • 夕方以降、代々木上原駅方向から当駅止まりの列車が当駅始発の各駅停車小田原行きに接続する運転がある。なお当駅始発の各駅停車小田原駅行きは、海老名駅方向から回送され当駅から営業運転に入る。
  • 2011年春、隣駅の愛甲石田駅とともに行先案内表示器が設置された[4]。さらに、2012・2013年度には、各ホームの上屋(屋根)増設工事を実施した[5]

利用状況

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員36,216人であり[6]、小田急線全70駅中22位。接続する大都市の中心駅から50 km以上離れた大手私鉄の駅の中では最多の人数である[7]

近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[8]
年度 1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
出典
1982年(昭和57年) 41,549
1995年(平成07年) 28,536 [* 1]
1998年(平成10年) 27,078 [* 2]
1999年(平成11年) 26,504 [* 3]
2000年(平成12年) 26,036 [* 3]
2001年(平成13年) 26,021 [* 4]
2002年(平成14年) 50,805 25,627 [* 5]
2003年(平成15年) 50,812 25,516 [* 6]
2004年(平成16年) 50,091 25,415 [* 7]
2005年(平成17年) 50,170 25,404 [* 8]
2006年(平成18年) 50,186 25,393 [* 9]
2007年(平成19年) 50,627 25,618 [* 10]
2008年(平成20年) 50,564 25,510 [* 11]
2009年(平成21年) 49,957 25,139 [* 12]
2010年(平成22年) 49,703 24,954 [* 13]
2011年(平成23年) 49,358 24,782 [* 14]
2012年(平成24年) 50,394 25,298 [* 15]
2013年(平成25年) 51,895 26,035 [* 16]
2014年(平成26年) 51,041 25,564 [* 17]
2015年(平成27年) 51,733 25,893 [* 18]
2016年(平成28年) 51,909 25,966 [* 19]
2017年(平成29年) 52,516 26,269 [* 20]
2018年(平成30年) 52,773 26,391 [* 21]
2019年(令和元年) 51,705 25,853 [* 22]
2020年(令和02年) 36,216

駅周辺

平日の朝夕は通勤・通学客、平日の日中と週末は買物客で賑わう典型的な大都市郊外の駅だが、大山への入口に当たる北口では、春から秋にかけて休日を中心に登山客やハイキング客で賑わう。北口の目の前には大山阿夫利神社鳥居があるが、こちらへ行くには北口から出ている大山ケーブル行バスと大山ケーブルカーを乗り継ぎ、下社まで約1時間半、本社までは約3時間かかる。

北口駅前は1980年代から再開発構想があり、再開発事業は2004年3月に中止されたが、後継事業として交通基盤整備のための沿道整備街路事業の計画が上がっている[11]。その影響で建物の改築・新築に手を出せない状況が長年続いているため、周辺のビル・建物が老朽化している。

北口

南口

当駅よりバス利用

当駅よりバスとケーブルカー利用

バス路線

北口、南口それぞれに発着がある。すべて神奈川中央交通西により運行されている。

伊勢原駅南口

1番乗り場
2番乗り場
3番乗り場
4番乗り場

伊勢原駅北口

1番乗り場
2番乗り場
  • 伊74系統 - 東海大学病院経由愛甲石田駅行
3番乗り場
4番乗り場
5番乗り場

駅名の由来

駅所在地の地名である「伊勢原」から。「伊勢原」という地名は「伊勢国」の出身の人がこの地を開拓したということからその名が付いた。

隣の駅

小田急電鉄
OH 小田原線
快速急行・急行・各駅停車
愛甲石田駅 (OH 35) - 伊勢原駅 (OH 36) - 鶴巻温泉駅 (OH 37)
通勤準急(平日朝上りのみ)
愛甲石田駅 (OH 35) ← 伊勢原駅 (OH 36)
準急(平日夜下りのみ)
愛甲石田駅 (OH 35) → 伊勢原駅 (OH 36)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “特急ロマンスカーの海老名駅、伊勢原駅への停車について” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2015年8月28日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8315_0166824_.pdf 2015年9月2日閲覧。 
  2. ^ a b “2018年3月、新ダイヤでの運行開始” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2017年11月1日), https://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000005s29-att/o5oaa10000005s2g.pdf 2018年3月17日閲覧。 
  3. ^ 生方良雄諸河久 『カラーブックス530 日本の私鉄5 小田急』 保育社、1981年、p.85
  4. ^ 2010年度の鉄道事業設備投資計画 (2).行先案内表示装置の新設 (PDF)”. 小田急電鉄. 2010年6月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月10日閲覧。
  5. ^ “2012年度の鉄道事業設備投資計画 輸送サービスの向上に291億円” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2012年4月27日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7093_4803266_.pdf 2012年4月27日閲覧。 
  6. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
  7. ^ 東武鉄道はそれぞれ北千住駅・池袋駅・大宮駅、西武鉄道はそれぞれ池袋駅・西武新宿駅、東急はそれぞれ渋谷駅・横浜駅、京浜急行本線は品川駅・横浜駅、名古屋鉄道はそれぞれ名鉄名古屋駅・栄町駅、近畿日本鉄道はそれぞれ大阪難波駅・京都駅・近鉄名古屋駅。
  8. ^ 統計いせはら - 伊勢原市
  9. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  10. ^ 神奈川県県勢要覧
  11. ^ 伊勢原駅北口再開発事業、伊勢原駅北口整備事業 - 伊勢原市(2007年5月1日公開、2015年8月30日閲覧)

出典

神奈川県県勢要覧
  1. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移 (PDF) - 21ページ
  2. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)- 223ページ
  3. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度) (PDF) - 225ページ
  4. ^ 神奈川県県勢要覧(平成14年度) (PDF) - 223ページ
  5. ^ 神奈川県県勢要覧(平成15年度) (PDF) - 223ページ
  6. ^ 神奈川県県勢要覧(平成16年度) (PDF) - 223ページ
  7. ^ 神奈川県県勢要覧(平成17年度) (PDF) - 225ページ
  8. ^ 神奈川県県勢要覧(平成18年度) (PDF) - 225ページ
  9. ^ 神奈川県県勢要覧(平成19年度) (PDF) - 227ページ
  10. ^ 神奈川県県勢要覧(平成20年度) (PDF) - 231ページ
  11. ^ 神奈川県県勢要覧(平成21年度) (PDF) - 241ページ
  12. ^ 神奈川県県勢要覧(平成22年度) (PDF) - 239ページ
  13. ^ 神奈川県県勢要覧(平成23年度) (PDF) - 239ページ
  14. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度) (PDF) - 235ページ
  15. ^ 神奈川県県勢要覧(平成25年度) (PDF) - 237ページ
  16. ^ 神奈川県県勢要覧(平成26年度) (PDF) - 239ページ
  17. ^ 神奈川県県勢要覧(平成27年度) (PDF) - 239ページ
  18. ^ 神奈川県県勢要覧(平成28年度) (PDF) - 247ページ
  19. ^ 神奈川県県勢要覧(平成29年度) (PDF) - 239ページ
  20. ^ 神奈川県県勢要覧(平成30年度) (PDF) - 223ページ
  21. ^ 神奈川県県勢要覧(令和元年度) (PDF) - 223ページ
  22. ^ 神奈川県県勢要覧(令和2年度) (PDF) - 223ページ

関連項目

外部リンク

#