竜ノ湖太郎

竜ノ湖 太郎
誕生 1986年6月25日(36歳)
職業 ライトノベル作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
代表作 問題児たちが異世界から来るそうですよ?
主な受賞歴 第14回スニーカー大賞奨励賞
デビュー作 『問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES ウサギが呼びました!』

竜ノ湖 太郎(たつのこ たろう)は日本小説家ライトノベル作家。代表作に、2013年1月から3月までアニメが放送された『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』などがある。

概要

大阪府出身で、大阪市立汎愛高等学校武道学科を卒業している[1]。仕事を辞職したその日に作家になることを決意し、小説を書き始める[1]。第14回スニーカー大賞では『EQUATION イクヴェイジョン』で奨励賞を受賞している[2]。後に、同作を『ミリオン・クラウン』として改稿し、発表している[3]。影響を受けた作品としては茅田砂胡の『デルフィニア戦記』、樹川さとみの『楽園の魔女たち』、林トモアキの『戦闘城塞マスラヲ』などを挙げており、特に『楽園の魔女たち』は自身の作品にも影響を与えたとしている[1]

代表作である問題児シリーズは世界累計300万部を突破している。

主な作品

ライトノベル

漫画

出典

[脚注の使い方]

外部リンク

#