男の償い

男の償ひ
おとこのつぐない
著者 吉屋信子
発行日 1937年(昭和12年)7月
発行元 新潮社
日本の旗 日本
言語 日本語 旧かな
ページ数 338ページ
コード NCID BN15889586
ウィキポータル 文学
[ ウィキデータ項目を編集 ]

男の償い』(おとこのつぐない)は、吉屋信子の「主婦の友」連載小説作品、及びそれを原作とした映画テレビドラマ化作品である。単行本や映画は昭和初期の物なので旧かな表示で『男の償』となっている。

映画

男の償ひ
監督 野村浩将
脚本 野田高梧
出演者 田中絹代
撮影 高橋通夫
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1937年8月13日(前篇)
日本の旗 1937年8月24日(後篇)
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語

『男の償ひ』は、1937年(昭和12年)8月13日に前篇、8月24日に後篇が公開された日本映画である[1]。製作は松竹大船撮影所

スタッフ

キャスト

テレビドラマ

1961年版

1961年12月7日 - 12月28日日本テレビ「武田ロマン劇場」枠(武田薬品工業一社提供、毎週木曜21時45分 - 22時30分)にて放送された[3]。白黒作品。全4回。

キャスト

スタッフ

日本テレビ 武田ロマン劇場
前番組 番組名 次番組
三百六十五夜
(1961.11.24)
男の償い
(1961.12.7 - 1962.12.28)
幾山河
(1962.1.4 - 1962.1.25)

1965年版

1965年11月22日 - 12月31日フジテレビライオン奥様劇場」枠にて放送された。連続テレビ映画[4]。白黒作品。全30回。

キャスト

スタッフ

主題歌


フジテレビ ライオン奥様劇場
前番組 番組名 次番組
続芸者っ子・下町育ち
(1965.10.4 - 1965.11.19)
男の償い
(1965.11.22 - 1965.12.31)
古都
(1966.1.3 - 1966.2.11)

1972年版

1972年6月19日 - 8月4日フジテレビライオン奥様劇場」枠にて放送された。連続テレビ映画[5]。カラー作品。全35回。

キャスト

スタッフ

主題歌

  • 1965年版と同じ
フジテレビ ライオン奥様劇場
前番組 番組名 次番組
愛の判決
(1972.5.1 - 1972.6.16)
男の償い
(1972.6.19 - 1972.8.4)
はるかなる愛
(1972.8.7 - 1972.9.22)

1976年版

1976年7月26日 - 10月29日、13時45分 - 14時00分にTBS系列にて『愛の償い』のタイトルで放送された[6]。連続スタジオドラマ。カラー作品。全70回。

キャスト

スタッフ

  • 脚本・小松君郎
  • 演出・檜山剛
  • 音楽・菊池俊輔
  • 制作・CBC
CBC制作・TBS系列 平日13:45 - 14:00枠
前番組 番組名 次番組
愛のゆくえ
愛の償い
(1976.7.26 - 1976.10.29)
幸せになりたい

脚注

  1. ^ 男の償い - KINENOTE - キネマ旬報映画データベース
  2. ^ 生年月日:1913年大正2年)8月31日、出生地:東京市芝区桜田本郷町、本名:斎藤大二郎(旧姓:佐々木)、没年月日:1987年昭和62年)7月16日
  3. ^ 「男の償い (1961)」テレビドラマデーターベース
  4. ^ 「男の償い (1965)」テレビドラマデーターベース
  5. ^ 「男の償い (1972)」テレビドラマデーターベース
  6. ^ 「愛の償い (1976)」テレビドラマデーターベース