日朝関係

日朝関係
JapanとNorth Koreaの位置を示した地図

日本

北朝鮮

日朝関係朝鮮語: 조일 관계)は、日本朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間の二国間関係を指す。日本と北朝鮮の外交関係は正式には確立されていないが、誘拐された日本人の問題と北朝鮮の核計画について話し合うために両国政府の間で外交交渉が行われている。両国の関係はひどく緊張しており、緊張と敵意によって特徴付けられている。2014年のBBCワールドサービスの世論調査によると、日本人の91%が北朝鮮の影響を否定的に見ており、わずか1%が肯定的な見方を示している。世界で最も否定的な北朝鮮の認識である。

歴史

1945年以前の歴史については、日朝関係史を参照。

北朝鮮国家の布告後の最初の数年間、平壌と東京の間の関係はほとんど敵対的であり、事実上存在していなかった。1949年から1950年にかけて、北朝鮮の指導部は、日本と李承晩政権との間の経済的および政治的交渉を激しく非難した[2]。しかし、その後、北朝鮮は李承晩ラインをめぐって日本と韓国の間で勃発した紛争を利用しようとした。ソビエト連邦や他の共産主義国との和解を目指した鳩山一郎首相のイニシアチブに応えて、1955年2月、北朝鮮のナムイル外相は、日本との経済的および文化的協力を求める声明を発表した。1955年から1964年にかけて、北朝鮮が日本に対して協力的な姿勢をとることによって日韓の和解を阻止しようとしたことと、北朝鮮がソビエト連邦への経済的依存を減らしようとしたこともあり、日朝の経済関係は徐々に拡大した[3]

1955年、北朝鮮は在日本朝鮮人総聯合会の設立を支援した。朝鮮総連は、朝鮮民主主義人民共和国と同一視し、在日朝鮮人の事実上の大使館として機能する在日コリアンの擁護団体として機能している。1959年の赤十字協定締結後、日本から北朝鮮への韓国人住民の自発的帰国はゆっくりとスムーズに進んだ。1960年後半までに、推定60万人の韓国人住民のうち約5万人がチャーターされたソビエト船に乗って北朝鮮に到着した。本国送還プログラムは、1960年10月にさらに1年間延長され、まだ本国送還を希望している推定60,000人に対応した。

1965年、北朝鮮政府は日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約を鋭く批判した。佐藤栄作首相の下で日韓関係は悪化したが、1971年から1972年にかけて、日中和解の過程で日朝は朝鮮民主主義人民共和国との経済協力を拡大するようになった。田中角栄首相の下で、日本政府は北朝鮮と韓国に対して等距離政策を採用し、文世光事件の際に平壌に対してソウルの側に立つことを拒否した。 それにもかかわらず、北朝鮮との外交関係の確立は依然として控えている。三木武夫と彼の後継者の下で、日本は明らかに北朝鮮よりも韓国を支持する政策に戻った。福田赳夫日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約を締結し、1983年中曽根康弘が韓国を訪問したとき、北朝鮮の指導者はますます孤立していると感じた。リアンコートロックス紛争の問題を提起することで不満を表明した[4]

1980年代後半まで、北朝鮮の対日政策は、主に韓国と日本の協力を最小限に抑え、日本とのより緊密な外交的および商業的関係を目指しながら、日本の再軍備を阻止することを目的としていた。この政策にとって重要なのは、特に日本の共産党と社会党を支持した日本人と日本の韓国人住民の間で、北朝鮮への支持を日本国内で促進することだった[5]

しかし、何年にもわたって、北朝鮮は日本の多くの潜在的な支持者の目には信用を傷つけるために多くのことをした。配偶者を北朝鮮に連れて行った日本人は、厳しい苦難に耐え、日本の親戚や友人とのコミュニケーションを妨げられていた。北朝鮮が日本赤軍の要素に安全な避難所を与えたので、日本は軽蔑して見守っていました。そして、それは日本がテロリストグループとして指定する。北朝鮮が日本の貿易業者に債務を支払うことができない、または拒否したことも、北朝鮮に対する日本の人気のある軽蔑を強めた[5]

日朝関係は1980年代後半にさらに敵対的になった。 両国政府は外交関係を維持せず、実質的な接触もありませんでした。それにもかかわらず、野党の日本社会党は北朝鮮政権と心のこもった関係を持っていた。 日本は非公式の経路を通じてのみ北朝鮮との貿易を許可し、1980年代には年間2億米ドルを超えたと報告されている[6]

緊張を引き起こした日韓関係の問題には、日本に対する北朝鮮のメディア攻撃、1980年代の韓国に対するテロ行為に対する北朝鮮への経済制裁の賦課、および約5000万ドルの日本企業に対する北朝鮮の未払い債務が含まれた[6]

2017年の時点で、日朝関係は北朝鮮に続いて史上最低であり、2回の別々の機会に、核対応弾道ミサイルを日本の海域に試験発射した[7][8]

正規化交渉

1990年代初頭、日本は北朝鮮との間で、韓国との関係を維持しながら外交関係を確立することを目的とした長期にわたる交渉を行った[6]。1990年9月、自民党の金丸信前副首相率いる日本の政治代表団が北朝鮮を訪問した。カネマルと北朝鮮の指導者である金日成との個人的な会談の後、9月28日に発表された共同宣言は、日本が植民地支配の期間について北朝鮮に謝罪し、補償することを求めた。日本と北朝鮮は、外交関係の樹立を目的とした協議を開始することに合意した。

1991年1月、日本は、朝鮮半島の1910-45年の植民地支配について正式な謝罪をもって北朝鮮との正常化交渉を開始した。交渉は、北朝鮮と韓国による国連への同時加盟の提案に対する日本の支持によって支援された。しかし、北朝鮮の核施設の国際査察と日本の補償の性質と金額の問題は、交渉がより困難であることが判明した[6]

中国ロシアとの関係の変化パターンと一致して、北朝鮮は日本との緊張した関係を改善するために動いた。北朝鮮の主な動機は、食糧、エネルギー、ハードカレンシーの深刻な不足を引き起こしている外交的および経済的孤立からの救済の探求であるように思われる。 日本との関係の正常化はまた、日本が韓国との関係を正常化したときに設定された前例である日本の植民地支配の期間(1910年から45年)に北朝鮮が金銭的補償を得る可能性を高める[5]

正規化交渉の最初のラウンドは1991年1月30日から31日まで開催されましたが、補償の問題はすぐに決裂した。北朝鮮は、植民地支配の間に被った損害と第二次世界大戦後の「苦しみと損失」の補償を要求した。しかし、日本は、北朝鮮が二国間核査察の問題について韓国との違いを最初に解決することを主張している。他の論点は、1960年代に韓国人の配偶者と一緒に北朝鮮に移住した日本人に関する情報を提供することを北朝鮮が拒否したことと[5]第二次世界大戦中にソビエトに捕らえられて北朝鮮に送られた日本兵の問題である[9][10]

拉致問題

北朝鮮政府の工作員による日本からの日本人の拉致は、1977年から1983年までの6年間に発生した。北朝鮮は長年にわたって拉致を否定したが、2002年には13人を認めた。日本に住む韓国人のウンヒは、北朝鮮に誘拐され、スパイ活動の学校で日本人を教えた[5]。2002年と2004年に、小泉純一郎首相は平壌を2回訪問し、彼らの帰還を求めた。北朝鮮は最終的に誘拐された13人のうち5人を返還し、残りの8人が死亡したと主張した[11][12][13]横田めぐみが13歳で誘拐され、北朝鮮が自殺したと言った横田めぐみの遺体がDNA検査で証明されたと日本が主張したとき、関係へのプラスの効果は崩壊した[14]。日本は北朝鮮に拉致を一掃するよう圧力をかけたが、北朝鮮は問題はすでに解決されていると主張している。

多くの北朝鮮市民は、日本の親戚から送金されたお金に依存している。日本の一部は、政府が北朝鮮に譲歩を強いるためにそれらの送金を断ち切ると脅迫すべきだと信じている。 他の人々は、日本の政治的権利がそれと他の問題を利用して、それ自身のナショナリストの議題を前進させていると信じている[15]

アメリカ合衆国ドナルド・トランプ安倍晋三の要請で金正恩との会談でこの問題を提起し、「これから取り組む」と述べた。それ以上の詳細は与えられなかった[16]

その他の活動

麻薬密輸、海上密猟、スパイなどの拉致以外にも、日本での北朝鮮の秘密活動をめぐって両国間でいくつかの対立があった。 北朝鮮のミサイル実験は、ミサイルが日本の空域と領土を通過することがあるため、日本にとって懸念事項である。

1998年、北朝鮮は日本を横断して太平洋に着陸したテポドン1弾道ミサイルの発射に成功した[17]。この試射は、北朝鮮の核計画開発の将来についての交渉がニューヨークで北朝鮮と米国の間で行われていたため、政治的反抗の行為と見なされていた[17]

2017年3月17日、日本は北朝鮮のミサイル実験後、初めての避難訓練を実施した。同日、トランプ大統領は北朝鮮に対し、レックス・ティラーソン国務長官が韓国訪問中に北朝鮮を攻撃することをほのめかした直後に「非常に悪い行動をとっている」と語った。2019年11月、北朝鮮の国家メディアは、日本の安倍晋三首相が平壌の最新の複数ロケット発射装置のテストを弾道ミサイル発射と呼んだ後、近い将来、日本が本物の弾道ミサイルを見るかもしれないと警告した[18]。その後、2021年10月、北朝鮮は日本の海域でより多くのミサイルを発射しました[19]

六者会合

2007年2月13日六者会合は、北朝鮮が燃料援助と日米両国との関係の正常化に向けた措置と引き換えに寧辺原子力施設を閉鎖することに合意した合意を生み出した[20][21]

最近の二国間協議

両国は2007年9月に二国間協議を行い、2008年6月に再開された[22]

参考文献

  • Cho Soon Sung (1967) "Japan’s Two Koreas Policy and the Problems of Korean Unification," Asian Survey 7 (10): 703–725.
  • Linus Hagström and Marie Söderberg (2006) North Korea Policy: Japan and the Great Powers, London and New York: Routledge.
  • Linus Hagström and Marie Söderberg (2006) The Other Binary: Why Japan–North Korea Relations Matter, Special Issue of Pacific Affairs 79 (3).
  • Christopher W. Hughes (1999) Japan’s Economic Power and Security: Japan and North Korea. London: Routledge.
  • Kim Hong Nack (2006) "The Koizumi Government and the Politics of Normalizing Japanese-North Korean Relations." Working Paper. Honolulu: East-West Center.
  • Seung K. Ko (1977), "North Korea’s Relations with Japan Since Detente," Pacific Affairs 50 (1): 31–44.

脚注

  •  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物である米国議会図書館各国研究次の文書本文を含む。 "Japan". 2022年1月2日閲覧
  1. ^ 2014 World Service Poll BBC
  2. ^ Bruce Cumings, The Origins of the Korean War II: The Roaring of the Cataract 1947-1950 (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1990), pp. 458-459.
  3. ^ Kiwon Chung, Japanese-North Korean Relations Today, Asian Survey, Vol. 4, Issue 4 (April 1964), pp. 788-803.
  4. ^ Balázs Szalontai, "Instrumental Nationalism? The Dokdo Problem Through the Lens of North Korean Propaganda and Diplomacy," Journal of Northeast Asian History, Vol. 10, Issue 2 (Winter 2013), pp. 128-139. On Japan's attitude toward the Mun Segwang affair, see Victor D. Cha, Alignment Despite Antagonism: The United States-Korea-Japan Security Triangle (Stanford, CA: Stanford University Press, 1999), pp. 124-130.
  5. ^ a b c d e  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物である米国議会図書館各国研究次の文書本文を含む。 Pan Suk Kim. "North Korea: Japan". 2009年1月9日閲覧
  6. ^ a b c d  この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物である米国議会図書館各国研究次の文書本文を含む。 Robert G. Sutter. "Japan: The Koreas". 2015年3月30日閲覧
  7. ^ “North Korea fires ballistic missile into Japanese waters”. bbc.com. (2016年8月3日). https://www.bbc.com/news/world-asia-36961395 
  8. ^ Next target Guam, North Korea says”. www.msn.com. 2020年2月20日閲覧。
  9. ^ “Russia Acknowledges Sending Japanese Prisoners of War to North Korea”. Mosnews.com. (2005年4月1日). オリジナルの2006年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20061113081334/http://www.mosnews.com/news/2005/04/01/japanesedied.shtml 2007年2月23日閲覧。 
  10. ^ Kim, Yong Mok (November 1997). “The Dilemma of North Korea's Japanese Wives”. Japan Policy Research Institute Critique 4 (10). http://www.jpri.org/publications/critiques/critique_IV_10.html 2007年3月16日閲覧。. 
  11. ^ Richard Hanson (2004年11月18日). “The ashes of little Megumi”. Asia Times Online. オリジナルの2004年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041120115708/http://atimes.com/atimes/Japan/FK18Dh01.html 2007年1月19日閲覧。 
  12. ^ Kosuke Takahashi (2004年5月25日). “Koizumi: Risky mission half accomplished”. Asia Times Online. オリジナルの2004年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040528172143/http://www.atimes.com/atimes/Japan/FE25Dh04.html 2007年1月19日閲覧。 
  13. ^ Tessa Morris-Suzuki (2007). Exodus to North Korea. Rowman & Littlefield Publishers, Inc.. p. 17. ISBN 978-0-7425-5441-2 
  14. ^ Won-Jae Park (2006年1月7日). “Clues Found in North Korean Kidnappings”. Donga. http://english.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2006010741858 2007年1月19日閲覧。 
  15. ^ Victor Fic (2004年1月15日). “Japanese right manipulates abduction issue”. Asia Times Online. オリジナルの2004年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040116031526/http://www.atimes.com/atimes/Japan/FA15Dh03.html 2007年1月19日閲覧。 
  16. ^ https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20180612_55/
  17. ^ a b WuDunn, Sheryl (1998年9月1日). “North Korea Fires Missile Over Japanese Territory”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1998/09/01/world/north-korea-fires-missile-over-japanese-territory.html 2015年6月21日閲覧。 
  18. ^ “North Korea warns Japan's Abe may soon see real ballistic missile launch” (英語). Reuters. (2019年11月29日). https://www.reuters.com/article/us-northkorea-japan-idUSKBN1Y32GB 2019年12月2日閲覧。 
  19. ^ “North Korea fires suspected submarine-launched missile into waters off Japan”. BBC News. (2021年10月19日). https://www.bbc.com/news/world-asia-58963654 
  20. ^ Initial Actions for the Implementation of the Joint Statement”. Ministry of Foreign Affairs of the People's Republic of China website (2007年2月13日). 2007年2月13日閲覧。
  21. ^ “Rice hails N Korea nuclear deal”. BBC News. (2007年2月13日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6358797.stm 2007年2月13日閲覧。 
  22. ^ “Japan and N Korea re-open talks”. BBC News. (2007年6月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7439190.stm 2008年6月7日閲覧。 

関連項目

#