奈良連隊区

奈良連隊区(なられんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。奈良県全域の徴兵召集兵事事務を取り扱った。実務は奈良連隊区司令部が執行した。1945年(昭和20年)、同域に奈良地区司令部が設けられ、地域防衛体制を担任した。

沿革

日本陸軍の内地19個師団体制に対応するため陸軍管区表が改正(明治40年9月17日軍令陸第3号)となり[1]1907年(明治40年)10月1日、奈良連隊区が創設され、第16師管第19旅管に属した。管轄区域は京都連隊区から奈良市添上郡生駒郡磯城郡宇陀郡山辺郡北葛城郡高市郡南葛城郡を、和歌山連隊区から吉野郡宇智郡を編入して奈良県全域となり、その廃止まで変更がなかった。

1925年(大正14年)4月6日、日本陸軍の第三次軍備整理に伴い陸軍管区表が改正(大正14年軍令陸第2号)され[2]、同年5月1日、旅管は廃され引き続き第16師管の所属となった。

1940年(昭和15年)8月1日、奈良連隊区は中部軍管区京都師管に属することとなった[3]1941年(昭和16年)4月1日、奈良連隊区は、中部軍管区大阪師管に移管された[4]

1945年には作戦と軍政の分離が進められ、軍管区師管区に司令部が設けられたのに伴い、同年3月24日、連隊区の同域に地区司令部が設けられた[5]。地区司令部の司令官以下要員は連隊区司令部人員の兼任である。同年4月1日、大阪師管は大阪師管区と改称された[6]

司令官

  • 三好平二郎 歩兵少佐:1907年10月3日 - 1908年6月6日
  • 寺田隆 歩兵少佐:1908年6月6日 - 1912年3月8日
  • 早川新太郎 歩兵中佐:1912年3月8日 - 1913年1月15日
  • 津野田是重 歩兵中佐:1913年1月15日 - 1915年8月10日
  • 田原小三郎 歩兵大佐:1915年8月10日 - 1916年1月21日
  • 吉原岩吉 歩兵中佐:1916年1月21日 -
  • 高園竹一 歩兵大佐:不詳 - 1923年8月6日[7]
  • 渋谷寿一 歩兵大佐:1923年8月6日[7] -
  • 石黒岩太 大佐:1943年1月18日[8] - 1945年2月12日
  • 森田春次 大佐:1945年2月12日[9] - 1945年3月31日
奈良連隊区兼奈良地区司令官
  • 森本伊市郎 予備役陸軍少将:1945年3月31日[10] -

脚注

  1. ^ 『陸軍軍戦備』57-58頁。
  2. ^ 『陸軍軍戦備』101頁。
  3. ^ 陸軍管区表(昭和15年7月24日軍令陸第20号)
  4. ^ 陸軍管区表(昭和15年8月21日軍令陸第23号)
  5. ^ 『陸軍軍戦備』480頁。
  6. ^ 陸軍管区表(昭和20年2月9日軍令陸第2号)
  7. ^ a b 『官報』第3306号、大正12年8月7日。
  8. ^ 外山 1981, 343頁.
  9. ^ 外山 1981, 365頁.
  10. ^ 第74号 昭和20年3月31日 陸軍異動通報」 アジア歴史資料センター Ref.C12120937900 

参考文献

  • 防衛研修所戦史室『陸軍軍戦備』朝雲新聞社戦史叢書〉、1979年。
  • 官報
  • 外山操 編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。 ISBN 4829500026