日本とコモロの関係

日本とコモロの関係
ComorosとJapanの位置を示した地図

コモロ

日本

日本とコモロの関係(にほんとコモロのかんけい、フランス語: Relations entre les Comores et le Japonアラビア語: علاقات جزر القمر اليابان‎、英語: Japan–Comoros relations)では、日本コモロの関係について概説する。日本とコモロ連合の関係とも。

両国の比較

コモロの旗 コモロ 日本の旗 日本 両国の差
人口 85万886人(2019年)[1] 1億2626万人(2019年)[2] 日本コモロの約148.4倍
国土面積 1862 km²[3] 37万7972 km²[4] 日本コモロの約203倍
人口密度 447 人/km²(2018年)[5] 347 人/km²(2018年)[6] コモロ日本の約1.3倍
首都 モロニ 東京都
最大都市 モロニ 東京都区部
政体 大統領制 共和制 連邦制 民主制議院内閣制[7]
公用語 フランス語 アラビア語 コモロ語 日本語事実上
通貨 コモロ・フラン 日本円
国教 イスラム教スンニ派 なし
人間開発指数 0.535[8] 0.919[8]
民主主義指数 3.15[9] 7.99[9]
GDP(名目) 11億6584万米ドル(2019年)[10] 5兆819億6954万米ドル(2019年)[11] 日本コモロの約4359.1倍
一人当たり名目GDP 1370.1米ドル(2019年)[12] 40246.9米ドル(2019年)[13] 日本コモロの約29.4倍
GDP(購買力平価) 27億1849万米ドル(2019年)[14] 5兆5043億3091米ドル(2019年)[15] 日本コモロの約2024.8倍
一人当たり実質GDP 3194.9米ドル(2019年)[16] 43593.5米ドル(2019年)[17] 日本コモロの約13.6倍
経済成長率 2.0%(2019年)[18] 0.7%(2019年)[19]
軍事 米ドル(2019年)[20] 476億902万米ドル(2019年)[21]
地図

歴史

1975年グランドコモロ島アンジュアン島モヘリ島の三島から構成される「コモロ国」として独立。独立直後はフランスへの残留を望んだマヨット島の処遇を巡る旧宗主国フランスとの対立や、社会主義者アリ・ソイリによるクーデターなどの政変に見舞われ、日本は独立と同時の国家承認を見送り1977年11月14日に遅れてコモロを国家承認する。その後は「コモロ・イスラム連邦共和国」を経て現在のコモロ連合となるなど政治体制は変化を続けており、また軍人アザリ・アスマニクーデターで政権を掌握するなど不安定ではあるが、日本との国交は維持されている[3]

日本はアンタナナリボ在マダガスカル日本国大使館コモロを兼轄。駐日コモロ大使館は未設置であり北京にある在中コモロ大使館が2014年から日本を兼轄しているが、2018年6月在東京コモロ名誉領事館を開設した[3]

外交

コモロ要人の訪日

2008年5月、コモロ大統領アフメド・アブドラ・モハメド・サンビが訪日を実施。福田康夫との首脳会談を実施し、数年途絶えていた対コモロ経済支援の再開に向けた話し合いが行われた[22]

2013年6月、コモロ大統領イキリル・ドイニンアフリカ開発会議の為に訪日。当時内閣総理大臣であった安倍晋三と日・コモロ首脳会談を実施して、コモロ情勢についての意見交換がなされた[23]

日・コモロ首脳会談(2022年9月)

2019年8月、アザリ・アスマニコモロ大統領としてアフリカ開発会議のため訪日を実施。その際に安倍晋三と首脳会談を開いて、「自由で開かれたインド太平洋」構想について話し合われたほか、安保理改革北朝鮮情勢など主要な国際議題について議論が交わされた[24]

大統領以外では、2018年の1月から2月にかけてコモロ連合外務・国際協力・仏語圏・在外コモロ人担当大臣モハメド・エル・アミン・スエフが訪日[25]外務大臣河野太郎と外相会談を実施し[26]、両国関係を促進するための「日・コモロ連合外相共同プレス・ステートメント」が発出された[27]

2018年10月には、コモロ連合外務・国際協力大臣付国際協力担当閣外大臣のジュモア・サイード・アブダッラーが訪日。外務副大臣佐藤正久と会談を実施し、日本の対コモロ支援について話し合われた[28]

2020年1月には、コモロ連合外務・国際協力大臣付国際協力担当閣外大臣のタキディヌ・ユスフが訪日し、外務大臣政務官中谷真一と会談を実施した[29]

日本要人のコモロ訪問

佐藤正久による外務副大臣として初のコモロ訪問と、大統領のアザリ・アスマニへの表敬(2018年8月)

地理的な遠さや歴史的な接点の少なさ、コモロ側の情勢不安などがあり、日本からの要人往来は少ない[3]。2018年には、外務副大臣として初めて佐藤正久コモロを訪問し、アザリ・アスマニ大統領への表敬などを実施[30]。「自由で開かれたインド太平洋」構想についての話し合いや、2030年までに新興国入りを目指すコモロへのさらなる経済支援などが議論された[31]

経済交流

日本コモロに対し、技術協力や無償資金協力合わせて100億円以上の経済支援を実施[3]。島嶼国であるコモロ漁業水産が主要産業の一つであることから、2011年3月から2014年10月にかけては技術協力「国立水産学校能力強化プロジェクト」が実施され、水産面での人材育成が図られた[32]。無償資金協力としては、数度に亘って食糧援助を実施[33]

コモロの2020年対日貿易は、輸出0.18億円に対し輸入2.01億円とコモロの赤字となっており、またコモロの経済規模に相応して貿易規模も小さい[3]。主要輸出品は精油、主要輸入品は機械類となっている[3]

文化交流

シーラカンス学術調査隊(民間ベース)及び鳥羽水族館が数回にわたりコモロ近海で調査活動を展開[3][34]。上記調査隊は、コモロ政府の協力により5体の標本を持ち帰るとともに、1986年8月にはシーラカンスの水中撮影に成功した[3]

2021年7月、長野県小諸市市議会の代表が在日コモロ連合名誉領事館を訪問し、「小諸」と漢字でプリントされているポロシャツを、10名のオリンピックのコモロ選手団のメンバー全員に提供した。小諸市市議会代表は、2020年東京オリンピックの開会式でコモロ諸島の存在を初めて知ったという[35]

外交使節

駐コモロ日本大使

駐マダガスカル日本大使が兼轄

駐日コモロ大使

  1. マフムード・ムハンマド・アッブード(2014年‐)[36]2014年7月11日、東京を訪問し皇居信任状を捧呈し、初代駐日コモロ大使となった。ただし、2011年より在中国コモロ大使を務めているため、普段は北京に駐箚。

脚注

  1. ^ Population, total - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  2. ^ Population, total - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  3. ^ a b c d e f g h i コモロ連合(Union of Comoros)基礎データ外務省.最終閲覧日2021年3月19日
  4. ^ 日本の統計2016 第1章~第29章 | 総務省統計局.最終閲覧日2021年3月17日
  5. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  6. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  7. ^ 日本国憲法で明確に定められている。
  8. ^ a b Human Development Report 2020国際連合開発計画.最終閲覧日2021年3月17日
  9. ^ a b Democracy Index 2020.最終閲覧日2021年3月17日
  10. ^ GDP (current US$) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  11. ^ GDP (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  12. ^ GDP per capita (current US$) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  13. ^ GDP per capita (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  14. ^ GDP, PPP (current international $) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  15. ^ GDP, PPP (current international $) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  16. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  17. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  18. ^ GDP growth (annual %) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  19. ^ GDP growth (annual %) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  20. ^ Military expenditure (current USD) - Comoros世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  21. ^ Military expenditure (current USD) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  22. ^ 日・コモロ首脳会談、日・モーリタニア首脳会談、日・シエラレオネ首脳会談、ブルンジ第二副大統領による福田総理大臣表敬外務省.平成20年5月29日
  23. ^ 日・コモロ首脳会談外務省.平成25年6月2日
  24. ^ 日・コモロ首脳会談外務省.令和元年8月31日
  25. ^ スエフ・コモロ連合外務・国際協力・仏語圏・在外コモロ人担当大臣の訪日外務省.平成30年2月1日
  26. ^ 日・コモロ外相会談外務省.平成30年2月6日
  27. ^ 日本・コモロ連合外相共同プレス・ステートメント
  28. ^ 佐藤外務副大臣とジュモア・コモロ外務・国際協力大臣付国際協力担当閣外大臣との会談外務省.平成30年10月7日
  29. ^ タキディヌ・コモロ連合・外務・国際協力大臣付国際協力担当閣外大臣と中谷外務大臣政務官との会談外務省.令和2年1月14日
  30. ^ 佐藤外務副大臣のコモロ,マダガスカル,モーリシャス及びセーシェル訪問外務省.平成30年8月15日
  31. ^ 佐藤外務副大臣のコモロ訪問(結果)外務省.平成30年8月20日
  32. ^ 国立水産学校能力強化プロジェクト‐ODA見える化サイト
  33. ^ 日本のODAプロジェクト コモロ 無償資金協力 案件概要外務省
  34. ^ Cコーナー 古代の海‐鳥羽水族館
  35. ^ From Komoro To Comoros 小諸からコモロへ在日コモロ連合名誉領事館 2021年8月10日 2022年9月23日閲覧
  36. ^ 初代駐日コモロ連合大使の信任状捧呈外務省.平成26年7月11日

参考文献

  • コモロ連合(Union of Comoros)基礎データ 外務省

関連項目

外部リンク