助川徳是

助川 徳是(すけがわ のりよし、1933年2月21日 - 2016年6月19日)は、日本近代文学研究者、名古屋大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学[1]学習院高等科教諭、1967年福岡女子大学助教授、名古屋大学教養部教授、情報文化学部教授。1996年定年退官、名誉教授。魚住折蘆の研究などに業績がある。

2016年6月19日、間質性肺炎のため中日病院で死去[1]。83歳没。

著書

  • 『九州・沖縄』学燈社(文学と史蹟の旅路) 1978
  • 『東海の文学散歩 郷土作家の足跡を求めて』中日新聞本社 1981
  • 漱石と明治文学』桜楓社 1983
  • 啄木と折蘆 「時代閉塞の現状」をめぐって』洋々社 1983
  • 野上弥生子と大正期教養派』桜楓社 1984

論文

  • 助川徳是「安倍能成年譜」『香椎潟』第14巻、福岡女子大学、1968年8月、 60-70頁、 ISSN 02874113 NAID 110004671845
  • 助川徳是「啄木文学の原風景」『名古屋近代文学研究』第15号、名古屋近代文学研究会、1997年12月、 81-88頁、 ISSN 02890658 NAID 40004471278
  • 助川徳是「夏目漱石と日露戦争・序説」『香椎潟』第19巻、福岡女子大学、1973年10月、 67-78頁、 ISSN 02874113 NAID 110004679840
  • 助川徳是「啄木と折芦」『文芸と思想』第32号、福岡女子大学文学部、1968年11月、 1-30頁、 ISSN 05217873 NAID 110000211978
  • 助川徳是「荷風の「江戸」ノート」『文芸と思想』第36号、福岡女子大学文学部、1972年2月、 1-9頁、 ISSN 05217873 NAID 110000212001
  • 助川徳是「朝日文芸欄の一面」『文芸と思想』第31号、福岡女子大学文学部、1968年2月、 1-14頁、 ISSN 05217873 NAID 110000211969
  • 助川徳是「「漱石と白樺派」西垣勤」『国語と国文学』第68巻第4号、至文堂、1991年4月、 p64-69、 ISSN 03873110 NAID 40001296897
  • 助川徳是「荷風の習作」『研究紀要学習院高等科』第3号、学習院大学、1967年9月、 123-113頁、 NAID 110007818187

脚注

  1. ^ a b 【ウェブ便り12号】各種講演会等告知・報告 あいち文学ブログ(あいちウェブ文学館ブログ)

参考

  • 文藝年鑑2007
  • 助川徳是「書韻の人」『香椎潟』第37巻、福岡女子大学、1992年3月、 95-96頁、 ISSN 02874113 NAID 110004679913


#