東京共済病院

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京共済病院
Tokyo Kyosai Hospital and Meguro River.jpg
情報
正式名称 国家公務員共済組合連合会 東京共済病院
英語名称 Tokyo Kyosai Hospital
前身 東京海軍共済組合病院
標榜診療科 内科、心療内科、神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、婦人科、リウマチ科、緩和ケア科
許可病床数 350床
一般病床:350床
機能評価 一般病院2 3rdG:Ver.1.1
開設者 国家公務員共済組合連合会
管理者 久保田 俊郎(院長)
開設年月日 1930年(昭和5年)9月9日
所在地
153-8934
東京都目黒区中目黒二丁目3番8号
位置 北緯35度38分30秒 東経139度42分14秒 / 北緯35.64167度 東経139.70389度
二次医療圏 区西南部
PJ 医療機関

国家公務員共済組合連合会 東京共済病院(こっかこうむいんきょうさいくみあいれんごうかい とうきょうきょうさいびょういん)は、東京都目黒区にあり、国家公務員共済組合連合会が運営する病院(旧令共済病院)である。

概要

東京海軍共済組合病院として開設されたものを、海軍解体後に国家公務員共済組合連合会が承継した、旧令共済病院である。地域医療支援病院の承認を受ける。病院の理念は、「私たちは、患者様の権利を尊重し、最善の医療提供に努めます」。

沿革

  • 1912年明治45年)3月28日 「海軍造船造兵事業現業員ノ共済組合ニ関スル件」 明治45年3月23日勅令第18号が公布
  • 1922年大正11年)3月29日 明治45年勅令第18号を全部改正し、海軍共済組合令[注釈 1]が公布され『海軍共済組合』が発足。(以後、6次に渡り改正)
  • 1930年(昭和5年)9月9日 - 東京海軍共済組合病院として開設
  • 1945年(昭和20年)10月 - 財団法人東京共済病院と改称
  • 1958年(昭和33年)3月 - 国家公務員共済組合連合会の所属となる
  • 2002年(平成14年)8月19日 - 日本医療機能評価機構の認定(一般B)を受ける
  • 2010年(平成22年)8月25日 - 地域医療支援病院の承認を受ける
  • 2012年(平成24年)4月 - 東京都乳がん診療連携協力病院認定
  • 2016年(平成28年)4月 - 東京都大腸がん診療連携協力病院認定

診療部門

内科系診療部門

  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 消化器内科
  • 腎臓高血圧内科
  • リウマチ膠原病内科
  • 糖尿病・内分泌・代謝内科
  • 脳神経内科
  • 精神科心療内科
  • 血液内科
  • 緩和ケア内科

外科系診療部門

その他の診療部門

  • 救急科
  • 放射線科
  • 臨床検査科
  • 病理診断科
  • リハビリテーション科

医療機関の指定等

東京共済病院

先進医療

  • 術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)

併設施設

  • 介護老人保健施設「ケアなかめぐろ」
  • 在宅介護支援センター
  • 訪問看護ステーション「さわやか」

周辺の施設

交通アクセス

関連項目

旧令共済病院

脚注

注釈
  1. ^ 「海軍作業庁所属雇員以下現業員ノ共済組合ニ関スル件」大正11年3月29日勅令第60号

外部リンク

#