香寿美

かすみ
香寿美
プロフィール
本名 大久保 香寿美(旧姓:近藤)
生年月日 1962年12月17日
現年齢 59歳
出身地 日本の旗 日本京都府綴喜郡田辺町(現・京田辺市
血液型 A
公称サイズ(2021年時点)
身長 161 cm
スリーサイズ 80 - 58 - 88 cm
活動
デビュー 1981年
ジャンル アイドル歌謡曲 POPS ジャズ ハワイアン
活動期間 1981年 -
アイドル: - カテゴリ

香寿美(かすみ、1962年12月17日 - )は、日本の女性シンガー、女優。キャッチコピーは「中高年のためのアイドル」。本名:大久保 香寿美(おおくぼ かすみ)、旧姓:近藤 香寿美(こんどう かすみ)。

京都府綴喜郡田辺町(現・京田辺市)出身。血液型:A型 身長:161cm 3サイズ:B80・W57・H85 干支:寅年 星座:射手座

来歴

小学4年生の時に宝塚大劇場で歌劇を観劇し、きらびやかな世界に憧れる。その日から「私は宝塚歌劇団に入る」という夢を持ち、小学5年生から京都 山口文子バレエ団に入団してクラック、モダンバレエを学ぶ。

その後、アイドルを目指す。1980年、ホリプロスカウトキャラバンに応募。大阪ABCホールの関西地区予選で、最後の5名に選ばれ、合格した(同時合格者に堀ちえみがいる)。しかし、18歳ではアイドルとしては高齢という理由で女優としてスカウトされ、ホリプロに入る。一人暮らしは危ないと祖母と二人で上京した。ホリプロだけではダメという両親の判断で東京デザイン専門学校インテリアデザイン科に入学、ホリプロに在籍しながら通学する。

テレビ神奈川の「クイズバトンタッチ」のレギュラーアシスタントとなり、モデルや様々な仕事でデビュー前の訓練をうけるも、通学していた専門学校では最優秀成績賞を受賞。専門学校を1983年に卒業後、数度の慰留を振り切る形でホリプロを退社して建築の道へ進み、一般企業に入社した。

本人は今でも宝塚受験をしなかったことを人生最大の後悔とブログで語っている[1]

それでも踊ることは続け、ジャズダンスブームでバレエからジャズダンスの世界へ、ニューヨークへ道場破りに行き、本場ブロードウェイで経験を積む。ダンス選手権のchacott杯では最優秀賞受賞する。

1990年、大阪新歌舞伎座での西城秀樹座長公演でのダンサーとして抜擢される。それをきっかけに八代亜紀川中美幸島倉千代子中条きよしなどから出演オファーを受け、舞台女優として活動した。当時の芸名は「日向霞」(ひゅうが かすみ)であった。蜷川幸雄演出の舞台や加山雄三の全国ディナーショーツアー公演にも参加する。

西城秀樹のコンサートのバンドマスターである大久保治信と縁があり1995年に結婚。同時に芸能界を引退。

2011年の東日本大震災をきっかけに「少しでも人のお役に立つことが出来ないか? 一生懸命生きていたい」という理由で「歌手になる」と家族に宣言する。「本来ならば人前に立つことをやめる年齢。だからこそ怖いものはなかった。幸いにも歌手になる環境は整っていた。」とブログで語っている[2]。だが同年、聖路加国際病院で悪性の乳癌と診断される。摘出手術が成功し、抗がん剤治療は免れた。

ピンクリボン運動の応援として女性が美しく生きていくために、乳癌で悲しむ人をなくしたいと、自らのブログに体験談を投稿する[3]

夫の大久保治信が作曲、編曲、キーボード奏者であることでプロデューサーとなり、2011年12月より都内や関西のライブハウスを中心に『中高年のためのアイドル』をキャッチフレーズに歌手活動を開始する。

2017年に椎間板ヘルニアによる座骨神経痛を発症、複数の診断や治療を受け、最終的に服用していたがんの薬を取りやめたことで収まった[4]。この療養については『壮快』2019年7月号(pp.180 - 181)にも取り上げられた。

2019年12月14日に、伊勢原市立子ども科学館内プラネタリウムで映像とコラボレーションしたコンサートを開催[5]

2020年1月10日発行 日本経済新聞社 日経MJ新聞に記事がトレンドとして掲載された。 一面の見出しが「近いアイドル 中高年が熱狂」最終面の記事の見出しは 「なんてたって近い中高年のアイドル」であった。[6]

2020年10月に予定されていた大雲寺(大阪市)でのコンサートが新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い中止となり、8月に自らのブログでそれを残念とするコメントを記した[7]

2020年12月 浄土宗新聞12月号に香寿美の原稿が掲載された。連載『あの言葉に想う』というコラム欄に「一期一会」と「正負の法則」(美輪明宏より)という言葉に自らの体験から語った[8]

2021年6月5日よりFM湘南ナパサにおいて本人がパーソナリティーを務める番組がスタート。 番組名は「香寿美のミュージックストリーム」毎週水曜日 22:00~22:30放送中[9]。(月1回から毎週に変更)

2022年7月1日「香寿美」の音楽事務所設立。名前は「ACTプロダクション」 (アクトプロダクション)Angel Create Tool productionの略称である。アドレスは[email protected] [10]


舞台女優時代の出演

当時の芸名は「日向霞」。

  • 「ジンギスカン」(ミュージカル)
名古屋御園座(1991年9月)・新歌舞伎座(1991年11月)
  • 「パリの踊り子たち」(ミュージカル) - ジュジュ役
新神戸オリエンタル劇場(1992年10月)
バンダイによる公演(1993年)
博品館劇場(1993年)
銀座セゾン劇場(1993年)
近鉄劇場(1994年)

人物

スイーツが大好物でファンからの贈り物はチョコレートやマカロンなど甘いものばかりで、ファンからは「おやつ姫」と言われている。好きなスイーツで一番の大好物はフルーツパフェである[11]

映画「ミニオンズ」のミニオンが大好きでミニオングッズを自分の部屋に置きライブ会場にもアイテムが登場することもある[12]

2012年10月からFacebookを始めており、ファンとのコメント交流やライブ情報などプライベートライフを発信している[13]

自身のブログで、美味しい料理のお店を「香寿美の食べ歩き」と称して写真と共に紹介している[14]

西城秀樹との関係は深く27歳の頃、舞台でバックダンサーとして踊っていた。現在、夫であり本人のプロデューサーである大久保治信が西城のコンサートのバンドマスターをつとめていたということで秀樹さんが「結びの神」になったと語っている。アイドル歌手デビューしてからは西城の曲をカバーして歌っている。[15]

音楽性

オリジナル曲、スタンダードジャズ、昭和歌謡曲、ハワイアンなど様々なジャンルをオリジナルアレンジで歌って踊るスタイル。

自身も作詞作曲をし、作曲、編曲、プロデュース、キーボード奏者である大久保治信がプロデューサーとしてサポート、ライブコンサートでも演奏をつとめる。

ホリプロ時代の17才の頃にCMソングも歌っていた。[16]

楽曲

  • 1999年『ねこ軍のテーマ』(セガ ドリームキャスト用ゲームソフト「戦国TURB」挿入歌) 歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2000年『DOWN TOWN』作詞:香寿美 作曲:富塚 和彦 編曲:大久保 治信
  • 2013年『想春花曲』(そうしゅんかきょく) 歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2013年『月夜のブランコ』歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2014年『Bitter Sweet Love』歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2015年『恋のパンケーキ』歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2015年『風にのせて』歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2018年『ねぇお願い』歌詞:香寿美 作曲・編曲:大久保 治信
  • 2019年『キューピットの恋』歌詞:柏田道夫 作曲:万砂子&香寿美 編曲:大久保 治信
  • 2020年『MY SONG~私の歌~』歌詞:柏田道夫 作曲:香寿美 編曲:大久保 治信
  • 2021年『忘れられないSunset』

作詞:香寿美 作曲:大久保 治信

・2021年9月『Shooting Star 』作詞:香寿美 作曲:大浜 和史

・2021年9月 『クリスマスローズの花束を』作詞:柏田 道夫 作曲:香寿美 編曲:大久保 治信

ライブ履歴は公式ウェブサイトを参照[17]

関連文献

  • 「中高年が熱狂.近いアイドル」日経MJ2020年1月10日[18]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝塚への後悔…。 -  香寿美のおしゃべりオフィシャルブログ(2020年7月22日)
  2. ^ アイドル香寿美の誕生話♪ -  香寿美のおしゃべりオフィシャルブログ(2020年3月11日)
  3. ^ 香寿美オフィシャルブログ「ピンクリボン運動 1~4 過去の記事のまとめ♪」より(2020年8月2日閲覧)
  4. ^ “愉快な"病人"たち 歌手の香寿美さん「坐骨神経痛」に苦しんだ1年半を語る”. 日刊ゲンダイ. (2020年8月11日). https://hc.nikkan-gendai.com/articles/275215 2020年8月22日閲覧。 
  5. ^ プラネタリウム特別企画「クリスマス ほしぞらコンサート」 - 伊勢原市子ども科学館(2019年10月22日)
  6. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12565950171.html
  7. ^ 浄土宗大阪大雲寺『月影ライブ』今年は中止 - 香寿美のおしゃべりオフィシャルブログ(2020年8月3日)
  8. ^ https://gamp.ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12640119452.html
  9. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12734061853.html
  10. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12751156619.html
  11. ^ https://gamp.ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12587485224.html
  12. ^ https://gamp.ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12690179401.html
  13. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-11507367445.html
  14. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12345860423.html
  15. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-12376785202.html
  16. ^ https://ameblo.jp/lovelovepeechan/entry-11503713469.html
  17. ^ Live履歴 - オフィシャルウェブサイト
  18. ^ 【10日のMJ】最近の若い人の歌はさっぱりわからない。こんな中高年を逆に引きつけているアイドル歌手が活躍しています。 - 日経MJ Twitterアカウント(2020年1月10日)

外部リンク

#