日本とエクアドルの関係

日本とエクアドルの関係
EcuadorとJapanの位置を示した地図

エクアドル

日本

日本とエクアドルの関係(にほんとエクアドルのかんけい、スペイン語: Relaciones Ecuador-Japón英語: Japan–Ecuador relations) では、日本エクアドルの関係について概説する。

両国の比較

エクアドルの旗 エクアドル 日本の旗 日本 両国の差
人口 1737万3662人(2019年)[1] 1億2626万人(2019年)[2] 日本エクアドルの約7.3倍
国土面積 25万6000 km²[3] 37万7972 km²[4] 日本エクアドルの約1.5倍
人口密度 69 人/km²(2018年)[5] 347 人/km²(2018年)[6] 日本エクアドルの約5倍
首都 キト 東京都
最大都市 グアヤキル 東京都区部
政体 大統領制 共和制 民主制議院内閣制[7]
公用語 スペイン語 日本語事実上
通貨 アメリカ合衆国ドル 日本円
国教 なし なし
人間開発指数 0.752[8] 0.919[8]
民主主義指数 6.33[9] 7.99[9]
GDP(名目) 1074億3566万米ドル(2019年)[10] 5兆819億6954万米ドル(2019年)[11] 日本エクアドルの約47.3倍
一人当たり名目GDP 6183.8米ドル(2019年)[12] 40246.9米ドル(2019年)[13] 日本エクアドルの約6.5倍
GDP(購買力平価) 2063億7684万米ドル(2019年)[14] 5兆5043億3091米ドル(2019年)[15] 日本エクアドルの約26.7倍
一人当たり実質GDP 11878.7米ドル(2019年)[16] 43593.5米ドル(2019年)[17] 日本エクアドルの約3.7倍
経済成長率 0.1%(2019年)[18] 0.7%(2019年)[19]
軍事 24億6780万米ドル(2019年)[20] 476億902万米ドル(2019年)[21] 日本エクアドルの約19.3倍
地図 Ecuador (orthographic projection).svg Japan (orthographic projection).svg

歴史

2013年4月10日、日本からエクアドルへの視聴覚機材譲渡への署名式。在エクアドル日本大使として在任中の小滝徹(左)とエクアドル外務大臣(スペイン語版、英語版)リカルド・パティーニョ(スペイン語版、英語版)(右)。
駐日エクアドル大使館などの各国大使館が入居する興和西麻布ビル(旧・第38興和ビル)。左から6番目に掲揚されているのがエクアドルの国旗。
駐日エクアドル大使館の看板。

日・エクアドル関係は移民を通じて始まる。20世紀初頭に日本政府は中南米諸国への移民を促進し、当時すでに独立していたエクアドルもその対象であったが、ブラジルなど他の国とは違いエクアドルに渡った移民は少数であった[22]

政府間での正式な国交が樹立されたのは、ワシントンD.C.において通商条約が結ばれた1918年8月である[23]。同年、エクアドル横浜市に在横浜エクアドル領事館を開設し、一方日本側は1934年に外交公使館をエクアドルに開設。なお、エクアドルは同国で著名な詩人作家ホルヘ・カレラ・アンドラーデ(英語版)を日本領事に任命していた[23]第二次世界大戦では外交関係が一時途絶するも、戦後1954年に国交再開[3]

1961年、両国は同時に外交使節団を大使館に昇格させ、東京には駐日エクアドル大使館が、キトには在エクアドル日本国大使館が設置された。以降は、ともに環太平洋の国家として友好関係を築いている[3]

外交

日本要人のエクアドル訪問

日本はエクアドルとの友好関係を維持しており、新大統領就任式の際にはほとんどの場合で特派大使を派遣している[3]

1979年のハイメ・ロルドス・アギレラ(英語版)の大統領就任式には特派大使として安孫子藤吉がエクアドルに派遣された[3]。その後、1984年のレオン・フェブレス・コルデロ(英語版)の大統領就任式には武藤嘉文が、1988年のロドリゴ・ボルハ・セバジョス(英語版)の大統領就任式には愛野興一郎が、1992年のシクスト・デュラン・バレン(英語版)の大統領就任式には中山正暉が、1996年のアブダラ・ブカラム(英語版)の大統領就任式には野坂浩賢が、1998年のジャミル・マウアド(英語版)の大統領就任式には成重守重が特派大使として派遣された[3]

近年では、2003年のルシオ・グティエレス(英語版)の大統領就任式には衆議院議員村上誠一郎[24]、2007年と2013年のラファエル・コレアの大統領就任式にはそれぞれ外務副大臣浅野勝人[25]外務大臣政務官若林健太[26]、2017年のレニン・モレノの大統領就任式には西村康稔が特派大使として出席し、友好関係を強化した[27]

そのほか、2016年には外務大臣政務官武井俊輔が二国間関係強化のためエクアドルを訪問[28]。2018年1月には日・エクアドル外交樹立100周年式典出席のため外務副大臣佐藤正久がエクアドルを訪問した[29]。2018年8月には外務大臣河野太郎がエクアドルを訪問し、エクアドル外相のホセ・サムエル・バレンシア・アモーレス(英語版)と外相会談を実施して日本企業の進出や北朝鮮情勢、安保理改革についてが話し合われた[30]。また、「日・エクアドル外交樹立100周年記念レセプション」にも出席した[31]

エクアドル要人の訪日

2002年3月、エクアドル大統領であるグスタボ・ノボア(英語版)が訪日を実施し、当時総理大臣であった小泉純一郎首脳会談を実施して、エクアドルのアメリカドル導入を始めとする経済改革について意見が交わされた[32]

2010年にはラファエル・コレア大統領が訪日を実施し[33]菅直人と首脳会談を実施し、同年10月に愛知県名古屋市で開催するCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)やエクアドルが領有するガラパゴス諸島に関係して、生物多様性などについての意見交換がなされた[34]

日・エクアドル外交関係樹立100周年にあたる2018年にはレニン・モレノ大統領が訪日を実施[35]安倍晋三との首脳会談を通して、次の一世紀に向けて経済・文化・人的なさらなる交流を促す共同声明が発出された[36][37]

経済交流

日本はエクアドルに対し、2016年までに無償資金協力や円借款、技術協力合わせて1000億円以上の経済援助を実施[3]。エクアドルは環太平洋に位置する地震津波の多発国であることから防災面や医療・保健・衛生面、エネルギー面での援助が多い[38]。近年の援助プロジェクトとしては、技術協力「地震と津波に強い街づくりプロジェクト」や[39]や無償資金協力「チンボラソ県医療施設・機材整備計画(10.19億円)」などが挙げられる[40]。また、エクアドルは有名な世界自然遺産であるガラパゴス諸島を有していることなどを背景として、日本はエクアドルの生物多様性保護や自然保護への支援も実施。2004年には技術協力「ガラパゴス諸島海洋環境保全計画プロジェクト」が実施された[41]

エクアドルの2018年対日貿易は、輸出1082億円に対し輸入474億円と、対日黒字を達成している[3]。その理由には、エクアドルが産油国であり日本に対し原油を供給している事が挙げられる、また、特産品であるバナナウッドチップ魚介類なども日本に輸出。一方で日本からの輸入品は輸送機器や鉄鋼などの工業製品である[3]

2019年、日本とエクアドルの間で租税条約「日・エクアドル租税条約」が結ばれ、二重課税の除去ならびに脱税および租税回避の防止が取り決められた[42]。このように両国のビジネスにおける障壁は下がりつつあり、日本企業の進出が続いている。三菱商事キトに支店を設けており[43]、2019年エクアドル産原油供給契約に入札した[44]

文化交流

日本はエクアドルに対し教育・芸術などの面で文化支援を実施。エクアドル国立劇場などを運営するベンハミン・カリオン・エクアドル文化会館(スペイン語版、英語版)(CCE)に対し音響・照明機材などを譲渡したり[45]、エクアドルの国際ラテンアメリカ情報高等研究センター(スペイン語版)(CIESPAL)に対し地上デジタル放送機材の整備などを実施している[46]

外交使節

駐エクアドル日本大使・公使

駐日エクアドル大使・公使

駐日エクアドル公使
  • グスタボ・ラレーア・コルドバ(1958~1959年)[47]


駐日エクアドル大使
  • 臨時代理大使ホセ・アヤラ・ラッソ(スペイン語版、英語版)(1963~1965年)
  • リシマコ・グスマン・アギーレ
  • (臨時代理大使)ボリバル・オケンド・イダルゴ
  • マルセロ・アビラ・オレフエラ[48][49](1989~1996年[50]信任状捧呈は3月16日[51]
  • フアン・サラサール・サンチシ(ドイツ語版)(1997~2000年[52]、信任状捧呈は6月26日[53]
  • (臨時代理大使)ヘルマン・ビセンテ・エスピノサ・クエンカ(2000~2001年)
  • マルセロ・アビラ・オレフエラ(再任、2001~2003年、信任状捧呈は4月2日[54]
  • (臨時代理大使)ヘルマン・ビセンテ・エスピノサ・クエンカ(2003年)
  • アドルフォ・エルナン・アルバレス・ビジャゴメス(2003~2007年、信任状捧呈は4月28日[55]
  • (臨時代理大使)フアン・フランシスコ・ラレーア・ミーニョ(2007~2008年)
  • フェルナンド・ハビエル・ポンセ・レイバ(2008~2011年、信任状捧呈は2月14日[56]
  • (臨時代理大使)ボリバル・ビセンテ・トーレス・セバジョス(2011~2012年)
  • レオナルド・カリオン・エギグレン(2012~2017年、信任状捧呈は1月19日[57]
  • (臨時代理大使)ダビド・ビジャゴメス(2017年)
  • ハイメ・バルベリス(2017~2022年、信任状捧呈は4月14日[58]
  • (臨時代理大使)ゴンサロ・ヒルベルト・ゴンサレス・フィエロ(2022年)
  • セサル・アウグスト・モンターニョ・ウエルタ(2022年~、信任状捧呈は6月7日[59]

脚注

  1. ^ Population, total - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  2. ^ Population, total - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  3. ^ a b c d e f g h i エクアドル共和国(Republic of Ecuador)基礎データ外務省.最終閲覧日2021年3月19日
  4. ^ 日本の統計2016 第1章~第29章 | 総務省統計局.最終閲覧日2021年3月17日
  5. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  6. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  7. ^ 日本国憲法で明確に定められている。
  8. ^ a b Human Development Report 2020国際連合開発計画.最終閲覧日2021年3月17日
  9. ^ a b Democracy Index 2020.最終閲覧日2021年3月17日
  10. ^ GDP (current US$) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  11. ^ GDP (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  12. ^ GDP per capita (current US$) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  13. ^ GDP per capita (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  14. ^ GDP, PPP (current international $) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  15. ^ GDP, PPP (current international $) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  16. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  17. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  18. ^ GDP growth (annual %) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  19. ^ GDP growth (annual %) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  20. ^ Military expenditure (current USD) - Ecuador世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  21. ^ Military expenditure (current USD) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  22. ^ La política migratoria japonesa y su impacto en América Latina(スペイン語)
  23. ^ a b 100 Años de Amistad entre Japón y Ecuador(スペイン語)
  24. ^ グティエレス・エクアドル共和国大統領就任式典への特派大使派遣について外務省
  25. ^ 浅野外務副大臣のエクアドル訪問(概要と評価)外務省
  26. ^ 若林外務大臣政務官のコロンビア共和国及びエクアドル共和国訪問(概要)外務省
  27. ^ 西村特派大使のエクアドル大統領就任式出席外務省
  28. ^ 武井外務大臣政務官のエクアドル,サンパウロ,ニューヨーク訪問(結果)外務省
  29. ^ 佐藤外務副大臣のエクアドル訪問(結果)外務省
  30. ^ 河野外務大臣とバレンシア・エクアドル外務大臣との外相会談,交換公文(E/N)署名式,共同記者会見,外務大臣主催昼食会外務省
  31. ^ 河野外務大臣の日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプション出席外務省
  32. ^ ノボア・エクアドル共和国大統領の訪日(概要と評価)外務省
  33. ^ コレア・エクアドル共和国大統領の訪日外務省
  34. ^ 日エクアドル首脳会談‐平成22年外務省
  35. ^ モレノ・エクアドル共和国大統領の訪日外務省
  36. ^ 日・エクアドル首脳会談‐平成30年外務省
  37. ^ レニン・モレノ・ガルセス・エクアドル共和国大統領による日本国訪問共同声明(仮訳)
  38. ^ 日本のODAプロジェクト エクアドル 無償資金協力 案件概要
  39. ^ 地震と津波に強い街づくりプロジェクト-ODA見える化サイト
  40. ^ チンボラソ県医療施設・機材整備計画‐ODA見える化サイト
  41. ^ ガラパゴス諸島海洋環境保全計画プロジェクト‐ODA見える化サイト
  42. ^ 所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とエクアドル共和国との間の条約(略称:日・エクアドル租税条約)外務省
  43. ^ エクアドル | 三菱商事 - Mitsubishi Corporation
  44. ^ シェルや三菱商事など、エクアドル産原油供給契約に入札=エネルギー相REUTERS.2019年12月4日
  45. ^ ベンハミン・カリオン・エクアドル文化会館国立劇場音響及び照明機材整備計画‐ODA見える化サイト
  46. ^ 国際ラテンアメリカ情報高等研究センター地上デジタル放送研修機材整備計画‐ODA見える化サイト
  47. ^ G. ラレーア・コルドバとは - コトバンク
  48. ^ List of Official Mourners Representing Foreign Countries and International Organizations at the Funeral Ceremony of Emperor Showa | Diplomatic Bluebook 1989 (英語)
  49. ^ Foreign Representatives, Heads of Missions and Accompanying Persons at the Ceremony of the Enthronement of the Emperor at the Seiden | Diplomatic Bluebook 1991 (英語)
  50. ^ 天皇皇后両陛下のご日程(平成8年7月~9月) - 宮内庁
  51. ^ 信任状捧呈式(平成元年) - 宮内庁
  52. ^ ご引見(平成12年) - 宮内庁
  53. ^ 信任状捧呈式(平成9年) - 宮内庁
  54. ^ 信任状捧呈式(平成13年) - 宮内庁
  55. ^ 信任状捧呈式(平成15年) - 宮内庁
  56. ^ 信任状捧呈式(平成20年) - 宮内庁
  57. ^ 外務省: 新任駐日エクアドル共和国大使の信任状捧呈
  58. ^ 駐日エクアドル大使の信任状捧呈 | 外務省
  59. ^ 駐日エクアドル大使の信任状捧呈 | 外務省

参考文献

  • エクアドル共和国(Republic of Ecuador)基礎データ 外務省
  • 新木秀和(著)『エクアドルを知るための60章 【第2版】 (エリア・スタディーズ57)』2012/12/11

関連項目

外部リンク