原卓也

原 卓也(はら たくや、1930年7月3日 - 2004年10月26日)は、ロシア文学者東京外国語大学名誉教授。

ロシヤ文学者原久一郎の子として東京に生まれる。 東京都立北園高等学校を経て、1953年東京外国語大学ロシヤ語卒業、文筆活動に入る。 1966年、東京外国語大学助教授、1973年教授。1989年から1995年まで学長を務めた。 1993年、日本ロシア文学会会長。1995年、ポーランド政府よりコマンドル功労十字勲章を授与される。

著作

単著

編著

共編著

訳書

  • 『人の血は水ならず』(ステリマフ(Mykhailo Panasovych Stel'makh)、文藝春秋新社) 1961年
  • 『狩場の悲劇』(チェホフ、東都書房、世界推理小説大系05) 1963年。他に「チェーホフ全集」
  • 戦争と平和』(レフ・トルストイ、集英社、世界の名作) 1963年
  • 『戦争と平和』(中央公論社、新集 世界の文学17・18・19) 1968年。完訳版
  • 改訳『暗い並木道 イワン・ブーニン短編集』(サンマーク) 1998年
  • カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー、新潮世界文学) 1971年。のち新潮文庫
  • クロイツェル・ソナタ / 悪魔』(レフ・トルストイ、新潮世界文学) 1971年。のち新潮文庫
  • 『新潮世界文学16』(レフ・トルストイ、新潮社) 1971年。のち各・新潮文庫
    「幼年時代」原卓也訳
    「少年時代」原卓也訳
    「青年時代」原卓也訳
    「十二月のセワストーポリ」工藤精一郎訳
    「五月のセワストーポリ」工藤精一郎訳
    「一八五五年八月のセワストーポリ」工藤精一郎訳
    「吹雪」工藤精一郎訳
    「地主の朝」工藤精一郎訳
    「家庭の幸福」工藤精一郎訳
  • 人生論』(レフ・トルストイ、新潮文庫)1975年
  • 『サハロフは発言する』(アンドレイ・サハロフ、新潮社)1975年
  • 『自伝 仔牛が樫の木に角突いた』(アレクサンドル・ソルジェニーツィン染谷茂共訳、新潮社) 1976年
  • 罪と罰』(ドストエフスキー、世界文化社、世界の文学)1978年
  • 『イワン・イリーチの死 / 神父セールギイ』(トルストイ、主婦の友社、キリスト教文学の世界) 1978年
  • 『地下室の手記 / 賭博者 他』(ドストエフスキー、新潮社、ドストエフスキー全集6) 1978年
    「冬に記す夏の印象」小泉猛訳
    地下室の手記」江川卓訳。他に新潮文庫
    「鰐」原卓也訳
    賭博者」原卓也訳。他に新潮文庫
  • 『ロシア・ジョーク集』(編著、実業之日本社) 1978年
  • 『霧の中』(レオニード・アンドレーエフ、集英社、世界文学全集) 1979年
  • 『書簡(Ⅰ) 父母兄弟への手紙』(ドストエフスキー、共訳、新潮社、ドストエフスキー全集20) 1979年
  • 『書簡(Ⅱ) シベリア時代と女』(ドストエフスキー、共訳、新潮社、ドストエフスキー全集21) 1979年
  • 『評論(Ⅰ) 裁判記録、ロシア文学論』(ドストエフスキー、共訳、新潮社、ドストエフスキー全集24) 1979年
  • 『評論(Ⅱ) 政治論、土壌主義宣言』(ドストエフスキー、共訳、新潮社、ドストエフスキー全集25) 1979年
  • 『鼻 / 外套』(ニコライ・ゴーゴリ、集英社、世界文学全集) 1980年
  • 『生きよ、そして記憶せよ』(ヴァレンチン・ラスプーチン、安岡治子共訳、講談社) 1980年
  • 『ドストエフスキーの一日 ルーレテンブルグ』(レオニード・グロスマン、講談社) 1981年
  • 『消えたクレムリン記者 赤い麻薬組織の罠』(エドゥアルド・トーポリ、フリードリヒ・ニェズナンスキイ、中央公論社) 1983年
  • 『赤の広場 ブレジネフ最後の賭け』(トーポリ/ニェズナンスキイ、中央公論社) 1983年
  • 『「ファウスト」作戦 書記長暗殺計画』(フリードリヒ・ニェズナンスキイ、中央公論社) 1987年
  • 『隊長ブーリバ』(ニコライ・ゴーゴリ、第三文明社) 1988年。児童向け
  • 『プラトーノフ作品集』(アンドレイ・プラトーノフ、岩波文庫) 1992年

#