E・W・スクリップス・カンパニー

E・W・スクリップス・カンパニー
The E. W. Scripps Company
種類
公開
市場情報 NASDAQ: SSP(クラスA)
S&P 600コンポーネント
業種 テレビラジオ放送
設立 1878年11月2日
オハイオ州クリーブランドの「ペニー・プレス」として)
創業者 エドワード・ウィリス・スクリップス
本社
主要人物
リッチ・ベーネ(会長)
アダム・P・シムソン(社長兼最高経営責任者)
売上高 14億2000万US$(2019年)
営業利益
1億2700万US$(2016年)
子会社 IONメディア
カッツ・ブロードキャスティング
ウェブサイト www.scripps.com
Footnotes / references
[1]

E・W・スクリップス・カンパニーThe E. W. Scripps Company)は、1878年にエドワード・ウィリス・スクリップスによる日刊紙チェーンとして設立されたアメリカ放送運営会社であり、かつてはメディア・コングロマリットでもあった。本社はオハイオ州シンシナティスクリップス・センター内にある。企業モットーは「Give light and the people will find their own way光を与え、人々は自分の道を見つける)」であり、それはメディア帝国の長年の灯台のロゴによって象徴されている。

市場リーチの点では、スクリップスはABCウォルト・ディズニー・カンパニーが所有)系列の2番目に大きな事業者であり、シンクレア・ブロードキャスト・グループに次ぐ、ハースト・テレビジョンテグナに次ぐ企業である。IONメディアを通じて、無料放送のIONテレビジョンネットワークも所有している。また、無料放送およびストリーミングプレゼンスに変換されている全国的なケーブルニュースネットワークであるNewsyと、多数の無料放送のマルチジャンル・デジタルサブチャンネル・マルチキャスト・ネットワークを放送しているカッツ・ブロードキャスティングを所有している。

歴史

19世紀

E・W・スクリップス・カンパニーは、1878年11月2日エドワード・ウィリス・スクリップスクリーブランドの「ペニー・プレス」創刊号を発行した際に設立された新聞社だった[4]

1894年、スクリップスと彼の異母兄弟であるジョージ・H・スクリップスは、様々な新聞を最初の現代新聞チェーンにまとめた。1895年7月、シンシナティ・ポストのゼネラル・マネージャーかつ長年のパートナーであるミルトン・A・マクレーのリーダーシップを反映して、スクリップス=マクレー・リーグScripps-McRae League)と名付けられた[5][6]。同社はこの10年間で拡大し、カリフォルニア、デンバー、シカゴ、ダラス、ナッシュビルなどで新聞を発行した[4]

20世紀

1922年11月初旬、スクリップス・マクレー・リーグは、会社幹部であるロイ・W・ハワードを讃えるためにスクリップス・ハワード新聞Scripps-Howard Newspapers)に改名された[7]。同年11月23日E・W・スクリップス・カンパニーが設立され、スクリップスの子供と孫のために信託された[8]。同社の株式は、ニューヨーク証券取引所で取引されたクラスA普通株式と、公開取引されておらず、会社の取締役の過半数を選任した普通議決権株式の2種類に分けられた(ニューヨーク・タイムズ・カンパニーワシントン・ポスト組織を含む多くのメディア会社は、会社の創設者の子孫が会社を管理し続けることができるように、このシステムによって管理されている[9])。E・W・スクリップス1926年に亡くなった。

1902年6月2日、スクリップスは、オハイオ州クリーブランドに、スクリップスが所有する様々な新聞のニュースリポートサービスとして、ニュースペーパー・エンタープライズ・アソシエーション(NEA)を設立した。1907年にスクリップスが所有していない新聞にコンテンツの販売を開始し、1909年までに、漫画、写真、特集も提供する、より一般的なシンジケートになった。1915年にクリーブランドからシカゴに移転し、サンフランシスコにオフィスを構えた。NEAは急速に成長し、1920年には400紙、1930年には約700紙にコンテンツを配信した[10]。今日、現在も運営されている最古のシンジケートである。

スクリップスは1907年に3つの小さなシンジケートを統合してユナイテッド・プレス通信社(UP)を設立し、1958年に、当時「新聞王」と呼ばれていたウィリアム・ランドルフ・ハーストの小さな競合機関である国際通信社(INS)と合併してユナイテッド・プレス・インターナショナル(UPI)を設立するまでそれを管理していた。ハースト・コーポレーションをマイノリティパートナーとして、UPIは1982年に売却されるまでスクリップスの管理下にあった[11][12][13][14]。別の通信社であるスクリップス・ハワード・ニュース・サービスScripps Howard News Service)は、1917年から2013年までの96年間運営されていた[15]

ユナイテッド・フィーチャー・シンジケートは、編集コラム、特集、続き漫画を配布するために、UPの一部門として1919年に設立され、スクリップスがピューリッツァー社のシンジケーション部門、プレス出版社、ワールド・フィーチャー・サービスを管理していたニューヨーク・ワールドを買収したおかげで、1931年秋にシンジケーション市場で支配的なプレーヤーとなった[16][17][18][15]1978年5月、スクリップスはユナイテッドフィーチャーシンジケートとニュースペーパー・エンタープライズ・アソシエーションを統合してユナイテッド・メディア・エンタープライズを設立した[19][20]

同社は第二次世界大戦前の期間を通じて新聞の保有を拡大し、「ロッキー・マウンテン・ニュース」や「ノックスビル・ニュース・センチネル」など、多くのタイトルを取得して統合した。次の数十年にわたって、閉鎖と販売の細流が発生しました。1966年、スクリップスの「ニューヨーク・ワールド・テレグラム」は「ニューヨーク・ワールド・ジャーナル・トリビューン」に統合され、1967年に閉鎖された。インディアナポリス、ワシントン、ヒューストン、フォートワースの新聞は1960年代と1970年代に閉鎖され、かつての旗艦であった「クリーブランド・プレス」は1980年に売却された。スクリップスはまた、メンフィス、コロンバス、サウザンドオークス、エルパソの物件を1980年代から1990年代にかけて閉鎖し、1992年には「ピッツバーグ・プレス」を売却した。

1985年、市場を拡大するためにカルテス・ビデオ・コミュニケーションズ(Kartes Video Communications)を買収し、ホームビデオの進出に乗り出した[21]。2年後、スクリップス=ハワードによるヘインズ(Hanes)の買収が失敗に終わった後、スクリップス・ハワードはカルテス・ビデオ・コミュニケーションズを創業者に売却した[22]

1997年、スクリップスはテキサス州アビリーンウィチタフォールズサンアンジェロプレイノの各都市で日刊紙を買収し、さらにサウスカロライナ州アンダーソンハート・ハンクス・コミュニケーションズから新聞を買収し、25の非日刊紙とサンアントニオを拠点とするKENS-TVとKENSを買収した[23]。買収価格は、連邦政府の決定に応じて、6億500万ドルから7億7,500万ドルの間になる予定だった[24](スクリップスは、最終的に全ての新聞を2015年にジャーナル・メディア・グループにスピンオフした)。

スクリップスは1935年に放送事業に最初の進出を果たし、コンチネンタル・ラジオContinental Radio)と呼ばれる会社を設立し、シンシナティのラジオ局WCPOとノックスビルのWNOXを買収した。戦後になり、1947年、スクリップスは最初のテレビ局であるクリーブランドを拠点とするWEWS-TVを開設し、その後、メンフィスを拠点とするWMC-TVとシンシナティを拠点とするWCPO-TVを開設した[4]。現在、数十のテレビ・ラジオ局を所有している。1980年代と1990年代に、スクリップスはケーブルテレビプロバイダーとなり、ケーブルの番組編成も開発した。特に、1990年にSportSouth(現在はバレー・スポーツ・サウス)(ターナー・ブロードキャスティング・システム及びテレコミュニケーションズ(TCI)との合弁事業)、1993年フード・ネットワーク1994年HGTVを開局させた(2008年にケーブルプロパティをスクリップス・ネットワーク・インタラクティブにスピンオフした)。

1988年新規公開株式(IPO)を公開した[4]。当時、20の日刊紙と9つのテレビ局を所有し、10の州にケーブルシステムがあった。1990年にシンシナティのダウンタウンに新本社である35階建てのスクリップス・センターを完成させた[25]

21世紀

2007年10月、E・W・スクリップス・カンパニー(新聞、テレビ局、ライセンス/シンジケーション)とスクリップス・ネットワークス・インタラクティブHGTVフード・ネットワークDIYネットワーククッキング・チャンネル(旧称:「ファイン・リビング (ヨーロッパのテレビチャンネル)」)、トラベル・チャンネルGACファミリー)の2つの上場企業に分離すると発表した。取引は2008年7月1日に完了した。

2009年WFTS-TVでテスト開始された後、スクリップス所有のテレビ局は2010年YouTubeチャンネルを開設した。これらは、ハースト・テレビジョンLINテレビジョンが運営するYouTubeチャンネルに似ている。

2011年2月24日、ユナイテッド・メディアは、ユニバーサルUclick(Universal Uclick、現:アンドリュース・マクミール・シンジケーション)と、同社の150あるコミックストリップとニュース機能のシンジケーションに関する配信契約を締結し、同年6月1日に発効した[26][27]。その時点で、ユナイテッド・メディア、ひいてはスクリップス・カンパニーはシンジケーション事業から撤退した[28]

2011年9月12日コックス・メディア・グループレイコム・メディアと提携して、バイラルビデオ番組『ライト・ディス・ミニット』(以下、RTM)を開始した。 同日、ニュースマガジン『ザ・リスト(The List)』も開始した。どちらも「自家製」番組、つまりスクリップスによって制作された番組のアプローチの一部だった。レイコムも同日に『アメリカ・ナウ』を開始した。『RTM』と『ザ・リスト』の制作者は、2015年に「T・D・ジェイクス」を立ち上げ、この「自家製」番組アプローチをテグナに適用した。スクリップスは2013年に『レッツ・アスク・アメリカ』(現在は終了)を開始し、テレピクチャーズと提携してこれを行い、2017年には『ピクラー・アンド・ベン(Pickler and Ben)』を開始した。

2011年10月3日マグロウヒルの放送部門であるマグロウヒル・ブロードキャスティング(McGraw-Hill Broadcasting)が所有する7つのテレビ局全てを2億1,200万ドルで買収すると発表した[29]。この買収により、スクリップス所有局の数はほぼ2倍の19になり、アメリカ国内の世帯の合計リーチは13%となった。2012年にE・W・スクリップスの孫であるロバート・スクリップスが亡くなると、エドワード・W・スクリップス・トラストは解散し、その株式は生き残った受託者の間で分割された[9]

2013年12月、Newsyを3,500万ドルで買収した[30]

2014年7月30日、スクリップスとジャーナル・コミュニケーションズ(Journal Communications)は、両社が新聞資産を統合してスピンオフすることを発表した[31]。この契約により、E・W・スクリップス・カンパニーの名前でシンシナティ本社を維持する放送グループと、ウィスコンシン州ミルウォーキーに本拠を置く新聞社がジャーナル・メディア・グループの名前で作られた[32]。FCCは2014年12月12日に取引を承認し、2015年3月11日に株主によって承認された[33]。合併とスピンオフは同年4月1日に完了した[34][35]。次に、ジャーナル・メディア・グループは2016年4月8日ガネット・カンパニーに買収された。ガネットはまた、スクリップスとジャーナル・メディア・グループの合併から数か月後に、テレビと放送事業をスピンオフのテグナに移した。

2016年4月、デマンド・メディアは、ユーモア/リスティクルのウェブサイトCracked.comをE・W・スクリップスに売却したことを発表した[36]。6月には、Deezerからポッドキャストサービスのスティッチャー・ラジオを買収した[37]

2017年8月1日カッツ・ブロードキャスティングとその3つのネットワークに加えて、カッツが運営するバウンスTVを2億9,200万ドルで買収し、会社の残りの95%を買収したことを発表した[38]。買収は2017年10月2日に完了した[39]2018年5月22日、同年6月4日に発効したニューヨーク証券取引所からナスダックに普通株式の上場を変更すると発表した[40]

スクリップスの新聞

名称 都市 結果 日付 備考
ザ・デイ・ブック シカゴ 閉鎖 1917年7月6日 実験的で広告のないペニープレスは、利益の期待を下回った。
ヤングスタウン・テレグラム ヤングスタウン 1936年7月2日 ヤングスタウン・ヴィンディケーター・プリンティング・カンパニーに買収され、「ザ・ヴィンディケーター」に統合された。
トレド・ニュース=ビー トレド 1938年8月2日 同紙の古跡は「トレド・ブレード」によって買収された。
ヒューストン・プレス ヒューストン 1964年3月20日 資産は「ヒューストン・クロニクル」に売却された。
サンフランシスコニュース サンフランシスコ 合併 1965年 1903年創業。1959年、ハーストの「サンフランシスコ・コール=ブレティン」と合併し、「ニュース=コール・ブレティン(The News-Call Bulletin)」を形成。ハーストは1962年に完全な支配権を獲得し、1965年に「サンフランシスコ・エグザミナー」に統合された。
インディアナポリス・タイムズ インディアナポリス 閉鎖 1965年10月11日 夕刊
ニューヨーク・ワールド・テレグラム ニューヨーク市 合併、その後閉鎖 1966年4月23日「ワールド=テレグラム・アンド・ザ・サン」1967年5月5日「ワールド・ジャーナル・トリビューン」 1951年に「ニューヨーク・サン」の残党を買収した後、「ニューヨーク・ワールド=テレグラム・アンド・ザ・サン」として知られるようになった。ハーストの「ニューヨーク・ジャーナル・アメリカン」とジョン・ヘイ・ホイットニーの「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」(3人の所有者全員が「World Journal Tribune, Inc.(ワールド・ジャーナル・トリビューン・インコーポレーテッド)」として出版物に出資していた)という異なる歴史を持つ他の2つの新聞の間で提案された共同運営協定が組合の圧力により崩壊した後、3つ全てが合併して「ニューヨーク・ワールド・ジャーナル・トリビューン」を形成した。統合された同紙は、合併に端を発した新聞社のストライキにより140日間発行されず、最終的に翌5月に畳まれた。スクリップスはワールド=テレグラムの年次刊行物、「ワールド・アルマナック・アンド・ブック・オブ・ファクツ」の所有権を1993年まで維持し、1993年にプライメディアに売却された。
ワシントン・デイリーニューズ ワシントンD.C. 売却 1972年8月 売却され、最終的に「ワシントン・スター」に統合された。
フォートワース・プレス フォートワース 閉鎖 1975年
クリーブランド・プレス クリーブランド 売却 1980年10月31日 会社初の新聞であり、オリジナルの旗艦。1960年に「クリーブランドニュース」と合併。1960年代から1970年代にかけて「クリーブランド・プレイン・ディーラー」が発行部数と収益の両方でそれを上回った後、1980年に起業家のジョセフ・E・コール(Joseph E. Cole)に売却された。その後、1982年6月17日に閉鎖された。
メンフィス・プレス=シミター メンフィス 閉鎖 1983年10月31日 午後のみの日刊紙。同紙のルーツは1880年にさかのぼる。1906年にスクリップスの前身であるスクリプス・マクレー・リーグに買収された。スクリップスは1936年に同市の朝刊「ザ・コマーシャル・アピール」を購入し、新聞事業から撤退するまでそれを保持していた。
コロンビア・シチズン=ジャーナル コロンバス 1985年12月31日 1899年創業。また、1814年に創刊されたオハイオ州で最初の新聞の1つである「The Ohio State Journal」にそのルーツがあった。「コロンビア・ディスパッチ」との共同運営協定の一環として、数十年にわたって運営された。「ディスパッチ」がJOAを打ち切った後、スクリップスは同紙を畳み、アクロン地域の実業家ナイルズ・V・ラインフェルド(Nyles V. Reinfeld)への同紙の売却は崩壊した。
ピッツバーグ・プレス ピッツバーグ 売却 1992年5月17日 ブロック・コミュニケーションズに売却され、その後「ピッツバーグ・ポスト=ガゼット」に統合された。2011年から2015年にかけてオンライン専用紙として復活。
サウザンドオークス・ニュース・クロニクル サウザンドオークス 閉鎖 1995年7月22日 出版はカリフォルニア州カマリロに移転し、共同所有の「ベンチュラ・カウンティ・スター」と合併した。
エルパソ・ヘラルド=ポスト エルパソ 1997年10月11日
バーミンガム・ポスト=ヘラルド バーミングハム 2005年9月23日 ルーツは、バーミンガムが市として法人化される21年前に設立された「イーライトン・ヘラルド(Elyton Herald)」にさかのぼる。1950年、スクリップスが所有する「バーミンガム・ポスト(Birmingham Post)」と合併。長い間朝刊だったが、共同運営協定のパートナーである「バーミンガムニュース」(2012年に3週刊紙になった)の要請により、午後のみの発行に切り替えた。
シンシナティ・ポスト シンシナティ 2007年12月31日 ケンタッキー州コビントン地域で「ケンタッキー・ポスト」として配布。そのバージョンは、今日まで運営されている「KYPost.com」としてオンラインのみの出版物に変換された。
ジ・アルバカーキ・トリビューン アルバカーキ 2008年2月23日 創業者であるカール・マギーの新聞のスローガンである「Give light and the people will find their own way(光を与えれば、人々は自分の道を見つける)」というスローガンと付随する灯台のロゴは、1923年のスクリップスによる買収後に採用された。
ロッキー・マウンテン・ニュース デンバー 2009年2月27日 1926年にスクリップスによって購入された。出版150周年の55日前に畳まれている。
コロラド・デイリー ボルダー 売却 2009年 メディア・ニュース・グループに買収された。
ザ・デイリー・カメラ ボルダー 2009年 メディア・ニュース・グループに買収された。
ベンチュラ・カウンティ・スター カマリロ 売却 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
レディング・レコード・サーチライト レディング 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
ネイプルズ・デイリーニューズ ネイプルズ 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
エバンズビル・クーリエ&プレス エバンズビル 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
フルートン・ニュース・トリビューン フラートン 1987年 1987年に他の23の週刊紙と共に、サンディエゴを拠点とするコミュニティ・メディア・エンタープライズ(Community Media Enterprises)に売却された。1992年にフリーダム・コミュニケーションズに売却され、オレンジ・カウンティ・レジスター事業に統合された。現:デジタル・ファースト・メディアの一部
ザ・グリーナー ヘンダーソン 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
ノックスビル・ニュース=センチネル ノックスビル 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
ザ・コマーシャル・アピール メンフィス 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
アビリーン・リポーター=ニュース アビリーン 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
サンアンジェロ・スタンダード=タイムズ サンアンジェロ 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
タイムズ・レコード・ニュース ウィチタフォールズ 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
キトサップ・サン ブレマートン 2015年4月1日 ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
ザ・スチュアートニュース スチュアート 2015年4月1日 2000年にスクリップスが買収。トレジャー・コースト新聞の一部。ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
インディアン・リバー・プレス・ジャーナル ベロビーチ 2015年4月1日 2000年にスクリップスが買収。トレジャー・コースト新聞の一部。ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
セント・ルーシー・ニュース=トリビューン フォートピアス 2015年4月1日 2000年にスクリップスが買収。トレジャー・コースト新聞の一部。ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部
ザ・ジュピター・クーリエ ジュピター 2015年4月1日 1978年にスクリップスが買収した週刊紙。トレジャー・コースト新聞の一部。ジャーナル・メディア・グループにスピンオフ、現:ガネットの一部

シンジケート

  • ユナイテッド・メディア(1978年 - 2011年)は、次のメンバーで構成されている。
    • ユナイテッド・フィーチャー・シンジケート(1919年創業) - 「ピーナッツ」、「ガーフィールド」、「リル・アブナー」、「ディルバート」、「ナンシー」、「マーマデューク」など、多くの有名なコミック・ストリップをシンジケートした。
    • ニュースペーパー・エンタープライズ・アソシエーション(1902年創業) - 元はスクリップス・ハワード・ニュース・サービスの二次ニュースサービスだったが、後に一般的なシンジケートに発展した。「アリー・ウープ」、「Freckles and His Friends」、「The Born Loser」、「Frank and Ernest」のほか、毎年恒例のクリスマスコミック・ストリップのシンジケートで最もよく知られている[41]

ユナイテッド・メディアがシンジケートするプロパティの配信権は、2011年2月にユニバーサル・ユークリックに委託された。ユナイテッド・メディアは事実上消滅したが、スクリップスは依然として著作権と知的財産権を保持している[26][27]

スクリップスは、1982年に売却されるまで、UPI通信社(1907年の創業から1958年のハースト国際通信社との合併までの「ユナイテッド・プレスUnited Press)」)も運営していた。

放送

スクリップスの放送テレビ局部門 (一般にスクリップス・メディアScripps Media)またはスクリップス・ハワード・ブロードキャスティングScripps Howard Broadcasting、旧:コンチネンタル・ラジオContinental Radio))としても知られる)は、現在、43の市場で62のテレビ局を所有または運営しており、フルパワー局と低出力局だけでなく、再放送局、中継局、リピーター局、サテライト局も含まれている。そのうち、19のABC加盟局、12のCBS加盟局、11のNBC加盟局、6つのFOX加盟局、4つのCW加盟局、2つのマイネットワークTV加盟局、3つの専門ネットワーク加盟局、任意のネットワーク系列から独立した1つの放送局である。

歴史

1935年~1947年:初期の歴史、ラジオの時代

1935年にスクリップス・ハワードが買収したラジオ局WDBZによって放送事業に進出し、新聞社「シンシナティ・ポスト」にちなんで「WCPO」と改名した時に設立された[42]

その後、スクリップスは家具チェーンのスターキ・ブラザーズ(Sterchi Brothers)からラジオ局WNOXを購入した[43][44]1936年、ザ・コマーシャル・アピール(The Commercial Appeal)は、WMC放送局群を含むスクリップス・ハワード新聞チェーンに買収された[45]1937年、メンフィス・プレス=シミター(Memphis Press-Scimitar)は、同年にメンフィスのファースト・バプテスト教会からWGBCを買収し、文字をWMPSに変更した。

1947年~1977年:テレビの時代

1947年、最初のテレビ局であるクリーブランドを拠点とするWEWS-TVを開設して、放送事業を拡大した。これに続いて、1948年にメンフィスを拠点とするWMC-TVと、1949年にシンシナティを拠点とするWCPO-TVが放送された[4]

1961年に、ウェストパームビーチの放送局WPTV-TVをフィップス(Phipps)一家から購入して、テレビの所有権を拡大した。ほぼ9年後、セントラル・プレインズ・エンタープライズ(Central Plains Enterprises)からタルサの放送局KVOO-TVを購入した。売却は1970年11月25日にFCCの承認を受け、翌月の12月31日に完了した[46][47]。スクリップスの買収が完了した翌日の1971年1月1日、同局はコールレターを「KTEW-TV」(「Tulsa E.W. Scripps」の略で、「2」の音声学のように聞こえると簡単に解釈される)に変更した。この変更は、同じ市場のテレビ局とラジオ局が異なる所有者と同じコールレターを共有することを禁止した当時有効なFCC規則により行われた[48]

1963年までに、スクリップス=ハワード・ブロードキャスティング・カンパニー(Scripps-Howard Broadcasting Company)という親しみやすい名前を採用し、それを公開した[49]

1977年~1994年:独立局の拡大

1977年、カンザスシティのKBMA-TVをビジネスマンズ・アシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカから買収することで独立局の領域に焦点を拡大したが、1981年に局名をKSHB-TVに変更した。ほぼ7年後の1984年、エドウィン・コッパースタイン(Edwin Copperstein)がトリビューン・カンパニーからの入札を拒否した後、スクリップスはすぐにフェニックスの独立局KNXV-TVを購入した。売却の余地を作るために、ラジオ局KMEO-AM-FMを売却する必要があった[50]

ほぼ1年後、FCCがキャピタル・シティーズ・コミュニケーションズとABCの組み合わせが12局の新しい所有権制限と25%の全国リーチ制限を超えたと感じた後、スクリップスはABC放送局、デトロイトのWXYZ-TV、及びタンパベイの独立局WFTS-TVをスピンオフ再編成の一環としてキャピタル・シティーズから購入した[51][52]1986年10月9日、フェニックスとカンザスシティにあるスクリップスの2つの放送局が、フォックス・ブロードキャスティング・カンパニーのテレビネットワークの提携局になった[53]WTOG-TVがネットワークから脱退した後、1988年にタンパベイの3つ目の独立局がFOXに参加した[54]

1988年、会社の放送部門は、テレビ番組を制作及び販売するために、独自の制作会社スクリップス・ハワード・プロダクションズ(Scripps Howard Productions)を開始した[49]

1990年から1995年まで、ターナー・ブロードキャスティングテレコミュニケーションズと共に、地域スポーツネットワークのスポーツサウス(SportSouth)のパートナーだった。1996年、同ネットワークはニューズ・コーポレーションに売却され、FOXスポーツ・サウスになった。

1990年夏、スクリップスはボルチモアのNBC提携局WMAR-TVをジレット・コミュニケーションズ(Gillett Communications)から買収したが、1991年2月、ジレットがWMARの財務諸表を誤って報告したとしてスクリップスが非難したため、譲渡は取り消された。その後、ジレットはスクリップスに対して訴訟を起こしたが[55]、双方が和解し、売却が進んだ。1991年春に同局の支配権を握った[56]

1993年7月19日、WMC-AM-FM-TVをアトランタの実業家バート・エリス(Bert Ellis)と彼の新しい会社エリス・コミュニケーションズ(Ellis Communications)に売却した[57]

1994年ノックスビルに拠点を置くシネテル・プロダクションズ(Cinetel Productions)を買収し、最終的に同年12月にHGTVとして開始される新しいホームライフスタイル指向のケーブルネットワークの制作拠点として機能した。スクリップスは後にフード・ネットワークの株式を取得し、DIYネットワークとして知られるHGTVのスピンオフを立ち上げた[58][59][60]

1994年~2000年:再編成の影響とABC及びNBCとの取引

1994年から1995年の1年間に一連の驚くべき出来事が発生し、テレビ業界の外観だけでなく、スクリップスの様々なテレビ局も変化した。

1994年フォックス・ブロードキャスティング・カンパニーは、ニュー・ワールド・コミュニケーションズとの複数年にわたる複数局の提携契約に合意し、その結果、ニュー・ワールドの放送局の殆どがFOXに切り替わった。これらの放送局の1つは、CBSの長年の提携局であるフェニックスKSAZ-TVとタンパ/セントピーターズバーグのWTVT-TVと、カンザスシティのNBC放送局のWDAF-TVであり、FOXと提携関係にあるスクリップスの3つの放送局(フェニックスのKNXV-TV、タンパのWFTS-TV、カンザスシティのKSHB-TV)全てに取って代わった[61]。その頃、デトロイトクリーブランドの2つのスクリップス市場がCBSに所属するように打診されたが、申し出は断った[62]

これら3つの市場でのFOX提携局の損失は、グループの合意を求めていたスクリップス=ハワードにとって納得のいくものではなかった。スクリップス=ハワード・ブロードキャスティングは、1994年から1996年にかけてのアメリカ合衆国の放送テレビ再編成に起因する3つの放送テレビの切り替えに関与した。まず、1994年6月16日、スクリップス=ハワードは、ABCとの提携局オハイオ州クリーブランドWEWS(チャンネル5)とデトロイトWXYZ-TV(これらのアウトレットは両方とも、ニュー・ワールド・コミュニケーションズとの契約により、クリーブランドデトロイトの長年の提携局をFOXに奪おうとしているCBSに支持を求められていた)の提携契約を更新し、ボルチモアNBC提携局のWMAR-TV(チャンネル2)と、フェニックスKNXV-TV(チャンネル15)とタンパ/セントピーターズバーグWFTS-TV(チャンネル28)の廃止された2つのFOX放送局をABCと提携する契約を結んだことにより、ボルチモアWJZ-TV(チャンネル13、グループWとの契約によりCBS提携局になった)、フェニックスKTVK(チャンネル3、最終的に独立局となった)、タンパ/セントピーターズバーグWTSP-TV(チャンネル10、これも最終的にCBS提携局になった)の3つのVHF放送局が廃止された[63][64]。2番目の契約は1994年7月25日に発生し、スクリップスは、オクラホマ州タルサKJRH-TV(チャンネル2)とフロリダ州ウェストパームビーチWPTV-TV(チャンネル5)の放送局群について、NBCとの既存の提携契約を更新することに同意した際、ニュー・ワールドの取引で追放されたカンザスシティのFOX提携局KSHB-TV(チャンネル41)をNBCと提携する契約に署名し、NBCからFOXに切り替える予定だったカンザスシティWDAF-TV(チャンネル4)からそれを拾い上げた[65]。再編成の結果としての3番目で最後の合意は1995年9月に行われ、スクリップスはシンシナティCBS提携局WCPO-TV(チャンネル9)をABCに提携化することに同意し、シンシナティWKRC-TV(チャンネル12)を置き換え、WKRCが再びCBS提携局になるという1961年の提携スワップを効果的に覆した[66][67]

1995年10月、コムキャストはスクリップスのケーブルプロバイダー事業の買収を発表した[68]

1997年アビリーンウィチタフォールズサンアンジェロプレイノといったテキサス州の各都市の日刊紙と、サウスカロライナ州アンダーソンハート=ハンクス・コミュニケーションズの新聞、25の非日刊紙、サンアントニオを拠点とするKENS-TV及びKENS-AMを購入した[69]。連邦政府の裁定次第で、買収価格は6億500万ドルから7億7,500万ドルになる予定だった[70](スクリップスは最終的に、2015年に全ての新聞をジャーナル・メディア・グループに分割した)。

1996年3月、KSHBの所有者であるスクリップス・ハワード・ブロードキャスティングは、ローカルマーケティング契約の下でKMCIを管理する契約に達した[71]。同年8月[72]、KMCIはホームショッピング番組の多くを廃止し、朝6:00から真夜中までの家族向けの一般的なエンターテイメント形式で、HSN番組は夜通しの時間に追いやられ、「38 Family Greats(38ファミリー・グレイツ)」として再ブランド化された。新しいKMCIラインナップには、KSHBが所有していたが、1994年にNBCに切り替えた後、放映する時間がなかった番組の目録が含まれていた[73]

1996年のミラーとの協定のオプションを行使して[71]、スクリップスは2000年にKMCIを1,460万ドルで完全に購入し、KSHBとの法的複占を形成した[74]1998年、スクリップス・ハワード・プロダクションズを売却し、シネテル・プロダクションズはスクリップス・プロダクションズ(Scripps Productions)に改名された[49]

2008年〜現在:スクリップスの今日

2020年7月、スティッチャー・ラジオポッドキャストサービスと資産をシリウスXMに3億2,500万ドルで売却した[75]

脚注

  1. ^ E.W. Scripps Co. 2021 Annual Report (Form 10-K)”. SEC.gov. 米国証券取引委員会. pp. 13, F-22, F-23 (2022年2月25日). 2023年3月3日閲覧。
  2. ^ SSP Profile & Executives – EW Scripps Co – Bloomberg”. bloomberg.com. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ Osborne, Kevin (2007年2月21日). “Cover Story: The Light Dims”. シンシナティ・シティビート (Cincinnati, Ohio: Lightborne Publishing). http://www.citybeat.com/cincinnati/article-2261-cover-story-the-light-dims.html 2011年8月28日閲覧. "シンシナティを拠点とするメディアチェーンE・W・スクリップス・カンパニーの企業モットーは、灯台のロゴが象徴するようになった「光を与え、人々は自分の道を見つける」である。
    The corporate motto for Cincinnati-based media chain E.W. Scripps Co. is 'Give light and the people will find their own way', which the lighthouse logo has come to symbolize.)"
  4. ^ a b c d e History - Scripps”. E.W. Scripps Company. 2020年4月18日閲覧。
  5. ^ McRae 1924, p. 119.
  6. ^ Scripps 1926, p. 190.
  7. ^ Syndicate Changes Name”. p. 28 (1922年11月4日). 2021年12月8日閲覧。
  8. ^ Scripps Timeline”. E. W. Scripps Company (1921年11月29日). 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月30日閲覧。
  9. ^ a b Press Releases | The E.W. Scripps Company”. Scripps.com. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月14日閲覧。
  10. ^ Monmonier, Mark S. (1989). Maps with the news: the development of American journalistic cartography. University of Chicago Press. pp. 80–83. ISBN 978-0-226-53411-4. https://books.google.com/books?id=tx8XR_6IMeAC&q=%22Newspaper+Enterprise+Association%22&pg=PA82 2009年8月28日閲覧。
  11. ^ Joe Alex Morris (1957年). “Deadline Every Minute The Story of the United Press - ARCHIVE.ORG ONLINE VERSION”. Doubleday & Company. 2021年12月8日閲覧。
  12. ^ Scripps-Howard”. Ohio History Central. ohiohistory.com. 2021年12月8日閲覧。
  13. ^ UPI History”. United Press International. 2021年12月8日閲覧。
  14. ^ Atwater, James D. (1989年12月24日). “U.P.I.: Look Back in Sorrow (book review of Down to the Wire: UPI's Fight for Survival By Gregory Gordon and Ronald E. Cohen)”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1989/12/24/books/upi-look-back-in-sorrow.html 2011年3月15日閲覧。
  15. ^ a b Scripps Howard News Service Will Close Down After 96 Years, Bloomberg News, November 13, 2013. Accessed April 5, 2015.
  16. ^ Booker, M. Keith. "United Feature Syndicate," in Comics through Time: A History of Icons, Idols, and Ideas: A History of Icons, Idols, and Ideas ABC-CLIO, 2014), p. 399.
  17. ^ Booker, M. Keith. "United Feature Syndicate," in Comics through Time: A History of Icons, Idols, and Ideas (ABC-CLIO, 2014), p. 399.
  18. ^ "United Feature Syndicate Buys Metropolitan Service From Elser: Both Firms Will Retain Separate Identities, With Elser Remaining as Vice-President — Monte Bourjaily to Direct Both Organizations," Editor & Publisher (March 15, 1930). Archived at "News of Yore 1930: Another Syndicate Gobbled," Stripper's Guide (May 4, 2010).
  19. ^ “News Features Services Merge As United Media”. ユナイテッド・プレス・インターナショナル. (1978年5月19日). https://news.google.com/newspapers?nid=2209&dat=19780519&id=XV1YAAAAIBAJ&pg=5442,4579037 2015年2月23日閲覧。
  20. ^ "United Features consolidates," The Comics Journal #44 (Jan. 1979), p. 17.
  21. ^ Seideman, Tony (1985-11-16). “Scripps Howard Buys Kartes”. ビルボード: 35. https://worldradiohistory.com/hd2/IDX-Business/Music/Billboard-Index/IDX/1985/1985-11-16-Billboard-Page-0035.pdf 2021年12月28日閲覧。.
  22. ^ Stewart, Al (1987-12-12). “Founder Buys Kartes Vid From Scripps-Howard”. ビルボード: 1. https://worldradiohistory.com/hd2/IDX-Business/Music/Billboard-Index/IDX/1987/1987-12-12-Billboard-Page-0001.pdf 2021年12月28日閲覧。.
  23. ^ “Scripps to Acquire Harte-Hanks Outlets – Los Angeles Times”. ロサンゼルス・タイムズ. (1997年5月20日). https://articles.latimes.com/1997-05-20/business/fi-60697_1_e-w-scripps 2013年10月14日閲覧。
  24. ^ Kenneth N. Gilpin Published: May 20, 1997 (1997年5月20日). “Scripps to Buy Harte-Hanks Media Assets”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1997/05/20/business/scripps-to-buy-harte-hanks-media-assets.html 2013年10月14日閲覧。
  25. ^ Alter, Maxim (2014年11月7日). “Then & Now: An interactive look at downtown Cincinnati's past”. WCPO-TV (E. W. Scripps Company). オリジナルの2014年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141230025152/http://www.wcpo.com/about-us/history/then-now-an-interactive-look-at-downtown-cincinnatis-past 2014年12月30日閲覧。
  26. ^ a b The E.W. Scripps Company (24 February 2011). "Universal Uclick to Provide Syndicate Services for United Media" (Press release). PR Newswire. 2011年2月24日閲覧
  27. ^ a b “United Media Outsources Content to Universal Uclick”. Editor & Publisher. (2011年4月29日). http://www.editorandpublisher.com/Magazine/united-media-outsources-content-to-universal-uclick-64912-.aspx 2011年4月29日閲覧。
  28. ^ Cavna, Michael (2011年7月1日). “RIP, UNITED MEDIA: A century-old syndicate closes its historic doors”. ワシントン・ポスト. https://www.washingtonpost.com/blogs/comic-riffs/post/rip-united-media-a-century-old-syndicate-closes-its-historic-doors/2011/07/01/AGThVctH_blog.html
  29. ^ [1]
  30. ^ Scripps Buys Newsy For $35M To Expand From TV And Newspapers To Digital Video”. TechCrunch. 2013年12月9日閲覧。
  31. ^ Carr, David (2014年8月11日). “Print Is Down, and Now Out: Media Companies Spin Off Newspapers, to Uncertain Futures”. The New York Times: p. B1. オリジナルの2014年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140811150417/http://www.nytimes.com/2014/08/11/business/media/media-companies-spin-off-newspapers-to-uncertain-futures.html?src=me. "Turns out, not so much – quite the opposite, really. The Washington Post seems fine, but recently, in just over a week, three of the biggest players in American newspapers – Gannett, Tribune Company and E. W. Scripps, companies built on print franchises that expanded into television – dumped those properties like yesterday's news in a series of spinoffs."
  32. ^ “E.W. Scripps, Journal Merging Broadcast Ops”. TVNewsCheck (NewsCheck Media). (2014年7月30日). http://www.tvnewscheck.com/article/78093/ew-scripps-journal-merging-broadcast-ops 2014年7月31日閲覧。
  33. ^ Journal, Scripps shareholders OK transaction; closing expected by early April”. Milwaukee Business Journal. 2015年3月11日閲覧。
  34. ^ Scripps, Journal Merger Complete”. Broadcastingcable.com. 2018年7月18日閲覧。
  35. ^ Scripps, Journal Communications Complete Merger And Spinoff”. Netnewscheck.com. 2018年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月18日閲覧。
  36. ^ Demand Media Sells Cracked Business to The E.W. Scripps Company for $39 Million e”. ビジネスワイヤ (2016年4月12日). 2016年4月27日閲覧。
  37. ^ Roettgers, Janko (2016年6月6日). “Scripps Buys Podcast Service Stitcher from Deezer”. Variety.com. 2018年7月18日閲覧。
  38. ^ Marszalek, Diana (2017年8月1日). “E.W. Scripps Buys Katz Networks in $302M Deal”. Broadcasting & Cable (ニューベイ・メディア). http://www.broadcastingcable.com/news/local-tv/ew-scripps-buys-katz-networks-302m-deal/167592 2017年8月2日閲覧。
  39. ^ Miller, Mark K. (2017年10月2日). “E.W. Scripps Closes $302M Katz Purchase” (英語). TVNewsCheck.com (NewsCheck Media). http://www.tvnewscheck.com/article/107767/ew-scripps-closes-302m-katz-purchase 2017年11月7日閲覧。
  40. ^ Scripps to Transfer Stock Listing to Nasdaq”. PRニュースワイヤ (2018年5月22日). 2021年12月8日閲覧。
  41. ^ Stripper's Guide: Santa's Secrets, Day 5”. Strippersguide.blogspot.com. 2018年7月18日閲覧。
  42. ^ Martini, Michael A. (2011). Cincinnati Radio. Charleston, South Carolina: アルカディア・パブリッシング. p. 30. ISBN 978-0-7385-8864-3. https://books.google.com/books?id=4PSXS9LPPyAC&pg=PA30
  43. ^ “WNOX Is Acquired by Scripps-Howard”. Broadcasting. (1935年11月1日). p. 8. https://archive.org/stream/broadcasting89unse#page/n1131/mode/1up/ 2018年6月15日閲覧。
  44. ^ East Tennessee Historical Society, Lucile Deaderick (editor), Heart of the Valley: A History of Knoxville, Tennessee (Knoxville, Tenn.: East Tennessee Historical Society, 1976), p. 298.
  45. ^ State of Tennessee Historical Marker, The Commercial Appeal / Publishing Locations. The Historical Marker Database.
  46. ^ Tulsa VHF Acquired by Scripps-Howard”. p. 31 (1970年6月15日). 2017年12月21日閲覧。
  47. ^ For the Record”. p. 68 (1970年7月13日). 2017年12月21日閲覧。
  48. ^ For the Record”. p. 55 (1970年11月30日). 2017年12月21日閲覧。
  49. ^ a b c History of The E.W. Scripps Company – FundingUniverse”. www.fundinguniverse.com. 2021年4月27日閲覧。
  50. ^ Wilkinson, Bud. “Scripps-Howard wins OK to buy KNXV-TV”. Arizona Republic: p. C1. https://www.newspapers.com/clip/33915447/scripps-howard-wins-ok-to-buy-knxv-tv/ 2020年12月16日閲覧。
  51. ^ Vick, Karl (1985年7月27日). “Ch. 28 sells for $40-million”. St. Petersburg Times: p. 5B. https://www.newspapers.com/clip/67936982/ 2021年1月18日閲覧。
  52. ^ "ABC/CCC sells four TV's for $485 million; Detroit, Tampa to Scripps Howard." Broadcasting, July 29, 1985, pg. 30. [2]
  53. ^ "Fox Broadcasting Co. reaches affiliate agreements with 79 TV stations to exclusively broadcast offered programming". PRニュースワイヤ (Press release). 4 August 1986. ハイビーム・リサーチより。
  54. ^ Froelich, Janis D. (1988年7月19日). “Fox switching stations”. St. Petersburg Times: p. 7D. https://www.newspapers.com/clip/67938086/ 2021年1月18日閲覧。
  55. ^ Siegel, Eric (9 February 1991), “$154.7 Million Purchase of WMAR-TV is Scrapped”, The Baltimore Sun, http://articles.baltimoresun.com/1991-02-09/news/1991040003_1_scripps-howard-wmar-tv-gillett
  56. ^ Siegel, Eric (4 April 1991), “Final Agreement Reached in Sale of WMAR-TV”, The Baltimore Sun, http://articles.baltimoresun.com/1991-04-04/business/1991094004_1_gillett-scripps-howard-wmar-tv
  57. ^ “Scripps to sell Memphis stations for $65 million”. UPI通信社. (1993年7月19日). https://www.upi.com/Archives/1993/07/19/Scripps-to-sell-Memphis-stations-for-65-million/2507743054400/ 2021年3月3日閲覧。
  58. ^ Susan Packard Drove Home HGTV's Culture While Ratings Sprouted”. Investors.com (2016年3月24日). 2016年10月26日閲覧。
  59. ^ Susan Packard of HGTV and Scripps Networks Interactive shares advice at Business Women First event”. Albuquerque Business First. 2016年10月26日閲覧。
  60. ^ Lail, Jack D. (2017年7月26日). “Scripps family considers offers for Knoxville-based Scripps Networks Interactive”. Knoxville News Sentinel. http://www.knoxnews.com/story/money/business/2017/07/26/scripps-family-considers-offers-knoxville-based-scripps-networks-interactive/511637001/ 2017年8月3日閲覧。
  61. ^ Foisie, Geoffrey. "Fox and the New World order." Broadcasting and Cable, May 30, 1994, pp. 6, 8. Retrieved February 13, 2013. [3][4]
  62. ^ Steve McClellan (1994年6月6日). “Counterstrike: CBS targets Scripps”. Broadcasting & Cable. オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121105135127/http://www.highbeam.com/doc/1G1-15503685.html 2017年9月15日閲覧。
  63. ^ “COMPANY NEWS; TV Stations Shift to ABC”. The New York Times. (1994年6月17日). https://www.nytimes.com/1994/06/17/business/company-news-tv-stations-shift-to-abc.html 2012年10月21日閲覧。
  64. ^ Geoffrey Foisie (1994年6月20日). “ABC pre-empts CBS in Cleveland, Detroit.”. Broadcasting & Cable. http://www.worldradiohistory.com/Archive-BC/BC-1994/BC-1994-06-20-Page-0007.pdf 2013年2月13日閲覧。
  65. ^ “Keeping up with the affiliates”. ブロードキャスティング&ケーブル. (1994年8月1日)
  66. ^ Tom Hopkins (1996年6月3日). “ANALYSIS: Networks Switch Channels”. デイトン・デイリーニューズ. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_action=doc&p_docid=0F51B0158471F588&p_docnum=1 2012年6月29日閲覧。
  67. ^ Harry A. Jessell (1995年9月11日). “ABC, Fox change partners again: ABC is switching to WCPO-TV in Cincinnati, Fox is moving to WGXA-TV in Macon, Ga.”. 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月28日閲覧。
  68. ^ Fabrikant, Geraldine (1995年10月30日). “Comcast to Buy Cable Division From Scripps”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1995/10/30/business/comcast-to-buy-cable-division-from-scripps.html 2014年4月22日閲覧。
  69. ^ “Scripps to Acquire Harte-Hanks Outlets”. Los Angeles Times. (1997年5月20日). https://articles.latimes.com/1997-05-20/business/fi-60697_1_e-w-scripps 2013年10月14日閲覧。
  70. ^ Kenneth N. Gilpin Published: May 20, 1997 (1997年5月20日). “Scripps to Buy Harte-Hanks Media Assets”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1997/05/20/business/scripps-to-buy-harte-hanks-media-assets.html 2013年10月14日閲覧。
  71. ^ a b “Miller Broadcasting Signs Agreement With Scripps For Future Programming”. The Belleville Telescope: p. 8A. (1996年4月18日). https://www.newspapers.com/clip/70624088/ 2021年2月14日閲覧。
  72. ^ Triplett, Howard W. III (1996年8月12日). “Channel 38: So long, home shopping; hello, reruns”. Kansas City Star: p. D-6. https://www.newspapers.com/clip/70629526/ 2021年2月14日閲覧。
  73. ^ Covitz, Randy (1996年5月13日). “Royals need more TV time”. Kansas City Star: pp. C-1, C-4. https://www.newspapers.com/clip/70627590/ 2021年2月14日閲覧。
  74. ^ Rathbun, Elizabeth A. (2000年3月6日). “Duopoly rule spurs sellers”. Broadcasting & Cable: pp. 11–12. https://worldradiohistory.com/Archive-BC/BC-2000/BC-2000-03-06.pdf 2021年2月14日閲覧。
  75. ^ Carman, Ashley (2020年7月13日). “SiriusXM is buying Stitcher for $325 million” (英語). The Verge. 2020年7月14日閲覧。

外部リンク

  • 公式ウェブサイト
  • E・W・スクリップス・カンパニー(E. W. Scripps Company)のビジネスデータ:
  • Scripps Howard News Service”. 2007年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月11日閲覧。