日本とコートジボワールの関係

日本とコートジボワールの関係
JapanとIvory Coastの位置を示した地図

日本

コートジボワール

日本とコートジボワールの関係(にほんとコートジボワールのかんけい、フランス語: Relations entre la Côte d’Ivoire et le Japon英語: Japan–Ivory Coast relations) では、日本コートジボワールの関係について概説する。かつては、日本と象牙海岸の関係あるいは日本と象牙海岸共和国の関係として言及されていた

両国の比較

コートジボワールの旗 コートジボワール 日本の旗 日本 両国の差
人口 2571万6544人(2019年)[2] 1億2626万人(2019年)[3] 日本コートジボワールの約4.9倍
国土面積 32万2436 km²[4] 37万7972 km²[5] 日本コートジボワールの約1.2倍
人口密度 79 人/km²(2018年)[6] 347 人/km²(2018年)[7] 日本コートジボワールの約4.4倍
首都 アビジャン(事実上) ヤムスクロ(法律上) 東京都
最大都市 アビジャン 東京都区部
政体 大統領制 共和制 民主制議院内閣制[8]
公用語 フランス語 日本語事実上
通貨 CFAフラン 日本円
国教 なし なし
人間開発指数 0.492[9] 0.919[9]
民主主義指数 4.05[10] 7.99[10]
GDP(名目) 585万3942万米ドル(2019年)[11] 5兆819億6954万米ドル(2019年)[12] 日本コートジボワールの約86.8倍
一人当たりGDP 2276.3米ドル(2019年)[13] 40246.9米ドル(2019年)[14] 日本コートジボワールの約17.7倍
経済成長率 6.2%(2019年)[15] 0.7%(2019年)[16]
軍事 5億3595万1382米ドル(1999年)[17] 476億902万米ドル(2019年)[18] 日本コートジボワールの約88.8倍

歴史

日本コートジボワールを独立と同時に承認。1964年2月22日にはアビジャンに在コートジボワール日本国大使館が開設され、1969年9月19日には東京に駐日コートジボワール大使館が開設した[4]。なお、コートジボワールは隣国に比べて安定した国家であり、トーゴニジェールの日本国大使館も在コートジボワール日本国大使館が兼轄する[19]

外交関係

コートジボワールは初代大統領であるフェリックス・ウフェ=ボワニのもと年8%の高い経済成長率とクーデターのない政治的安定性から「イボワールの奇跡」(: Ivorian miracle)と呼ばれる高度経済成長を達成し、2002年に第一次コートジボワール内戦(英語版)が勃発するまで「西アフリカの優等生」として西アフリカで指導的役割を担い[20]、また現在でもアフリカ大陸の中では比較的発達した経済を有する。そのことから日本は、同国を西アフリカにおける重要国の一つと位置付けており、要人往来も活発[4]。またコートジボワールの要人は機会あるごとに同国の国家建設の模範として日本をあげるなど、同国は親日的な国としても知られる[4]

1999年6月にはコートジボワール大統領コナン・ベディエが訪日して総理大臣小渕恵三首脳会談を実施[21]。その後はコートジボワールの主要閣僚がアフリカ開発会議などのために訪日を重ね、2013年6月には大統領アラサン・ワタラの訪日と安倍晋三との首脳会談が実現した[22]

その一方で2011年4月にはアビジャンの日本大使公邸が武装集団に襲撃され、邸内のセーフルームに避難した岡村善文大使らがフランス軍に救出される事件が発生した[23]

2014年には、安倍晋三が訪問国の一つとしてコートジボワールを選び[24]、再び首脳会談を実施してブラジルで開催される2014FIFAワールドカップでは両国の健闘を互いに誓ったほか[25]、日本側は日本企業の投資を後押しする一環としてコートジボワールに対し支援を表明[26]。一方、コートジボワールは日本の常任理事国参入へ支持の姿勢を取っている[27]。2016年にも、ナイロビで開催されるアフリカ開発会議のためにケニアを訪問中の安倍晋三は、再びアラサン・ワタラと首脳会談を実施している[28]

2019年8月には、アフリカ開発会議のためコートジボワール首相アマドゥ・ゴン・クリバリ(英語版)が訪日し、安倍晋三と両国間の関係深化のため会談を実施[29]。翌年7月にアマドゥ・ゴン・クリバリ(英語版)は逝去するが、その際にも安倍晋三は特別な弔意を送っている[30]。2019年10月には即位礼正殿の儀のため、アラサン・ワタラが再び訪日し、安倍晋三と会談を実施[31]

そのほか、近年の日本要人のコートジボワール訪問としては2016年3月に外務副大臣木原誠二[32]、2017年11月に外務副大臣佐藤正久[33]、2018年5月には内閣総理大臣補佐官薗浦健太郎が訪問を実施[34]。また2016年1月にはコートジボワールのパトリック・アシ経済インフラ相が閣僚級招聘で訪日、木村誠二と会談を実施して経済協力について話し合った[35]

経済交流

日本はコートジボワールに対し、2017年までに1000億円弱の開発援助を実施。主要な援助案件としては、円借款による「アビジャン三交差点建設計画」[36]、無償資金協力による「日本・コートジボワール友好交差点改善計画」[37]や「大アビジャン圏母子保健サービス改善のためのココディ大学病院整備計画」[38]、技術協力による「大アビジャン圏社会的統合促進のためのコミュニティ強化プロジェクト」などが挙げられ[39]、コートジボワールは西アフリカにおける経済的重要性からインフラ整備に重点が置かれている[40]

コートジボワールはその経済的重要性から西アフリカにおける日本企業の投資拠点となっており、2016年のナイロビにおける首脳会談以降、投資協定締結に向けて何度も協議が行われてきた[41][42][43][44][45][46]。五年間の協議の末、2021年にはアビジャンで「投資の相互促進及び相互保護に関する日本国政府とコートジボワール共和国政府との間の協定」(通称:日・コートジボワール投資協定)の署名が行われ、投資の自由化が実現した[47]。また2019年には、アフリカとのより円滑なビジネス往来と日本企業進出の実現のため、アフリカ全体を包括するビジネス環境改善委員会の設置を安倍晋三が表明したが、その設置先はコートジボワールになるなどビジネス拠点としての重要性は高まりつつある[48]

貿易面では日本側の黒字である[4]。日本にとって、コートジボワールは重要なカカオ供給国であり、2019年のコートジボワールからの総輸入量はガーナエクアドルベネズエラに次ぐ4位であった[49]

文化交流

政情悪化以前に実施した文化支援による視聴覚機材等の供与、青年招聘計画等人物交流、現地における柔道大会の開催等を通じ、国家開発の模範として「日本」は位置付けられ、日本文化に対する関心は極めて高い[4]。最近では、2014年の安倍晋三訪問時に柔道「安倍杯」が開催され[50]、2015年には国際交流基金による日本研究セミナーが開催されるなど[51]、スポーツや知的交流などの活動が活性化している。また、日本には二国間の経済・文化・人的交流を促進する「日本・コートジボワール友好協会」が2015年10月に設立された[52]

外交使節

駐コートジボワール日本大使

駐日コートジボワール大使

  1. ピエール・ネルソン・コフィ(駐日外交団長兼駐日アフリカ外交団長[53]、1969[54]~1991年)
  2. ????(1991~1994年、信任状捧呈は9月3日[55]
  3. ????(1994~1996年[56]、信任状捧呈は9月14日[57]
  4. アノー・コフィー・パトリス(1997~2001年、信任状捧呈は4月28日[58]
  5. クアシ・イァサント・マルセル(2001~2004年、信任状捧呈は9月28日[59]
    • (臨時代理大使)テューイ・ディベ(2004年)
  6. クアディオ・フリ(2004~2005年、信任状捧呈は6月24日[60]
    • (臨時代理大使)テューイ・ディベ(2005年)
  7. ボア・リリアン・マリー・ロール(2005~2011年、信任状捧呈は12月21日[61]
    • (臨時代理大使)コフィ・ンゴラン・レイモン(2011年)
  8. ジェローム・クロー・ウェヤ(2011年~、信任状捧呈は12月14日[62]

脚注

  1. ^ ◎債務救済措置に関する日本国政府と象牙海岸共和国政府との間の交換公文 | 外務省
  2. ^ Population, total - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  3. ^ Population, total - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  4. ^ a b c d e f コートジボワール共和国(Republic of Cote d'Ivoire)基礎データ外務省.最終閲覧日2021年3月19日
  5. ^ 日本の統計2016 第1章~第29章 | 総務省統計局.最終閲覧日2021年3月17日
  6. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  7. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  8. ^ 日本国憲法で明確に定められている。
  9. ^ a b Human Development Report 2020国際連合開発計画.最終閲覧日2021年3月17日
  10. ^ a b Democracy Index 2020.最終閲覧日2021年3月17日
  11. ^ GDP (current US$) - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  12. ^ GDP (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  13. ^ GDP per capita (current US$) - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  14. ^ GDP per capita (current US$) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  15. ^ GDP growth (annual %) - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  16. ^ GDP growth (annual %) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  17. ^ Military expenditure (current USD) - Cote d'Ivoire世界銀行.最終閲覧日2021年3月19日
  18. ^ Military expenditure (current USD) - Japan世界銀行.最終閲覧日2021年3月17日
  19. ^ 在コートジボワール日本国大使館
  20. ^ 西アフリカの優等生、コートジボワール共和国日本貿易会月報オンライン
  21. ^ 首脳外交この一年
  22. ^ 日・コートジボワール首脳会談(2013)外務省
  23. ^ コートジボワール武装勢力、日本大使公邸を襲撃”. 日本経済新聞社 (2011年4月7日). 2021年5月26日閲覧。
  24. ^ 安倍総理大臣のコートジボワール訪問(概要と成果)外務省
  25. ^ コートジボワールで首脳会談 W杯で健闘誓う(14/01/11)ANNnewsCH
  26. ^ 首相、コートジボワール支援を表明 首脳会談 都市交通整備で無償資金日本経済新聞.2014年1月11日
  27. ^ 日本の常任理事国入り支持 日コートジボワール首脳会談SankeiBiz2014.1.11
  28. ^ 日・コートジボワール首脳会談(2016)外務省
  29. ^ 日・コートジボワール首脳会談(2019)外務省
  30. ^ クリバリ・コートジボワール首相の逝去に関する安倍総理大臣による弔意書簡の発出外務省
  31. ^ 安倍総理大臣とウワタラ・コートジボワール共和国大統領との会談外務省
  32. ^ 木原外務副大臣のナイジェリア及びコートジボワール訪問
  33. ^ 佐藤外務副大臣のコートジボワール訪問(結果)外務省
  34. ^ 薗浦内閣総理大臣補佐官のフランス,コートジボワール,ガーナ及び英国訪問外務省
  35. ^ 木原外務副大臣とアシ・コートジボワール経済インフラ大臣との会談外務省
  36. ^ 政策評価法に基づく事前評価書外務省
  37. ^ 日本・コートジボワール友好交差点改善計画‐ODA見える化サイト
  38. ^ 大アビジャン圏母子保健サービス改善のためのココディ大学病院整備計画‐ODA見える化サイト
  39. ^ 大アビジャン圏社会的統合促進のためのコミュニティ強化プロジェクト フェーズ2‐ODA見える化サイト
  40. ^ 日本のODAプロジェクト コートジボワール 無償資金協力 案件概要外務省
  41. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第1回会合の開催外務省
  42. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第2回会合の開催外務省
  43. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第3回会合の開催外務省
  44. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第4回会合の開催外務省
  45. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第5回会合の開催外務省
  46. ^ 日・コートジボワール投資協定交渉第6回,第7回会合の開催外務省
  47. ^ 日・コートジボワール投資協定の署名外務省
  48. ^ 首相、コートジボワールでビジネス環境改善委設置へ アフリカ首脳42人と会談日本経済新聞
  49. ^ 日本の主要カカオ豆国別輸入量推移
  50. ^ 首相、柔道「安倍杯」観戦 コートジボワールで日本経済新聞.2014年1月12日
  51. ^ コートジボワール・アビジャンにて西アフリカ日本研究セミナーを実施国際交流基金
  52. ^ 日本・コートジボワール友好協会
  53. ^ 1976年昭和51年)の天皇陛下御在位五十年記念式典や1990年平成2年)の即位礼正殿の儀で駐日外交団長として参列している。
  54. ^ Diplomatic mission | Embassy of Côte d'Ivoire in Japan
  55. ^ 信任状捧呈式(平成3年) - 宮内庁
  56. ^ ご引見(平成8年) - 宮内庁
  57. ^ 信任状捧呈式(平成6年) - 宮内庁
  58. ^ 信任状捧呈式(平成9年) - 宮内庁
  59. ^ 信任状捧呈式(平成13年) - 宮内庁
  60. ^ 信任状捧呈式(平成16年) - 宮内庁
  61. ^ 外務省: 新任駐日コートジボワール共和国大使の信任状捧呈について
  62. ^ 外務省: 新任駐日コートジボワール共和国大使の信任状捧呈

参考文献

  • コートジボワール共和国(Republic of Cote d'Ivoire)基礎データ 外務省

関連項目

外部リンク