日本とポーランドの関係

日本とポーランドの関係
JapanとPolandの位置を示した地図

日本

ポーランド

日本とポーランドの関係(にほんとポーランドのかんけい、ポーランド語: Stosunki między Japonią a Polską英語: Relations between Japan and Poland)では、日本ポーランドの関係について概説する。ポーランドの漢字表記「波蘭」から日波関係とも。

両国の比較

ポーランドの旗ポーランド 日本の旗日本
人口 3797万人(2019年)[1] 1億2626万人(2019年)[2]
国土面積 30万6170 km²[3] 36万4500 km²[4]
人口密度 124 人/km2[5] 347 人/km²(2018年)[6]
首都 ワルシャワ 東京都(事実上)
最大都市 ワルシャワ 東京都区部
政体 共和制[7] 民主制議院内閣制[8]
公用語 ポーランド語 日本語事実上
通貨 ズウォティ
国教 なし
人間開発指数 0.919[9]
民主主義指数 7.99[10]
GDP(名目) 米ドル(2019年)[11] 5兆5043億3091米ドル(2019年)[12]
一人当たりGDP 35165.205米ドル(2019年)[13] 43593.5米ドル(2019年)[14]
経済成長率 4.519%(2019年)[15] 0.7%(2019年)[16]
軍事 119億米ドル[17] 476億902万米ドル(2019年)[18]
田中義一首相、ポーランド中佐ヴァツラフ・イェドルゼイェヴィチ(ポーランド語版、英語版)1928年にポーランドで活躍した岡田啓介提督
1929年にワルシャワでポーランドと日本の軍将校

歴史

20世紀初頭

日本人が初めてポーランドを初めて訪れたのは1892年2月であり、福島安正少佐(1852年 - 1919年)が訪れている[19]。福島少佐はユーラシア大陸を488日間かけて横断する途中ポーランドを通過し、少佐はポーランドに関し下の歌を詠んでいる。 

淋しき里にいでたればここはいずこと尋ねしに聞くも哀れやその昔亡ぼされたるポーランド
福島安正

1904年には日本にJ・ピウスツキR・ドモフスキ(ポーランド語版、英語版)という2人の政治指導者が来日している[20][21]

ポーランド第二共和国時代

ロシア革命ドイツ革命の混乱期、ポーランド第二共和国の元首は独裁的なユゼフ・ピウスツキとなった。1919年には第一次世界大戦が終結し、同年7月には、ワルシャワ大学に初めてボクダン・リヒテルにより日本語講座が開設された[22]

1920年、日本政府・日本赤十字社はウラジオストクから765人のポーランド人シベリア孤児を救済している[23][24][25]

1922年に皇族摂政となった昭和天皇は台湾事業公債、関東州事業公債を発行するとともに、ポーランドとの間に日本国波蘭国間通商航海条約を締結し[注釈 1]、物資の輸入に務めた。日波協会(代表・志摩亮平)も組織されていた[26][注釈 2]

  ポーランドより日本へ輸入 日本よりポーランドへ輸出
1924年(大正13年) 71,337 1,564
1928年(昭和3年) 8,235,952 11,835
※単位は円。
※輸入の数字には、ドイツ商品として扱われていた亜鉛板レール鉄板鉄管を含まない(150,000円相当)。

第二次世界大戦

現在の関係

戦後、日本はポーランド人民共和国を承認し、日本とポーランド人民共和国との正常な関係を回復するための条約が調印された[27][28]

1967年には三木武夫外相がポーランドを訪れたのを機に日本・ポーランド経済混合委員会が発足した[29][30]1987年1月、中曽根康弘が日本の首相として初めて公式訪問し[31][32]、同年6月に国家評議会議長ヤルゼルスキが日本を訪れた[33]1990年1月には首相海部俊樹ハンガリーとともにポーランドを訪問した[34][35][36]。2008年にレフ・カチンスキ大統領が訪日した[37][38]

2009年には国交樹立90周年を迎え[19]2019年は、100周年であった[39]

経済関係

ポーランドと日本の間の経済貿易関係は大いに発展している。ポーランドには約300社の日本企業がある[40][41]

文化関係

ポーランドでは、19世紀末になるとフランスなどの影響を受け、文学美術民俗学などを中心に日本への関心が芽生え、日露戦争後には盛んになった。

ポーランドに移住する日本人ピアニストも多く、特にショパン国際ピアノコンクールへの参加者は、年々増えている。

外交使節

駐ポーランド日本大使・公使

駐ポーランド日本大使館

駐日ポーランド大使

駐日ポーランド大使館、関連施設

脚注

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 署名者は川上俊彦、G. ナルトヴィッチ、ヘンリーク・ストラスブルグル。
  2. ^ 1928年の国家予算額は約17億8544万円。
出典
  1. ^ Population, total - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  2. ^ Population, total - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  3. ^ Land area (sq. km) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  4. ^ Land area (sq. km) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  5. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  6. ^ Population density (people per sq. km of land area) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  7. ^ ポーランド基礎データ” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2021年4月24日閲覧。
  8. ^ 日本国憲法で明確に定められている。
  9. ^ Human Development Report 2020国際連合開発計画”. 2021年4月19日閲覧。
  10. ^ Democracy Index 2020” (英語). Economist Intelligence Unit. 2021年4月19日閲覧。
  11. ^ GDP (current US$) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  12. ^ GDP, PPP (current international $) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  13. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  14. ^ GDP per capita, PPP (current international $) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  15. ^ GDP growth (annual %) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  16. ^ GDP growth (annual %) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  17. ^ Military expenditure (current USD) - Poland | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月24日閲覧。
  18. ^ Military expenditure (current USD) - Japan | Data”. data.worldbank.org. 2021年4月19日閲覧。
  19. ^ a b 日本・ポーランド関係話題集”. ポーランド日本大使館. 2021年4月19日閲覧。
  20. ^ 日露戦争が20世紀前半の日波関係に与えたインパクトについて”. エヴァ・ルトコフスカ. 2021年4月25日閲覧。
  21. ^ 三訂版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,デジタル大辞泉プラス,世界大百科事典 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),旺文社世界史事典. “ポーランドとは” (日本語). コトバンク. 2021年4月19日閲覧。
  22. ^ 国際交流基金 - ポーランド(2016年度)”. www.jpf.go.jp. 2021年4月19日閲覧。
  23. ^ 欧州随一の親日国、ポーランドで語り継がれる日本の孤児救出劇” (日本語). NEWSポストセブン. 2021年4月25日閲覧。
  24. ^ 在ポーランド日本国大使館”. web.archive.org (2014年3月20日). 2021年4月24日閲覧。
  25. ^ 日波教会 1929, p. 附録19.
  26. ^ 日波協会編 1929, p. 附録14頁.
  27. ^ 日本国とポーランド人民共和国との間の国交回復に関する協定・御署名原本・昭和三十二年・第十三巻止・条約第五号”. www.digital.archives.go.jp. 2021年4月24日閲覧。
  28. ^ “日本国とポーランド人民共和国との間の国交回復に関する協定 - Wikisource” (日本語). ja.wikisource.org. 2021年4月22日閲覧。
  29. ^ 日本とポーランド”. 田口雅弘. 2021年4月25日閲覧。
  30. ^ 諸外国との貿易経済関係”. www.mofa.go.jp. 2021年4月24日閲覧。
  31. ^ 内閣総理大臣一覧 - 萩市ホームページ”. 2021年4月20日閲覧。
  32. ^ 田口雅弘「書評 アルカディウシュ・タルノフスキ『ポーランドと日本 1989-2004 政治、経済、文化関係』」『岡山大学経済学会雑誌』第41巻第4号、岡山大学経済学会、2010年3月、 275-282頁、 doi:10.18926/OER/20116 ISSN 03863069 NAID 1200023107972021年7月20日閲覧。
  33. ^ 昭和63年版(第32号)外交青書我が外交の近況”. www.mofa.go.jp. 2021年4月20日閲覧。
  34. ^ 写真・グラフィック・映像一覧:報道写真の共同通信イメージリンク”. 報道写真・ニュース映像なら共同通信イメージリンク. 2021年4月23日閲覧。
  35. ^ データベース「世界と日本」(代表:田中明彦)”. 2021年4月23日閲覧。
  36. ^ 内閣総理大臣一覧 - 萩市”. 2021年4月23日閲覧。
  37. ^ 外務省: カチンスキ・ポーランド大統領の来日”. www.mofa.go.jp. 2021年4月23日閲覧。
  38. ^ 外務省: ポーランド共和国大統領レフ・カチンスキ閣下及び同令夫人の来日について”. www.mofa.go.jp. 2021年4月23日閲覧。
  39. ^ Poland-Japan 100 anniversary in 2019” (英語). ASEF culture360. 2021年4月19日閲覧。
  40. ^ 概況・基本統計 | ポーランド - 欧州 - 国・地域別に見る - ジェトロ”. www.jetro.go.jp. 2021年4月24日閲覧。
  41. ^ Polsko-japońska współpraca gospodarcza w trzech wymiarach” (ポーランド語). www.paih.gov.pl. 2021年4月24日閲覧。
  42. ^ List of Official Mourners Representing Foreign Countries and International Organizations at the Funeral Ceremony of Emperor Showa | Diplomatic Bluebook 1989 (英語)
  43. ^ Foreign Representatives, Heads of Missions and Accompanying Persons at the Ceremony of the Enthronement of the Emperor at the Seiden | Diplomatic Bluebook 1991 (英語)
  44. ^ 信任状捧呈式(平成4年) - 宮内庁
  45. ^ 信任状捧呈式(平成9年) - 宮内庁
  46. ^ 新任駐日ポーランド共和国大使の信任状捧呈について | 外務省
  47. ^ 外務省: 新任駐日ポーランド共和国大使の信任状捧呈について
  48. ^ 外務省: 新任駐日ポーランド共和国大使の信任状捧呈
  49. ^ 駐日ポーランド大使の信任状捧呈 | 外務省
  50. ^ 駐日ポーランド大使の信任状捧呈 | 外務省

関連項目

参考文献

  • 日波協会編 『  波蘭事情』日波協会、東京、1929年。"日本赤十字社副社長徳川圀順・他。"。 
  • 兵藤長雄 『善意の架け橋―ポーランド魂とやまと心』(1988年、文藝春秋
  • 阪東宏 『ポーランド人と日露戦争』(1995年、青木書店
  • 阪東宏『世界のなかの日本・ポーランド関係 1931-1945』(2004年、大月書店

外部リンク


#