白象 (将棋)

白象(はくぞう)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

大大将棋

南蛮成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
白象(はくぞう)
   
   

   
   
斜め後ろに何マスでも、縦横と斜め前に2マス動ける。飛び越えては行けない[2] - - -

泰将棋

成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
白象(はくぞう)
   
   

   
   
斜め後ろに何マスでも、縦横と斜め前に2マス動ける。飛び越えては行けない[3] 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マス動ける。

大局将棋

鐵将石将木将瓦将土将成駒。成ると象王

元の駒 動き 成駒 動き
白象(はくぞう)
   
   

   
   
全方向に2マス動ける。飛び越えては行けない。 象王(ぞうおう)
   
   

   
   
斜めに何マスでも動け、縦横に2マス動ける。飛び越えては行けない。

脚注

  1. ^ 象棋六種之図式』では、「びやくざう」(びゃくぞう)と読みが振られている。
  2. ^ 象戯図式』の図では後ろへ進む印がないが、解説では後ろにも進めるとなっており、本項目どおりの動きである。『象棋六種之図式』では、全方向に2マスずつ動けるとなっている。
  3. ^ 象戯図式』『諸象戯図式』では説明が省略され、大大将棋と同じ動きであることが推定される。『象棋六種之図式』では、前・横・斜め前に2マス、後ろに1マス動けるとなっている。

関連項目

参考文献

  • 梅林勲・岡野伸共著『改訂版 世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社、2000年)