2007年山梨県知事選挙

2007年山梨県知事選挙
山梨県
2003年 ←
2007年1月21日 (2007-01-21)
→ 2011年

投票率 66.23%
 
候補者 横内正明 山本栄彦 石原秀文
政党 無所属 無所属 日本共産党
得票数 235,383  187,955 24,203
得票率 51.07% 40.78% 5.25%

選挙前知事

山本栄彦

選出知事

横内正明

2007年山梨県知事選挙(2007ねんやまなしけんちじせんきょ)は、2007年平成19年)に実施された、山梨県知事を選出する選挙について記述する。

概要

現職知事の任期満了に伴い実施された選挙で、2007年(平成19年)1月4日に告示され、1月21日に投開票が行われた。

前回の選挙で初当選を果たした現職の山本栄彦に対し、8,969票差で敗れ当初は出馬しない意向であった横内正明が翻意し再度挑むことになり、実質この2人の一騎撃ちとなった。

前回では民主党堀内光雄をはじめとする県内選出の自民党国会議員や山梨県議会議員の多くから支持を受け当選した山本であったが、政策の問題における県政の混乱が発生したことに加え、堀内が一時期党籍を追われたことや支援団体である山梨県教職員組合政治資金規正法違反の影響から今回は民主党の県連からの支援に留まるなど苦戦を強いられることになった。一方で前回争っていた井上幸彦や山本の政策を検証していた検証機関ふるさと山梨を考える会、さらに保坂武や県連所属の83会のメンバーなど複数の自民党国会議員などから支持・支援を受けた横内は山本の政策を見直し独自の政策を強調した「ほっとけない運動」を展開し有利に選挙を進めていった。

そして投開票の結果、横内が山本を破り前回の雪辱を果たした。

立候補者

この選挙に立候補した者は以下の4名である。上述の通り事実上山本と横内による争いとなった。

山梨県知事選挙届け出候補一覧(届け出順)
候補者 年齢 党派 新旧 推薦・支持党派 前職・経歴
横内正明  64  無所属 新人 財団法人土地総合研究所理事
衆議院議員(3期)
山本栄彦  71 無所属 現職 山梨県知事(1期)
甲府市長(3期)
石原秀文 63 日本共産党 新人 日本共産党 甲府共立病院医師
金子望 61 無所属 新人   竹中英太郎記念館主宰
電通社員

選挙結果

  • 投票率:66.23%(投票者数465,399名)前回67.45%をやや下回る結果となった[1]
候補者別得票[2]
当落 候補者名 所属党派 新旧 得票数 得票率
当選  横内正明  無所属  新人 235,383 
山本栄彦  無所属 現職 187,955
石原秀文 共産 新人 24,203
金子望 無所属 新人 13,315
合計 460,856

前回は開票率が90%台になるまで当確が出なかったほどの接戦であったが、今回は開票数分で当確が出るなど結果47,428票の大差で横内の勝利に終わった。市町村別に見ると前回山本の勝利に貢献した甲府市(前回約2万票差)と笛吹市(同約9千票差)でそれぞれ2千票しか差がつかなかったこと、また富士吉田市山梨市など前回山本に票が入った所でも今回形勢が逆転するなど山本にとって苦しい状況であったことが改めて浮き彫りとなった。

一方で横内は地元韮崎市をはじめ南アルプス市甲斐市北杜市など票が見込める地域で着実に地盤を固めたほか、上記自治体で切り崩しを行うなど有利に選挙戦を展開していった。

出典

  1. ^ 山梨県知事選挙 投票状況 - 山梨県選挙管理委員会(2011年11月30日閲覧)
  2. ^ 山梨県知事選挙 得票表 - 山梨県選挙管理委員会(2011年11月30日閲覧)

#