宇宙論の年表

現代宇宙論
Planck satellite cmb.jpg


宇宙
ビッグバンブラックホール
宇宙の年齢
宇宙の年表

宇宙論の年表

1900年から1949年まで

1950年から1999年まで

2000年以降

  • 2002年 - チリのw:Cosmic Background Imager(CBI)が高解像度の宇宙マイクロ放射線像を得た。
  • 2003年 - NASAWMAPが宇宙マイクロ波放射線について全天について詳細な図を得た。画像は宇宙が一パーセントの誤差で137億年であることを示していた。これは宇宙論パラメータの理論とインフレーション理論を裏付けた。
  • 2003年 - スローン・グレートウォールが見つかる。
  • 2004年 - w:Cosmic Background Imager(CBI)が宇宙マイクロ波放射線のEモード偏極のスペクトルを得る。
  • 2006年 - 3年を経てWMAPの結果が公表された。それは解析による結果から、いくつかの点を修正し、また偏極の情報も含んでいる。

参考文献

関連項目

#