徳永晴美

徳永 晴美(とくなが はるみ、1947年 - )は、ロシア語通訳者で、元上智大学外国語学部教授である。朝日新聞客員。横浜ロシア語センター講師。

人物

1947年北九州市出身。1965年福岡県立戸畑高等学校を卒業後、ソビエト連邦首都モスクワに留学。

1970年6月、ソ連国内大学対象ロシア語国家試験A合格。ソビエト連邦モスクワルムンバ大学を修士号(MA)取得卒業。帰国後、同年9月より、1978年7月まで、ソ連の新聞『トルード』(Труд)東京支局長補佐として勤務。1977年夏期,モスクワ大学のロシア語教授法研究コースに短期留学。1978年8月から1980年5月まで、フリーの日露会議同時通訳者として活動。

1980年5月から、1987年3月まで、ノーボスチ通信社東京支局に勤務。1987年4月から、1990年9月まで、同時通訳者として活動しつつ、1983年から1992年まで、NHK教育テレビのロシア語講師を務める。この間、1980年8月創設の日本ロシア語通訳協会の初代会長に就任、同氏の「弟子」で後のエッセイスト米原万里が初代事務局長。1988年から1990年まで、通訳ガイド国家試験・ロシア語試験委員会主任を務める。

ゴルバチョフ・ソ連大統領、エリツィン・初代ロシア大統領、ノーベル賞受賞者サハロフ博士など多くの要人通訳を担当。

1990年10月,朝日新聞東京本社外報部次長職記者として入社、1992年5月から1995年9月末まで朝日新聞モスクワ支局次長。ボスニア,カラバフ,チェチェンなど旧ソ連圏の戦場ルポを執筆。帰国後2002年3月まで、朝日新聞東京本社の総合研究センター主任研究員。

2002年4月から2012年3月まで上智大学外国語学部ロシア語学科教授。2002年4月から8月まで在日ロシア大使館・日露通訳特別研修コース(日本人初の)主任講師。2012年5月から2014年12月まで日本国外務省研修所講師(非常勤)を務める。2018年10月から2019年3月までNHKラジオ「まいにちロシア語 応用編」講師。

2020年6月,故米原万里とともに日本会議通訳者協会(JACI)特別功労賞受賞。

著書:『実務のロシア語Ⅰ・Ⅱ』(アーバンプロ出版、2014)、『ロシア・CIS南部の動乱―岐路に立つプーチン政権の試練』(清水弘文堂書房、2003)、『ロシア語通訳コミュニケーション教本』(ナウカ、2001)。他に『日常ロシア語会話ネイティブ表現』(監修・語研、2015)、『ロシア語会話とっさのひとこと』(総監修・DHC出版2003)、『ロシア語版 日本案内』(菊次厚子と総監修・ロシア語通訳協会1999)、『ロシア語通訳読本』(宇多文雄と共著・日本放送出版協会1978)など。

著作

  • ロシア語通訳コミュニケーション教本―会話からスピーチ・交渉へ 2001年5月 ナウカ ISBN 978-4888460477
  • ロシア・CIS南部の動乱―岐路に立つプーチン政権の試練 2003年3月 清水弘文堂書房 ISBN 978-4879505613
  • 実務のロシア語 Ⅰ 2014年4月 アーバンプロ出版 ISBN 978-4-89981-241-8
  • 実務のロシア語 Ⅱ 2014年7月 アーバンプロ出版 ISBN 978-4-89981-242-5
  • 日常ロシア語会話ネイティブ表現(監修) 2015年12月 語研  ISBN 978-4-87615-306-0 C0087

外部リンク

#