阿部寿美子

あべ すみこ
阿部 寿美子
プロフィール
本名 深澤 寿美子(旧姓・阿部)[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京府豊多摩郡代々幡町(現:東京都渋谷区[1]
生年月日 1930年9月3日(93歳)
血液型 B型[2]
職業 女優声優
活動
活動期間 1952年 -

阿部 寿美子(あべ すみこ、1930年9月3日 - )は、日本女優声優東京府豊多摩郡代々幡町(現:東京都渋谷区)出身。夫は映画評論家の深沢哲也。

来歴

俳優座養成所の第1期生。

1952年俳優座準劇団員となり、同年映画「慟哭」でデビューする。1954年青年座に参加するがすぐに脱退、同年新東宝と専属契約。1957年劇団現代座に入るがまもなく脱退。同年、深沢哲也と結婚。

以前はプロダクションMAY・25に所属していた[2]

声優としては、NHK人形劇新八犬伝』の玉梓役が有名。登場時の「我こそは玉梓が怨霊」という決まり文句は、辻村ジュサブローによる迫力ある造形の人形と相まって、当時の視聴者の子どもに強い印象を与えた。阿部によると、この玉梓の台詞の演技は大変に体力を消耗するもので、体調の悪かったときには貧血で医務室行きになったこともあったという[1]

1977年から1992年まで辻村ジュサブローの人形芝居に語りとして参加する。1985年から毎年8月15日横浜で「平和を語る会」を上演している。

人物

趣味は旅行[2]

出演

映画

  • 慟哭(1952年)
  • ひまわり娘(1953年)
  • 思春の泉(1953年)
  • 悲恋まむろ川(1954年)
  • ほらふき丹次(1954年)
  • 男一匹(1955年)
  • 次郎物語(1955年)
  • 風流交番日記(1955年)
  • ノイローゼ兄さんガッチリ娘(1956年)
  • 阿修羅三剣士(1956年)
  • 勝鬨天魔峠(1956年)
  • 女競輪王(1956年)
  • 人形佐七捕物帖 妖艶六死美人(1956年)
  • 妖雲里見快挙伝(1956年)
  • 妖雲里見快挙伝 解決篇(1957年)
  • 怪談累が渕(1957年)
  • 霧の旗(1965年)
  • 運が良けりゃ(1966年)
  • 橋のない川(1969年)
  • 愛するあした(1969年)
  • 新八犬伝 第一部 芳流閣の決斗(1975年)
  • 聖母観音大菩薩(1977年)
  • 春男の翔んだ空(1977年)
  • 北緯15°のデュオ(1991年)

テレビドラマ

その他の番組

テレビ人形劇

舞台

吹き替え

脚注

  1. ^ a b c d 阿部寿美子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2023年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、12頁。
  3. ^ テレビ指定席 海の畑 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

外部リンク