粟野健次郎

粟野健次郎

粟野 健次郎(あわの けんじろう、元治元年5月18日1864年6月21日) - 昭和11年(1936年8月23日)は、日本教育者

経歴

陸奥国一関(現在の岩手県一関市)出身。新潟英語学校、新潟中学校を経て、文検に合格し[2]1886年明治19年)に中学師範各学校英語科教員免許状を受け、東京府中学校一等助教諭となった。翌年から第一高等中学校英語教員嘱託、1889年(明治22年)から第一高等学校教諭、1890年(明治23年)から第一高等学校教授を歴任した。東京時代の教え子に、夏目漱石若槻禮次郎本多光太郎らがいる[2]1892年(明治25年)、仙台の第二高等学校教授に転じ、土井晩翠、作家高山樗牛らを教導。1903年(明治36年)からは語学研究のためイギリスフランスドイツに2年間留学した。1925年大正14年)、退官。同年、第二高等学校講師嘱託になるとともに、名誉教授の称号を得た。

一関藩藩士の家の生まれ[2] だが、廃藩置県による父の失職に伴い新潟県に移る[2]。16歳で上京し、東京中の図書館に3年間通い詰め、古今東西の諸々の書籍を原語で読破した[2]。英語はもとより、ドイツ・フランス・イタリア・ラテン・ロシア・ペルシャ・中国の各語を解し[2]、読書量は抜群に多く博覧強記で、教職に就いてからも、英国出身の英語講師が粟野に教えを乞うほどであった[2]

粟野観音

東北大学旧・雨宮キャンパス[3] には、通称「粟野観音」という半跏思惟像があるが、これは粟野が1932年の退任時に、肖像画を作りたいという教え子らの申し出を断り、「肖像画を作るくらいなら、観音像でも建立してはどうか」と提案したことに由来する[2]。粟野観音は、東北大・片平キャンパスへの移設が検討されている(2021年5月現在)[2]

親族

  • 豊島定 - 弟。海軍教授。
  • 小野寺恕 - 弟。海軍中将。

脚注

  1. ^ 『官報』第2903号、昭和11年9月3日。
  2. ^ a b c d e f g h i 日本経済新聞・2021年5月5日・第24面「なぜ東北大に観音像 謎解く◇漱石の師、名物教授・粟野健次郎の足跡を追って」(文・伊藤久雄=粟野健次郎顕彰会会長)。記事は観音像の写真入り。
  3. ^ キャンパス移転”. 東北大学・大学院農学研究科・農学部公式サイト. 2021年5月7日閲覧。 雨宮にあった東北大農学部・大学院農学研究科は、2016年10月から青葉山に引越しを開始、2017年4月からは青葉山キャンパスでの授業が始まった。

参考文献

  • 『御大典記念 岩手県名士肖像録』岩手県名士肖像録刊行会、1930年。 
  • 『観音になった男』2016年3月、編著・粟野健次郎顕彰会、発行・粟野健次郎顕彰会事務局(岩手県一関市)(非売品)

#