波田駅

波田駅
駅舎(2012年6月)
はた
Hata
AK-11 下島 (1.6 km)
(1.6 km) 渕東 AK-13
所在地 長野県松本市波田鍋割4417-28
北緯36度12分1.28秒 東経137度51分23.05秒 / 北緯36.2003556度 東経137.8564028度
駅番号 AK-12
所属事業者 アルピコ交通
所属路線 上高地線
キロ程 11.1 km(松本起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
548人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
1,082人/日
-2017年-
開業年月日 1922年大正11年)5月10日[1]

波田駅(はたえき)は、長野県松本市波田鍋割にある、アルピコ交通上高地線である。駅番号はAK-12

歴史

  • 1922年大正11年)5月10日:筑摩鉄道(この年の10月31日に筑摩電気鉄道に社名変更)島々線の波多駅として開業[1]
  • 1932年昭和7年)12月2日:社名変更により松本電気鉄道島々線の駅となる。
  • 1955年(昭和30年): 路線名変更により松本電気鉄道上高地線の駅となる。
  • 1956年(昭和31年)5月1日波田駅に改称(駅名の多の字を田に改名)[1]
  • 2011年平成23年)4月1日:アルピコ交通に社名変更。

駅構造

島式ホーム1面2線を有する地上駅直営駅である。列車交換は右側通行となっており、1日3回のみ行われている。駅舎とホームの間に構内踏切があり、駅舎側が2番線となっている。梓川の下から2つ目の河岸段丘の崖上に位置しており、西側の駅である渕東駅に向かっては、この河岸段丘の崖を斜めに下っている。

のりば

番線 路線 方向 行先
1 上高地線 下り 新島々方面
2 上り 新村信濃荒井松本方面
付記事項
  • 両線とも出発信号機が両側についており、入線してきた方向とは反対に折り返すことも可能[注釈 1]
  • 1960年代までは、下り線の南側に数本の引込線があり、日本通運の営業所も置かれていた。

利用状況

「松本市統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2009 504
2010 559
2011 560
2012 540
2013 575
2014 548
2015 555
2016 562
2017 548

駅周辺

2012年3月まで使われた駅舎を西方から撮影(2006年9月)

周辺は波田地区の中心部である。駅舎東側に「はたはたランド」というテナント店舗を併設している。

バス路線

波田駅
  • 松本市西部地域コミュニティバス(ぐるっとまつもと)(2023年4月現在[2]
    • 梓川・波田線:梓橋駅 行(うち1便は八景山公民館(2023年11月10日まで)や倭公園前やまとこうえんまえ )を経由)行
    • 朝日・波田線:アイシティ21経由・西洗馬公民館行き
    • 波田循環バス
  • 2023年3月31日までは以下の路線があった。

隣の駅

アルピコ交通
上高地線
下島駅(AK-11) - 波田駅(AK-12) - 渕東駅(AK-13)

脚注

注釈

  1. ^ スプリングポイントのため、新島々方から2番線に、松本方から1番線に入線することはできない。

出典

  1. ^ a b c d e f 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、317頁。 ISBN 9784784071647
  2. ^ 西部地域コミュニティバス

関連項目

外部リンク