和希そら

和希 そら(かずき そら、10月5日 - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。雪組3番手スター。

岡山県岡山市[3][4]市立旭東中学校出身[3]。身長168cm[5][4]。血液型B型[6]。愛称は「そら」、「そーちゃん」[3]

来歴

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として次席入団[7][8]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[7][9]。その後、宙組に配属[7][1]

2014年の「ベルサイユのばら」で新人公演初主演[9][10]。男装の麗人オスカルを演じる[9]

2016年の「エリザベート」新人公演で、狂言回しとなる大役ルキーニ(本役:愛月ひかる)に抜擢[10][9]

2018年のショー「ハッスル メイツ!」でバウホール公演初主演[11][10]

2021年の「夢千鳥」で2度目のバウホール公演主演[12][1]新型コロナウイルスの影響により、僅か4日で公演終了となる[13]。同年12月10日付で雪組へと組替え[5][8]

2022年の「心中・恋の大和路」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[13][8]

2023年の「双曲線上のカルテ」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演[14][15]

歌・ダンス・芝居と三拍子揃った技量で活躍したが、2024年2月11日、「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル/FROZEN HOLIDAY」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団することが発表された[4][16]

人物

宝塚初観劇は、雪組公演「霧のミラノ/ワンダーランド」[6]

学生時代は帰宅部で、毎日ダンスのレッスンに通っていた[6]

尊敬する恩師の勧めで宝塚の舞台を観て衝撃を受け、自分もこの舞台で踊りたいと、音楽学校受験を決意した[6]

憧れの上級生は礼真琴[6]

特技は目薬を差すこと[3]

主な舞台

初舞台

宙組時代

雪組時代

  • 2022年3 - 6月、『夢介千両みやげ』 - 三太『Sensational!』[2]
  • 2022年7 - 8月、『心中・恋の大和路』(ドラマシティ・日本青年館) - 亀屋忠兵衛 東上初主演[13][8]
  • 2022年10 - 12月、『蒼穹の昴』 - 順桂[3]
  • 2023年2 - 3月、『BONNIE & CLYDE』(御園座) - バック・バロウ[3]
  • 2023年4 - 7月、『Lilac(ライラック)の夢路』 - ゲオルグ『ジュエル・ド・パリ!!』[17]
  • 2023年8 - 9月、『双曲線上のカルテ』(ドラマシティ・日本青年館) - フェルナンド・デ・ロッシ 東上主演[14][15]
  • 2023年12 - 2024年2月、『ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル』 - ハーバート・グリーンハウ・スミス『FROZEN HOLIDAY(フローズン・ホリデイ)』 退団公演[4][16]

出演イベント

  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』[18]
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー『Heroe』[19]
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年3月、実咲凜音ミュージック・サロン『Million Carat!!』[20]
  • 2017年9 - 10月、朝夏まなとディナーショー『LAST EYES!!』[21]
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2022年11月、朝月希和ミュージック・サロン『La Lumière〜朝の月のように〜』[22]
  • 2023年12月、和希そらディナーショー『Vie.』 主演

TV出演

受賞歴

脚注

出典

  1. ^ a b c d e f g 宙組・和希そら 3年ぶり主演作 竹久夢二を奔放に、繊細に - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年9月26日閲覧。
  2. ^ a b 宝塚雪組公演千秋楽にトップスター・彩風咲奈「次は花のお江戸で人生修業」 東京公演へあいさつ”. スポーツ報知 (2022年4月18日). 2023年9月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f <華宝塚>人物表現する力磨く 雪組・和希そら:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2023年9月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 宝塚歌劇雪組・和希そらが来年2月に退団…三拍子そろう3番手スター スポーツ報知。
  5. ^ a b c d e 宝塚歌劇宙組一筋のスター・和希そらが12月10日付で雪組に組み替え”. スポーツ報知 (2021年7月27日). 2023年9月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2013年5月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、102頁。
  7. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 122.
  8. ^ a b c d INC, SANKEI DIGITAL (2022年7月20日). “宝塚雪組男役和希そら東上初主演「心中・恋の大和路」が開幕”. サンスポ. 2023年9月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 和希そら、初主演作「ハッスル メイツ!」2日開幕 “宙組魂”発する”. スポーツ報知 (2018年7月28日). 2023年9月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 宙組20周年、記念イヤーに輝く“男”/和希そら - 宝塚 ~ 朗らかに - 芸能コラム : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年9月26日閲覧。
  11. ^ a b 宙組・和希そら バウ初主演作“快幕”「『そーらーパワー』感じて!」”. スポーツ報知 (2018年8月2日). 2023年9月26日閲覧。
  12. ^ a b c 宝塚宙組・和希そら主演「夢千鳥」骨太愛憎劇を好演/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年9月26日). 2023年9月26日閲覧。
  13. ^ a b c d 宝塚 雪組スター和希そら主演 日本物の名作「心中・恋の大和路」開幕/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年9月26日). 2023年9月26日閲覧。
  14. ^ a b 宝塚歌劇雪組・和希そらが「双曲線上のカルテ」で懸命な医師を好演 同僚役・縣千は休演”. スポーツ報知 (2023年8月28日). 2023年9月26日閲覧。
  15. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2023年8月28日). “和希そらが熱演「双曲線上のカルテ」開幕 宝塚歌劇団雪組”. サンスポ. 2023年9月26日閲覧。
  16. ^ a b 【宝塚】本拠地・宝塚大劇場2カ月ぶり再開 雪組公演3週間遅れで開幕 日刊スポーツ。
  17. ^ 【宝塚】雪組彩風咲奈、夢白あやとの新コンビ本拠お披露目開幕 夢追う作品に109期初舞台生も 日刊スポーツ。
  18. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2023年9月26日閲覧。
  19. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2023年9月26日閲覧。
  20. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2023年9月26日閲覧。
  21. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2023年9月26日閲覧。
  22. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2023年9月26日閲覧。
  23. ^ 『2018年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、87頁。ISBN 978-4-86649-090-8
  24. ^ 『2021年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、85頁。ISBN 978-4-86649-190-5

参考文献

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。 ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。 ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク