金翅

金翅(きんし)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

大大将棋

鳳凰成駒。成ることはできない。

元の駒 動き 成駒 動き
金翅(きんし)
       
       
       
 
 
       
       
       
縦に何マスでも動け、斜めに3マス、横に2マス動ける。飛び越えては行けない[2] - - -

摩訶大大将棋

鳳凰成駒としてのみ存在する。

成駒 動き
金翅(きんし)
       
       
       
 
 
       
       
       
縦に何マスでも動け、斜めに3マス、横に2マス動ける。飛び越えては行けない。

泰将棋

鳳凰成駒。成ると金将

元の駒 動き 成駒 動き
金翅(きんし)
       
       
       
 
 
       
       
       
縦に何マスでも動け、斜めに3マス、横に2マス動ける。飛び越えては行けない[3] 金将(きんしょう)
     
   
 
 
       
         
縦横と斜め前に1マス動ける。

大局将棋

鳳凰麒麟南蛮成駒。成ると奔翅

元の駒 動き 成駒 動き
金翅(きんし)
       
       
    3 3    

       
       
       
縦に何マスでも動け、横と斜め後ろに3マス動ける。この時飛び越えては行けない。また、斜め前に駒を3個まで飛び越えて何マスでも動ける。 奔翅(ほんし)
       
       
    3 3    

       
       
       
縦横に何マスでも動け、斜め後ろに3マス動ける。この時飛び越えては行けない。また、斜め前に駒を3個まで飛び越えて何マスでも動ける。

脚注

  1. ^ 象棋六種之図式』では、大大将棋の説明で「こんじ」、泰将棋の説明で「こんし」と読み仮名が振られている。
  2. ^ 象棋六種之図式』では2種類の記述がある。ひとつは斜め前に他の駒を3つまで飛び越して何マスでも動け、前に何マスでも、横と斜め後ろに3マス動ける(本項目の大局将棋の解説から後ろへの動きを除いたもの)としており、もうひとつ(「已下成馬」という記述のあとにある)は斜め前に他の駒を3つまで飛び越して何マスでも動け、後ろに何マスでも、横と斜め後ろに3マス動ける(本項目の大局将棋の解説から前への動きを除いたもの)となっている。
  3. ^ 象棋六種之図式』では、縦に何マスでも、横に3マス動けるとしている。

関連項目

  • 将棋類の一覧
  • 将棋類の駒の一覧
  • 京将棋 - 京将棋連合の考案した「金翅将棋」というものがあり、金将を金翅に置き換えて行われる。動きは当該項目を参照のこと。(この項目のものと比べてかなり弱体化しており、成ることもできない)

参考文献

  • 梅林勲・岡野伸共著『改訂版 世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社、2000年)